『FGO夏の祭典 8周年スペシャルトーク&ライブ』レポート

FGOフェス2023の1日目最終ステージとなる『FGO夏の祭典 8周年スペシャルトーク&ライブ』の様子をお伝えしていこう。このステージはトークとライブの構成となっており、ライブに関しては楽曲の紹介くらいしかできないと思うが、少しでも会場の様子が分かれば幸いだ。

 

一日目最後のステージはトーク&ライブ!

2023年7月29日に開催されたFGOフェス2023の1日目最後のステージとなる『FGO夏の祭典 8周年スペシャルトーク&ライブ』の様子を伝えていく。このステージはトークとライブの2部構成となっており、ライブ配信も並行して行っているので、是非そちらで視聴しながら読んでいただくとより楽しめることだろう。

MCでアニプレックスの金沢さんが登場し、島﨑信長さん、赤羽根健治さん、石川界人さん、河西健吾さん、石谷春貴さんが登壇しステージイベントがスタートした。キャストは全員浴衣で登場。今回のステージの為のデザインと言う事だ。袖には宝具がデザインされている、と言う事なので後程チェックしてみよう。

結構手探りで今まで渡ってきた感想を語る島崎さんから始まったトークセッション、Fateの感想と言う事で石川さんが問われると、周りの(同僚や先輩など)方々がどんどんFateに出演している中「まだ演じてないの?」みたいな空気感があった時代から、役が決まって演じることが出来てほっとしたと言うかコレ演じていいの?というものも多いと語った。石谷さんは「宝具を打ちたいんです!」って切実な宣言が! 全員色々と思いがあると言う事でトークに花が咲いていた。

デイビットを演じた時の印象と言う事で石川さんは、細かな設定等を見て入るんですが奈須さんに聞いて話して演じるのですが、意外とあいまいな(?)という感じで多くのパターンを録音していて、その中でちょうどキャラに合うものを選ぶ、というような感じで収録していた、と収録の時の困惑というかスタッフ含めて作りこんでいく現場の感じが伝わってきた。

河西さんからみたデービットの印象は?ということで、ペペさんから見ると良いよねって感想がポロリ。浴衣もラインがはいっていたりと似ている?という感じが。他にも7章プレイするとデイビットの印象もかわるかな、と思うとの事なので、まだの人は早く7章へ行こう! 続いて石川さんの演じている斎藤一に関しての感想では、マイクの位置を色々変えて収録したと言う事で、立ち位置を説明するのに河西さんにぐーっと近づくワンシーンも! YouTubeで聞けると言う事なので、是非楽しみに待っていよう!

カルデアVSクリプターと言う事で3本のゲームで戦う事となった。対決内容は夏祭りにちなんだ内容となっている。さてどちらが勝つのか?

 

1本目はマンドリカルドくん八艘飛びでの勝負。クリプターチームは3投全外れとなりカルデアチームが1点先取。続いてはフワフワわたあめ、投影バトル。実際の綿あめの作る完成形の形での勝負となった。綿あめを作るのだが形が「カラドボルグ」にお互い似たような形に仕上がったが客先判定でクリプターチームが1点取得となった。最後はテスカトリの射撃訓練バトルでの戦いとなった。こちらはすべての的を倒すまでの時間を競う方式となる。先にカルデアチームは4ポイント、クリプターチームが挑戦するもののコルクを詰めすぎてジャムるトラブルが響いてしまってカルデアチームが2ポイントとなり勝利となった。

…とならずに最後の勝負で決まることに。一発逆転!令呪召喚チャレンジ、ということで自分の令呪を引いた時点で勝敗が決定する、と言う事で他人の令呪を引いたらダメというなかなか厳しい条件での勝負となった。最初は島崎さんが引くが失敗、石谷さんが引くも同じ召喚で失敗。次は赤羽根さんが引くも失敗。河西さんが引くと召喚成功! ということでクリプターチームの勝利となった。

最後に各キャストが感想を語ったが、石谷さんからは召喚でマシュを引けなかった事とわたあめでカラドボルグを作りました、とイベントの印象が語られた。河西さんは、暑い日が続く中進しいこの会場で色々と楽しめて頂けたら幸いです、と語った。石川さんは、まだ2部最後まで行けてないので話についていけない部分はあったが、しっかりとゲームを熱く進めていきたい、と抱負を述べた。赤羽根さんは、いつかマスター勢ぞろいでステージをやりたいと将来の希望を言葉にした。島崎さんは、改めて声を出してイベントが出来る日常に幸せを感じるとともに一緒に楽しめていけますように、と語ってトークパートを締めた。

 

楽曲パート

最初はSAYAがTorridを優しく奏でた後、太鼓の力強い音からはじまり様々な和洋の音が混ざり合う楽曲「Fate/Grand Order 8th Anniversary Special Live ~NATSU MATSURI~」が「Fate/Grand Order 8th Anniversary BAND with “THE OHAYASHI” feat. Ayasa」によって演奏された。続いてTetsu Yamamotoが伍越同舟を、さらにスパイラル・ラダーが陸劫輪廻を熱唱。最後は六花が一刀繚乱を歌い終了となった。

【ステージ情報】
■ステージ名:FGO夏の祭典 8周年スペシャルトーク&ライブ
■時間帯:15:50~17:35
■出演:(敬称略)
・赤羽根健治
・石川界人
・石谷春貴
・河西健吾
・島﨑信長
■ライブパート:
・SAYA・Tetsu Yamamoto・Yuriko Kaida・六花・Fate/Grand Order 8th Anniversary BAND with “THE OHAYASHI” feat. Ayasa
・Lead Violin:Ayasa
・Guitar:奈良悠樹、高慶”CO-K”卓史
・Bass:田辺トシノ
・Drums:SASSY
・Keyboards:岸田勇気
・津軽三味線:小山豊
・箏:市川慎
・篠笛・能管:岸田晃司
・和太鼓:加藤拓哉、加藤良平、佐藤晃弘、熊田和也、宮岸大也、加藤飛和
・Strings:真部裕ストリングス
(Violin:真部裕、石橋尚子、石亀協子、亀田夏絵、Viola:金 孝珍、Cello:遠藤 益民)
・Horn:堀 風翔、矢吹日香理
■YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=ftxWKp5dcZ4