【ゲームマーケット2019秋】〔紹介その2〕セリフを決めて覇権を勝ち取れ! 覇権争奪ギャングバトルゲーム『シブヤストラグル』を体験せよ!


2019年11月23日。24日の2日間、東京ビッグサイトにて開催されている「ゲームマーケット2019秋」。その会場で渋谷が舞台の新作ゲーム『シブヤストラグル』が先行販売されるので紹介していこう。かっこいいセリフ、使ってみたくない?

 

セリフを決めて、覇権を勝ち取れ!

本日(2019年11月24日)まで東京ビッグサイトで開催中の「ゲームマーケット2019秋」。その会場でディライトワークス オリジナルボードゲームの新作「覇権争奪ギャングバトルゲーム『シブヤ ストラグル』」が先行発売中だ。本作品は2019年度入社の新入社員6名とゲームデザイナー・カナイセイジ氏(カナイ製作所)*1 とボードゲームカ フェオーナー・白坂翔氏(JELLY JELLY CAFE 代表)*2 両名の監修のもとに制作されたオリジナルボードゲームだ。

2019年度新入社員でシブヤストラグルを作成したメンバー

「シブヤストラグル」の舞台は渋谷。9つのエリアに分かれてプレイヤー達は覇権を目指し日々抗争を行う。最終的には現在の渋谷のボス「キング」を倒すのがゲームの目標となっている。プレイヤーは渋谷の街を徘徊しメンバーを集い、キングへ挑むこととなる。ゲーム詳細に関しては、本日開催の「ゲームマーケット2019秋」を訪ねてもらうか、体験会がマスコミ向けに行われた際のレポートを見て頂ければ分かるだろう。『シブヤ ストラグル』の価格は税込4,950円。発売日は2019年12月4日を予定しているが、「ゲームマーケット2019秋」の会場で先行販売中だ。きになる人はディライトワークスブースに向かおう!

【ディライトワークス出展情報】
■催事名称:ゲームマーケット 2019 秋
■日程:2019年11月23日(土)~11月24日(日) 10:00~17:00
■開場:東京ビッグサイト 青海展示棟 A,B ホール(東京都江東区青海 1 丁目 2-33)
■ブース情報:エリア 27
■「ゲームマーケット2019秋」ディライトワークスブース ニュースページ:
http://gamemarket.jp/booth/gm2841/

*1:日本を代表するゲームデザイナー。代表作『ラブレター』は国内外で受賞歴あり
*2:日本のボードゲームカフェの第一人者で、日本全国に 12 店舗を展開する「JELLY JELLYCAFE」の代表
■『シブヤ ストラグル』公式サイト:
https://www.delightworks.co.jp/games/boardgame/shibuyastruggle/

 

ゲームの特徴

ボードゲーム『シブヤ ストラグル』は、“ギャング”をテーマとした「覇権争奪ギャングバトルゲーム」です。プレイヤー同士がマップ上 に手駒を配置し、バトルを繰り広げながらエリアを支配していき、最強の座を目指します。プレイヤーはシブヤのギャングとなり、マップ上に自陣営の構成員を配置し、他のプレイヤーと抗争を繰り広げながらエリアを支 配していきます。構成員の人数や「武力」、「財力」、「運」といった能力を伸ばしながら、シブヤを支配するギャングの四天王た ちを倒していき、最終的に「KING」と呼ばれる支配者を倒して最強のギャングを目指します。 サイコロの出目から算出した戦闘力で競い合うバトルなど、シンプルで気軽に楽しめるルールでありながら、他のプレイヤーとの 駆け引きや、特殊な効果を持ったカードを使用した立ち回りなどカジュアルな戦略を楽しめることが特徴です。また、アウトロー 的な雰囲気を持つ世界観も特徴のひとつで、特殊効果のカード使用時にギャングになりきってセリフを読み上げるなど、ユニー クなルールも存在します。

【『シブヤ ストラグル』概要】
■商品名:シブヤ ストラグル
■プラットフォーム:ボードゲーム
■ジャンル:覇権争奪ギャングバトルゲーム
■プレイ人数:3〜4人
■プレイ時間:40分〜60分
■対象年齢:14歳以上
■監修:カナイセイジ(カナイ製作所)・白坂翔(JELLY JELLY CAFE 代表)
■制作:ディライトワークス株式会社
■発売日:2019年12月4日(水)
■希望小売価格:税込4,950円
■『シブヤ ストラグル』公式サイト:
https://www.delightworks.co.jp/games/boardgame/shibuyastruggle/

 

新人クリエイターによるボードゲーム制作の取り組み

ディライトワークスは、新人クリエイターの育成活動の一環として、2018年から新入社員自らが考え、0からボードゲームを制作し販売する取り組みを行っています。2018年度の新入社員は、自分たちが制作した『CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~』を「ゲームマーケット 2018 秋」の会場内でお客さまに直接ご紹介し販売まで担当しました。
ボードゲームには、ルールやデザイン、コンポーネント形式などに制約がなく、多様で個性的な魅力があります。ディライトワークスの新入社員は、ここからゲームとしての“面白さ”の本質や多様性を学び、実際にゲームを制作することで“面白いゲーム創り”を探究することを経験します。また、ボードゲームはデジタルゲームに比べて、短期間・少人数で制作することができるため、ゲームの企画から、お客様のお手元にお届けするまで、ゲーム会社が行う一連の流れを経験することができます。この取り組みの一環として、今回 2019年度の新入社員が制作したオリジナルボードゲーム『シブヤ ストラグル』を発売します。

 

(C)DELiGHTWORKS

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。