「Disney+ (ディズニープラス)」スターにて『ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女』が2022年4月7日(木)より独占配信!


ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」のスターにて、「レ・ミゼラブル」や「マンマ・ミーア!」で注目を集め、「Mank/マンク」でアカデミー賞候補にもなったハリウッド女優アマンダ・セイフライドが主演・プロデューサーを務める『ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女』を2022年4月7日(木)より独占配信することを発表した。

 

配信開始に先駆け、日本語版予告編映像とキービジュアルが解禁に!

本作は、2015年の米フォーブス誌の「女性長者番付」で首位を獲得し、黒のタートルネックをトレードマークとしていたことから“女性版スティーブ・ジョブズ”と評された実業家エリザベス・ホームズによって実際に引き起こされた一連の詐欺事件をドラマ化したオリジナルドラマシリーズ。これまであまり報道されてこなかったホームズの幼少期から現在の姿までを描き、スタンフォード大学中退からたたき上げの億万長者、そして犯罪者になるまでの彼女の転落人生をアマンダ・セイフライドが熱演している。

幼い頃から「何か新しい発明をして世界を変えたい」と将来の夢を語っており、熱心に勉強に励んでいたエリザベス・ホームズ(アマンダ・セイフライド)は、名門のスタンフォード大学化学工学部を退学後、シリコンバレーに血液検査のベンチャー企業「セラノス社」を立ち上げる。セラノス社は数滴の血液でコレステロール値やがんなどを感知できる検査機器<エジソン>を開発し、安価で従来よりも早く検査結果を提供することができると謳っていた。当時は、大学中退の若い女性が創業者ということで、“史上最年少の女性ビリオネア”として全米メディアの注目の的になったが、2015年にウォール・ストリート・ジャーナルが調査報道を発表し、エジソンには正確性に重大な誤りがあることが世に知れ渡り、セラノス社は衰退することに。

この度解禁となった予告編では、ホームズの栄光から失墜までを一気に映し出しす。「世の中を変えたい」という純粋な思いから、<エジソン>の開発にこぎつけ、将来への可能性を見出した研究熱心な彼女が、なぜ詐欺師へと変貌を遂げてしまったのか…。そんな彼女は、シリコンバレーで投資家などに真剣に話を聞いてもらえるように意図的に低い声を使っていたと言われている。劇中でもホームズの特徴的な声の変化は描写されているが、主演のアマンダ・セイフライドは低い声を出すことに苦労したと告白。低い声を出すために特別な呼吸方法を試したり、裁判でのホームズの宣誓証言の映像を何度も見返したことを明かしている。実業家から詐欺師への変貌と共に声が徐々に変わっていく様子にぜひ注目だ。

 

ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女|予告編|Disney+ (ディズニープラス)

主役のエリザベス・ホームズ役には、「レ・ミゼラブル」のコゼット役や「マンマ・ミーア!」のソフィ役、そして、「Mank/マンク」ではアカデミー賞候補にもなったアマンダ・セイフライド。エリザベス・メリウェザー(「New Girl/ダサかわ女子と三銃士」)とともに、プロデューサーも務めている。また、セラノス社の元COOでホームズの元交際相手のラメシュ・バルワニ役にはナヴィーン・アンドリュース(「LOST」)が演じる。他にも、ウィリアム・ホール・メイシー(「シェイムレス 俺たちに恥はない」)やローリー・メトカーフ(「レディ・バード」)、ケイト・バートン(「グレイズ・アナトミー」)などハリウッドのベテラン俳優陣が集結。実際に起こった、全米を騒がせた<世紀の詐欺事件>を基に描かれた、スターオリジナルドラマシリーズ『ドロップアウト~シリコンバレーを騙した女』をぜひディズニープラスでお楽しみください。

 

『ドロップアウト〜シリコンバレーを騙した女』
ディズニープラスのスターにて、2022年4月7日(木)より日本初独占配信

 


■ディズニープラスとは:

Disney+(ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの名作・話題作に加え、スターブランドとして大人が楽しめるドラマや映画も充実しています。ここでしか見られないオリジナル作品も続々登場します。※一部個別課金あり。
■公式サイト:https://www.disneyplus.com/ja-jp
■公式Twitter:@DisneyPlusJP
■公式Instagram:@disneyplusjp
■公式facebook:@DisneyPlusJP

(C) 2022 Disney and its related entities