秋葉原放置自転車事情


rp_P1130050

秋葉原にも自転車が増えて来ている。自転車で来れる距離の人が増えたのか、千代田区が問題視していると噂される昼間人口の増加が原因なのか分からないが、状況を調査してみた。

 

歩行者天国中の注意件数が増えている!?

この問題に気付くきっかけとなったのが、「歩行者天国時間帯に自転車乗り入れした方へ鬼のように警告を発する警察官&歩行者天国を監視する人」を見た為。その警告の様子を1日のうち数度も見てしまうと言う現状から「自転車が増えた」と感じ、しかしながら駐輪場は増えていない状況から「放置自転車が増えたのでは?」と予測したからだ。

現状は結構悲惨な状況

まずは中央通り、歩行者天国の開始位置でもある万世橋の交差点の角。写真のような現状だ。

2014年1月13日の万世橋交差点GIGO側の様子

2014年1月13日の万世橋交差点GIGO側の様子

歩行者の邪魔になるほどではないもののバイクまで駐輪している状況に取り締まりのラベルや札等は見受けられない。無断駐輪天国となっている。また気になるのは歩行者天国の為の機材が放置(設置?)されている点だろうか。ちょっと強引かもしれないが「コレが置いてあるから自転車と置いても良い」という壊れ窓理論が成り立つようにも見受けられる。

 

他の場所も見ていこう。写真は全て2014年1月13日(祝)の15時ごろ〜16時ごろの写真になる。ちなみに当日は歩行者天国は実施されていない。

rp_P1130050こちらの写真は中央通り総武線高架下近くのSEGAの前。車道にまで自転車が止められている。

rp_P1130053別の角度から。人が狭そうに入り込んで歩行者の邪魔にならないように携帯を使用している様子が分かる。

 

rp_P1130059こちらはトレーダー本店前の様子。この辺りまで来ると中央通りに駐輪している自転車は減るようだ。秋葉原駅前に集中しているのかは調査が足りておらず判断出来ない。

 

rp_P1130065すこし裏通りを見るとこの通り放置自転車天国になっている。この写真は東京レジャーランドの横の路地の様子。こちらでは隠れ喫煙者も多く見受けられる場所で、路地が見え難い事を利用した陰の場所となっているようだ。

 

rp_P1130096こちらは芳林公園へ向かう道路の様子。白線内には入っているが歩行者が歩くべき余裕は全くない。こちらは施設利用者なのか公園利用者なのか分からないが、地元の人が使う場所もこのような状況になっている。

 

と言う訳で、予想以上に放置自転車がある現状をご理解頂けたのではないだろうか。万世橋警察署も頑張っているとは思っているし、店舗への路上はみ出し陳列への指導なども積極的に行なわれているのは知っているので、是非この放置自転車へも対策へ乗り出してほしい。取り締まりの根拠が無いのであれば条例を作る議員の出現を期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。