『ブルーロック』馬狼照英のキャラクタービジュアル&キャスト情報、「Visual of Egoist – BAROU SHOUEI」、スポットムービーのそれぞれが公開に!


『ブルーロック』の情報がいくつか解禁となったので紹介していこう。今回は、馬狼照英のキャラクタービジュアル&キャスト情報が公開、「Visual of Egoist – BAROU SHOUEI」の公開、そしてスポットムービー・馬狼照英編が公開となった。

 

馬狼照英のキャラクタービジュアル&キャスト情報公開!

チームXに所属する馬狼照英(ばろうしょうえい)のキャラクタービジュアル&キャスト情報を公開! 自分がルールだと言い張るほどの強いエゴの持ち主で、強靭なフィジカルと正確無比なシュートテクニックを誇る馬狼を諏訪部順一さんが演じる。諏訪部さんからはコメントが到着した。

馬狼照英(ばろうしょうえい) cv諏訪部順一

BL(ブルーロック)ランキング:250位 チームX
チームXを率いる絶対的な王者。自らを王様(キング)と称し、試合中は敵味方問わず周囲のプレイヤーを脇役として扱う。自分がルールだと言い張るほどの強いエゴの持ち主だが、その言動に恥じない強靭なフィジカルと正確無比なシュートテクニックを誇る。

諏訪部順一コメント

Q1. 本作の印象を教えてください。

自分もサッカー好きなので、非常に面白い着眼点の作品だと思いました。読んでいて本当にワクワクしますね。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。

自己中心的で傲慢、粗暴な印象の人物ですが、几帳面で神経質な面もあるというギャップが面白いですね。何はともあれ、ひとりの生きる人間として成立するよう努めます。

「Visual of Egoist – BAROU SHOUEI」公開!

自らを王様(キング)と称し、チームXの中核を担う馬狼照英を描いた「Visual of Egoist – BAROU SHOUEI」を公開。威嚇するような姿勢や鋭い眼光から、馬狼の王者としての自信や強烈なエゴイズムを存分に感じられるビジュアルに仕上がっている。潔 世一らチームZの前に立ちはだかる馬狼がどんな“エゴい”プレーを見せてくれるのか、今からご注目だ。

 

スポットムービー・馬狼照英編公開

一次セレクションで潔 世一らチームZの前に立ちはだかるライバルキャラクターにスポットを当てた映像を順次公開! 第1弾はスポットムービー・馬狼照英編!映像内には「ピッチの上じゃあ俺が、王様(キング)だ」など、馬狼の印象的な台詞が散りばめられており、彼の“エゴい”姿をいち早く見ることが出来る!

https://www.youtube.com/watch?v=h18NkkJ-9Xk

 


【作品情報】

2022年10月からテレビ朝日系 全国24局ネット“NUMAnimation枠”にて放送

■原作:金城宗幸
■漫画:ノ村優介(講談社「週刊少年マガジン」連載)
■監督:渡邉徹明
■副監督:石川俊介
■シリーズ構成・脚本:岸本 卓
■ストーリー監修:金城宗幸
■コンセプトアドバイザー:上村 泰
■メインキャラクターデザイン・総作画監督:進藤 優
■キャラクターデザイン・総作画監督:田辺謙司 戸谷賢都
■チーフアクションディレクター:東島久志
■アクションディレクター:坂本ひろみ
■プロップデザイン:興津香織、東島久志
■衣装デザイン:中島裕里
■作画特殊効果:あかね
■色彩設計:小松さくら
■特殊効果:山田可奈子
■美術設定:杉山晋史
■美術監督:高木佐和子
■背景:スタジオワイエス
■撮影監督:浅黄康裕
■撮影:チップチューン
■3DCG ディレクター:広沢範光
■3DCG:オーラスタジオ
■ビジュアルコンセプト:山下敏幸(ハイパーボール)
■特殊効果処理:山下敏幸、三皷梨菜
■2DCGモニターグラフィック:浅野恵一(emitai)
■編集:長谷川 舞(エディッツ)
■音響監督:郷 文裕貴
■音響制作:ビットグルーヴプロモーション
■音楽:村山☆潤
■アニメーションプロデューサー:平野 強
■アニメーション制作:エイトビット
■キャスト:
・潔 世一:浦 和希
・蜂楽 廻:海渡 翼
・國神錬介:小野友樹
・千切豹馬:斉藤壮馬
・久遠 渉:中澤まさとも
・雷市陣吾:松岡禎丞
・今村遊大:千葉翔也
・我牙丸 吟:仲村宗悟
・成早朝日:梶田大嗣
・伊右衛門送人:綿貫竜之介
・五十嵐栗夢:市川 蒼
・吉良涼介:鈴村健一
・絵心甚八:神谷浩史
・帝襟アンリ:幸村恵理
・馬狼照英:諏訪部順一
■公式HP:https://bluelock-pr.com
■公式Twitter:@BLUELOCK_PR
■推奨ハッシュタグ:#ブルーロック

 

Introduction

世界一のエゴイストでなければ、世界一のストライカーにはなれない。

日本をW杯優勝に導くストライカーを育てるため、
日本フットボール連合はある計画を立ち上げる。

その名も、“ブルーロック(青い監獄)”プロジェクト。

集められたのは300人の高校生。しかも、全員FW(フォワード)。
299人のサッカー生命を犠牲に誕生する、
日本サッカーに革命を起こすストライカーとは──?

──今、史上最もアツく、最もイカれたサッカーアニメが開幕する。

 

第1弾PV

ティザーPV

 

(C)金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会


<原作試し読み>

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156632602988

<原作コミックス発売情報>

https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000314505