「ぷよぷよチャンピオンシップSEASON2 3月大会』がついに開催!


COVID19の影響で延期となっていた「ぷよぷよチャンピオンシップSEASON2 3月大会」が2020年6月20日に開催された、また翌21日にはSEASON2の「ぷよぷよファイナルズ」が開催される予定となっている。それでは、3月大会の様子をダイジェストでお伝えして行こう。

 

ついに開催SEASON2 3月大会!

2020年6月20日に行われた「ぷよぷよチャンピオンシップSEASON2 3月大会」。COVID-19の影響で延期となっていた3月大会がついに開催となった。優勝者には100万円が授与されるプロの大会。翌21日はファイナルズと連戦となるため選手もどのように力を出していくかがポイントとなる大会となる。今回は全16名でのトーナメント。100万円の優勝賞金を手にし、明日のファイナルズへコマを進めるのはどの選手になるのだろうか? なお、明日21日は15時からライブ中継https://www.youtube.com/watch?v=nRxjVncERIk)も行われるのでお楽しみに!

 

第1回戦 第1試合 delta選手 VS ぴぽにあ選手

今回からCOVID-19の影響で握手は無し、1礼での挨拶となる。1試合目は久しぶりの試合のためかdelta選手がぴぽにあ選手の連鎖を返すも連鎖の一部が暴発! その後、delta選手が小さな連鎖をタイミングよく決めて先に1セットを決める。第2セット目は11連鎖を見せるぴぽにあ選手に対してdelta選手も12連鎖で答える。そのままdelta選手がリーチへ! 連鎖の応酬は止まらない! ぴぽにあ選手の4連鎖に対してdelta選手も4連鎖でしっかり受け止めていくが、delta選手の連鎖が発火しないハプニングも! 準々決勝へコマを進めたのはdelta選手となった。

 

そして、消毒

今回は試合毎に必ず機器の消毒が行われる。コロナ対策とはいえ徹底的に出来る限りの対策をしての試合となったのをご理解いただけると嬉しい。

 

第1回戦 第2試合 トムソン選手VS kamestry選手

トムソン選手、連鎖後に得意の右側から左側へ切り返しを上手く使い先制で1本をGET。そのままの勢いで5連さで仕掛けていくトムソン選手に対して本線を発火し対抗していくkamestry選手への切り返しが間に合わず1本目を落としてしまうトムソン選手。kamestry選手がさらに追い討ち連鎖を決めて1セットを先取。kamestry選手、タイミングをしっかり見計らってのおじゃまぷよの雨をトムソン選手へ降らせていく。最後は8連鎖で仕掛けたトムソン選手に対して10連鎖ダブルでkamestry選手がフィニッシュ! 準々決勝へはkamestry選手が進むこととなった。

第1回戦 第3試合 live選手VSくまちょむ選手

お互い心理戦を強みとする選手同士の戦いとなった。くまちょむ選手が謎の積み上げをしていく中、live選手はしっかり抑えて先に1本目を手堅く取っていく。その後、くまちょむ選手は縦長の連鎖などちょっと変則的な罪が目立つ中、ちょっとミスってしまったのかlive選手が連鎖を発火できずにくまちょむ選手が追い込んでいく。最後はぷよ運に恵まれなかったlive選手が天井まで積み上げてしまい、くまちょむ選手が準々決勝へとコマを進めた。

第1回戦 第4試合 ヨダソウマ選手VSいさな選手

先に2連鎖ダブルでヨダソウマ選手が仕掛けていく。いさな選手は連鎖+全消しで責めるも、ヨダソウマ選手がそれをしっかり返していく。その返しをさらにいさな選手が返していくが、最後におじゃまぷよを降らせてとどめを刺したのはヨダソウマ選手。いさな選手の動きを見切って連鎖でトドメを入れて先に1セットを取っていく。続けての試合でもヨダソウマ選手はシンプルな連鎖を適切なタイミングで放っていさな選手を追い込んでいく。10連鎖ダブルで攻めたヨダソウマ選手に対して10連鎖ダブル火力強めで返すいさな選手もしっかり勝ちを取っていく。最後は連鎖対決となり勝ち上がったのはいさな選手となった。

第1回戦 第5試合 coo選手VSせたなぎ選手

coo選手が追い討ち連鎖で攻めて先に1本。お互いに小さな連鎖を仕掛けつつ相手へのおじゃまぷよを降らせていくスタイル。そのためゲーム画面は混沌の盤面となるも、先にcoo選手が1セットを取るも次の試合では連鎖をミスしてしまい、せたなぎ選手が取り返していく展開に。お互い2連鎖を相殺しつつ様子見をしていたが、coo選手はイマイチ連鎖が決まりきれない様子。coo選手の調子が戻る前にせたなぎ選手が勝利を収めた。

第1回戦 第6試合 SAKI選手VSタイタン選手

お互いにシンクロしているのかのような展開のゲームだった。お互い序盤は同じような配置、タイミングでの攻守が続く中、先に攻めたのがタイタン選手。次のゲームでもまた全消しからのスタートで始まる面白い展開に。さらに次のゲームでもまたまた全消しが発生! 全消しの回数が多い今回の試合は最終的にSAKI選手が準々決勝へと進むこととなった。

第1回戦 第7試合 和樹選手VSレイン選手

レイン選手の誘いに乗せられた和樹選手が連鎖を打たされた序盤戦、8連鎖の和樹選手に対してレイン選手はしっかり返して1本目をGET。レイン選手はおじゃまぷよの制御が神がかっていたのか、和樹選手を翻弄しつつ1セット目を先に取得する。ぷよ運にめぐまれない和樹選手が連鎖を発火できずレイン選手が勝利し準々決勝へ進んだ。

第1回戦 第8試合 ともくん選手VS Tom選手

この自粛期間中に成長したと噂のともくん選手がどのように成長したのかが楽しみな本試合がスタート。お互い軽い連鎖の応酬から始まる超速展開に。ともくん選手が先に仕掛けていき、それをしっかりTom選手が返していく。やはり公式試合は久しぶりということで手元が狂う場面もちらほら。Tom選手も2連鎖を使い速攻で攻めていく。最終的に、Tom選手の連鎖を綺麗に消していくともくん選手が、Tom選手の積み上げたところへ効果適時におじゃまぷよを降らせて勝利した。

 

準々決勝 第1試合 delta選手VS kamestry選手

お互い大連鎖を目指して全く動かない二人の積み込みから始まった準々決勝。発火した連鎖の応酬が烈しいバトルを作り出して行く。最初の連鎖対決でおじゃまぷよを受けたのはkamestry選手。delta選手はイマイチ本調子じゃないのか上の方で詰まってしまい一気に窮地になっていく状況が続く。2連鎖、3連鎖、4連鎖とお互い1連さ上乗せしつつ応酬が続くもdelta選手が6連鎖全消しを決める。最後は上部がおじゃまぷよで埋まったdelta選手が頑張るものの、kamestry選手が準決勝へと進むこととなった。

準々決勝 第2試合 くまちょく選手VSいさな選手

いさな選手が小さな連鎖で牽制して行く中、くまちょむ選手はしっかり連鎖を決めて先に1本目を取得。お互い全く仕掛けずに大連鎖を組んで行く両者だが、くまちょむ選手は盤面全ての隙間と使って組んだ第連鎖を発火! 11連鎖のいさな選手VS13連さのくまちょむ選手の結果、くまちょむ選手が準決勝へと進んだ。

準々決勝 第3試合 せたなぎ選手VS SAKI選手

せたなぎ選手が先に取得していく本試合、SAKI選手の平均試合時間が41秒という事実が解説席からアナウンスされ、小さな連鎖をメインにした戦いのスタイルのSAKI選手。そんなか、せなたぎ選手は9連差+全消しが飛び出すもSAKI選手が有利に試合を進めて行く。そんなSAKI選手だが、せたなぎ選手の猛攻に上まで積み上げてしまうもSAKI選手は2連鎖同時消しで対応。最後はせたなぎ選手が上部まで積み上げてしまいSAKI選手が勝利した。

準々決勝 第4試合 レイン選手VSともくん選手

スタートから巨大な2連差ダブルでともくん選手が攻めていく中、緑ぷよが引けないレイン選手が上まで積み上がってしまう場面も。レイン選手は負け時と攻めていくが、しっかり対応していくともくん選手。ともくん選手の13連鎖に対抗するレイン選手は14連鎖、前景氏も使って対抗するもレイン選手が1本取っていく。最後はともくん選手が2連鎖巨大ダブルでとどめを刺して準決勝へとコマを進めた。

 

準決勝 第1試合 kamestry選手VSくまちょむ選手

kamestry選手が2連鎖ダブルをスタート直後にいきなり放つ超展開に! くまちょむ選手も受けたもののその後どう動くのか全員が見守る中、6連差ダブルを決めたkamestry選手が1本目を先取する。kamestry選手の勢いにくまちょむ選手が追いつけていないのか、kamestry選手の連鎖が先にささりくまちょむ選手が翻弄されていく。最後はkamestry選手が8連鎖で返して決勝へ進んだ。

準決勝 第2試合 SAKI選手VSともくん選手

SAKI選手が2連鎖を先に打つも、ともくん選手もしっかり相殺してくる。丁寧な相殺でほぼ完全におじゃまぷよを無くしたと思えばともくん選手が2連鎖大量ダブルで一気に勝ちを狙ってくる。お互いに同じ数の連鎖で膠着状態が続く中、SAKI選手の本線発火に対応できずともくん選手が落としてしまう。その後の試合では1連鎖をお互いに使い牽制しつつSAKI選手が2連鎖ダブルで攻めるもともくん選手がしっかり返して行く。共に速攻型選手の戦いとなったが最後はSAKI選手がぷよ運に見放されたか紫ぷよが引けなくて連鎖が止まったところをともくん選手が勝ちを手にした。

 

決勝戦 kamestry選手VSともくん選手

最終決戦。両者の意気込みも、プレイスタイルも共に攻撃型の選手同士の戦いとなった。

先にkamestry選手が攻めた! 仕掛けたkamestry選手だが、ともくん選手もしっかり返した後に一気に攻めて1本目を取っていく。

続けての試合では、お互いに高く積み上げていくが、ともくん選手が2連鎖を打った後にkamestry選手が4連鎖で対応。9連鎖ダブルのともくん選手の攻撃にkamestry選手は10連差ダブルで対応。決勝にふさわしい戦いの中、優勝を手にしたのはともくん選手だ!

 

21日15時からは「ぷよぷよファイナルズ」!

やっと終わった2019年3月大会。優勝はともくん選手となった。

ともくん選手へのインタビューでは、コロナの影響で観客がいなくて緊張をあまりしなくいつもの戦いができた、との話があった。

また20日21日と連戦になるが、いつも通りでもちろん優勝をとりにいきます、と力強いコメント。21日のファイナルズではいったい誰が優勝するのか? 21日15時からのライブ配信をお楽しみに!

 

【試合概要】
■イベント名:ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON2 3月大会
■開催日時:2020年6月20日18時〜
■優勝者:ともくん選手
■2位:kamestry選手/3位:くまちょむ選手・SAKI選手
■ライブ配信:https://www.youtube.com/watch?v=8myfnWApsto

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。