橋と共に街の歴史を再発見 神田川でライトアップイベント


hashimatsuri 文京区商店街振興組合連合会と千代田区商店街振興組合連合会は、10月5日(土)から14日(月)まで「はしまつり まちをつなぐ。~文京・千代田~」と題して、千代田区と文京区にまたがる橋のライトアップを期間限定で行う。 二つの地域が一つとなり、まちの魅力の再発見と歴史・文化の交流の「架け橋」となる。

初日の5日(土)は、17:30から御茶ノ水ソラシティでオープニングイベントを開き、神田川に懸かる5つの橋と湯島聖堂、ニコライ堂のライトアップの点灯式を行う。

神田川のライトアップの対象は、水道橋、御茶ノ水橋、聖橋、昌平橋、万世橋の5つの橋で、この他に両区それぞれのシンボルである湯島聖堂、ニコライ堂も同時にライトアップされる。時間は期間中の19:00から22:00まで。

この他、御茶ノ水ソラシティ、文京シビックセンターでは街の魅力を表現するアートグランプリ、文化・歴史を体験出来るこども向け教室等も開催される。