明日は大阪で開催決定! 本日秋葉原で開催の「 #ガニ股抱き枕 」の「レッグホールド抱き枕」体験会に行って来た!


まさかの新感覚が体験できるイベントが本日(2017年12月16日)は秋葉原で、明日(2017年12月17日)は大阪で開催されることが決定している「レッグホールド抱き枕」の体験会。その秋葉原会場へ早速お邪魔して来たのでお伝えしていこう。

 

ホールドされる心地よさが新感覚のガニ股抱き枕!

本日(2017年12月16日)秋葉原の昭和通りにあるイベントスペースで開催中なのがガニ股抱き枕の「レッグホールド抱き枕」体験会だ。今までの抱き枕とは違うその「抱き枕にホールドされる新感覚」は言葉では伝わらない! という事で実際に体験してもらおうとメーカーの方が企画したのが今回のイベントだ。

発端は水龍敬先生のつぶやきから!

今回のガニ股抱き枕だが、発端は水龍敬先生の呟いから始まった。そのつぶやきからメーカー担当者が立ち上がり、いくつもの試練を越えてたどり着いたのが今回のガニ股抱き枕だ。今回の抱き枕は形状が特殊な為に日本による製造で対応。中のクッションは胴体部、右足部、左足部の3パーツ構成でできているのが特徴。

抱き枕カバーの生地は2WAYトリコットを仕様し、女性の柔肌を再現しつつ木目の細かい肌触りがたまらないのが特徴。まるで本物の女性にホールドされる感覚はこの生地によるところが大きい。この生地、伸縮性があり、今回のガニ股部分の穴の絶妙な広さにより「軽く、けれどもしっかりとホールドされている」感を再現している。中のクッションも品質とサイズにこだわり、脚部は特に抱き枕カバーの方が少し小さいのがポイント。これにより「稼働のしやすさとホールド感、それに洗濯等への柔軟な対応」ができるようになっている。

使い方は色々!?

体験会という事で実際に体験してみた。

ふと「これ、上下に2体正面を内側に向けてダブルで使うと楽しそう」と思ったり思わなかったり。実際に入ると、少し小さめのガニ股部分が体型に合わせて伸縮し、適度なホールド感を感じさせてくれる。その上で抱き枕カバーの生地の肌ざらりがよく、横になると中のクッションの反発が心地よい。抱き枕からガニ股抱き枕に進化するだけで「これほど体感が変わる」とは思って居なかった。そしてイラストデザインが水龍敬先生という事で、実際正面に向き合うと恥ずかしさも感じてしまう。これは堪らない! そして会場でいくつか使い方をスタッフの方が説明していたが、まずは定番のこのポーズ。やはり最初はここからでしょう!

そして、マンションなどに住んでいる方はこちらの楽しみ方もオススメ。まさにドラマのワンシーンにありそうな(?)風景を再現できる。

もちろん普通の抱き枕のように添い寝や枕、それに下に敷いて使うなど定番の使い方をすると本当に便利が良い。

では、秋葉原の体験会場の説明をしておこう。今回の会場はJR秋葉原駅の昭和通り口出口を出て、目の前の横断歩道を渡ろう。その後、神田川方面へ歩くとこちらの風景が見えてくるはずだ。

薬屋さんと寿司屋さんの間の入り口から7階へいこう! 7階に行くと写真のような扉があるので開けて中に入っていけばOKだ。騒音等の関係で扉が閉めてあるだけなので、遠慮なく開けて入っていこう。そうすれば、未知の体験をあたなもできることが出来るはずだ。

最後にメーカーさんより耳寄り情報を頂いた。今回のガニ股抱き枕カバーだが、すでに受注対応を開始している。販売自体は2018年1月以降からとなるが、ぜひこのガニ股抱き枕カバーで新しいビジネスを展開してほしい。

【イベント概要】
■イベント名:ガニ股抱き枕無料体験会
■商品の詳しい内容:https://fgf-web.jimdo.com/
【秋葉原会場】
■開催日時:2017年12月16日(土) 13:00~18:00
■場所:JR秋葉原駅 昭和口より徒歩2分 奥田ビル7F 会議室
■会場住所:東京都千代田区神田佐久間町2-1
【大阪日本橋会場】
■開催日時:2017年12月17日(日) 12:30~17:00
■場所:アニメイト大阪日本橋店のすぐ裏手 パークスサイドなんば24
■会場住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-7-7 ナンバFKビル 4階

※今回撮影にご協力頂いた方は、体験会に来られた方に事情を説明し了承を得て撮影掲載しております。ご協力、大変感謝いたします。