『さよなら私のクラマー』矢部浩之(ナインティナイン)が応援隊長に就任!劇場アニメで“矢部先生”役で声優初挑戦!


映画&TVアニメが放映・放送される『さよなら私のクラマー』プロジェクトに、矢部浩之(ナインティナイン)が応援隊長に就任することが決定。さらに、応援隊長だけでなく、2021年6月11日(金)から全国公開する『映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ』に、“矢部先生”役として声優に初挑戦していることも明らかとなった。

 

サッカーを愛する矢部が応援隊長として作品を盛り上る!

『さよなら私のクラマー』は、“女子サッカー”が舞台となり、子どもの頃から男子に交じってサッカーを続けてきた主人公・恩田希が、男子サッカー部のなかで苦闘する中学生編を、『映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ』(6月11日公開)で描き、現在放送中のTVアニメでは、女子サッカーの頂点を目指す高校生編を描いています。

今回、『さよなら私のクラマー』プロジェクトの応援隊長に就任した矢部は、自他ともに認めるサッカー好きであり、長きに渡り自身がMCを務めるサッカー番組を地上波でけん引。現在は動画配信サービスDAZNで、同じくサッカーの魅力を余すことなく伝える番組『やべっちスタジアム』を配信。サッカーファンだけでなく、サッカー選手からも愛される番組として広く認知されている。

応援隊長に就任した矢部からはコメント動画も到着。

「みなさん、こんにちは。このたび『さよなら私のクラマー』プロジェクトの応援隊長に就任した矢部浩之です。(映画を)観させていただいたのですが、少女と少年のサッカーを通した友情と、少し恋愛も入っているのかな…。サッカー(の技術)には自信があるけど、フィジカルは男子に負けてしまう少女の悩みや葛藤なども描かれた青春ストーリーになっていると思います。すごく面白かったです」と本作の魅力をアピールした。(このコメント動画は公式ツイッターにて掲載されます)

また、矢部は応援隊長だけでなく“矢部先生”として、映画に声優参加していることも明らかとなった。矢部が演じる“矢部先生”は、原作には登場しないオリジナルキャラクターであり、どんな先生なのか気になるキャラクター情報は本編で確認してほしい。

 

『映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ』
2021年6月11日(金)より全国ロードショー
配給:東映

TVアニメ『さよなら私のクラマー』
TOKYO MX、BS日テレほかにて放送中

 

(C)新川直司・講談社/2021「映画 さよなら私のクラマー」製作委員会

 


「四月は君の嘘」の新川直司が描く新たな青春ストーリー
『さよなら私のクラマー』アニメプロジェクト始動!

 

イントロダクション

アニメ、映画、舞台化もされた大人気コミック『四月は君の嘘』の新川直司が描く、新たな“部活”ストーリー。
そのフィールドは、女子サッカー!

恩田希は、子どもの頃から男子にまじってサッカーを続けてきた。
誰よりも練習し、誰よりもうまかった彼女は、中学校にあがり、大きな壁にぶつかってしまう。

“身体差<フィジカル>”──それは、時に激しくぶつかりあうサッカーでは、
男子と女子を分けざるを得ない理由になった。

それでも、希は諦めない──!
“女子だから”という言葉をはねのけ、大好きなサッカーを仲間と続けるために。

男子サッカー部のなかで苦闘する中学生編と、
女子サッカーの頂点を目指す高校生編で送る、
リアルで、熱い、青春の物語。

いま、希は、見る誰をも魅了する、ファンタジスタとなる──!

■アニメプロジェクト公式HP:https://sayonara-cramer.com
■公式Twitter:@cramer_pr
■『さよなら私のクラマー』×JFA・WEリーグ・なでしこリーグ 「女子サッカーの未来を一緒に」:https://sayonara-cramer.com/footballfuture/
■後援:
・公益財団法人日本サッカー協会
・WEリーグ(一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ)
・なでしこリーグ(一般社団法人日本女子サッカーリーグ)

 


『映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ』作品情報

2021年6月11日(金)より 全国ロードショー
今しかできない、わたしの挑戦

■劇場情報:新宿バルト9ほかにて全国劇場にて公開
■前売券価格:1,500円(税込)
前売り券(ムビチケ)好評発売中!
■前売り特典
■原作:新川直司先生描き下ろしイラストクリアファイル
■入場者特典:原作:新川直司先生描き下ろしコミック“『さよなら私のクラマー』第0巻”の配布(数量限定)
■キャスト:
・恩田 希:島袋美由利
・越前佐和:若山詩音
・山田鉄二:内山昂輝
・竹井 薫:逢坂良太
・谷 安昭:土屋神葉
・恩田順平:白石涼子
・鮫島幸造:遊佐浩二
・特別出演:矢部浩之
■スタッフ;
・原作:新川直司
・「さよならフットボール」「さよなら私のクラマー」(講談社KC刊)
・監督:宅野誠起
・脚本:高橋ナツコ
・キャラクターデザイン:伊藤依織子
・音楽:横山 克
・脚本協力:大草芳樹 リンリン
・サッカー演出:石井 輝
・サッカー考証:大草芳樹
・プロップデザイン:伊藤依織子 佐賀野桜子
・美術監督:齋藤幸洋
・美術設定:青木智由紀 イノセユキエ
・色彩設計:野地弘納
・CGディレクター:松嶋古記
・画面設計:田村 仁
・撮影監督:棚田耕平 後藤晴香
・編集:吉武将人
・音響監督:鶴岡陽太
・音響効果:森川永子
・企画協力:高見洋平 江田慎一 小田太郎 立花 耕 片山裕貴
・プロデュース:斎藤俊輔
・アニメーションプロデューサー:柴 宏和
・アニメーション制作:ライデンフィルム
■製作:「映画 さよなら私のクラマー」製作委員会
■配給:東映
■主題歌:小林愛香「空は誰かのものじゃない」(トイズファクトリー)
■公式HP:https://sayonara-cramer.com/movie/

イントロダクション

女子中学生サッカープレイヤー・恩田希は、誰よりも練習し、誰よりも努力してきた。
それでも、彼女は試合になかなか出してもらえなかった。

藤第一中学校、男子サッカー部──。
それが、彼女の今いるフィールドだ。

中学2年生となった希は、監督に「新人戦の1回戦に出たい!」と何度も願う。
その理由は、対戦相手にあった。

一緒にサッカーを続け、小学4年生で転校していった、幼馴染の“ナメック”谷安昭がいる、江上西中学校なのだ。

「サッカーはフィジカルだ。身体のデカイ俺に、女のお前が敵うわけがない。男というだけで俺は──お前を超えたレベルにいるんだ」

再会したナメックから受けたその言葉を、希は試合に出て、勝つことで、はねのけたかった。

「上等だわ。見せてやろうじゃない。私に何ができるのか」

希の孤独なチャレンジに、いま、ホイッスルは鳴らされた!

 

(C)新川直司・講談社/2021「映画 さよなら私のクラマー」製作委員会