【閉店】アキバぼっち飯(ランチ編:第28回『ピロピロ麺屋』)


zp_PB290006今回はオープンしたてのお店のランチに伺ってきた。麺が特徴的で秋葉原においてアッサリ醤油ラーメンのお店が増えるのは非常に喜ばしい。店内もカフェのような秋葉原に今までなかったタイプのラーメン店の紹介だ。

※2016年4月17日で閉店。

 

醤油ベースのスープがあっさりと口を潤すホッとする瞬間

秋葉原の末広町駅近くに新しくできたのが醤油ベースのスープがあっさり嬉しい平たい麺が特徴的なラーメン店「ピロピロ麺屋」に行ってみた。2015年11月26日にオープン(プレオープンは2015年11月25日)したばかりのお店だ。

zp_PB290006

秋葉原にあって醤油系なのは嬉しい。この地域には田中そばもすぐ向かいにあり豚骨に飽きた人には醤油ラーメンを楽しめる地域となっている。今回はスタンダードに「元祖ピロピロ麺(680円)」を注文。カウンターの中を見ると、通常の麺を麺棒で少し平たくして茹で始めている。一手間掛かったこの麺の形状があっさりスープに絡み、薄味な印象だがしっかりとスープが味わえるようになっている模様。と、そんな話をしていると出てきた。

zp_PB290075

具材は薄切りチャーシュー?(豚バラ?)、ネギ、メンマとシンプル。箸にはチョットにくい焼きが入っている。

zp_PB290077

それではいただきます。屋号の名称を具現化したようなこのピロピロした麺が独特の食感を出している。イメージとしては刀削麺に近い感じだ。

zp_PB290079

こちらは具材とともに。具材も比較的薄切りになっており麺とのバランスが良い。

zp_PB290082

ごちそうさまでした。久しぶりにスープまで全て飲んでしまった。とんこつ(家系)だとなかなか難しいがあっさりなのは冬場に体からあったまれて嬉しい。

zp_PB290083

強いて言えば白コショウなどの調味料は現時点では一切置いていない。提供されたままでも十分美味しいが、回数を通うと味を変えたくなるのでその辺りが今後どうなるか楽しみだ。秋葉原にできた醤油系エリア、今後も楽しみな地域になりそうだ。

【店舗情報】
■店名:ピロピロ麺屋 秋葉原店
■住所:東京都千代田区外神田3丁目7-12
■電話:不明
■営業時間:不明
■定休日:不明
■サイト:https://www.facebook.com/ピロピロ麺屋-1663633040540500/
■今回の料金:約1,000円

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。