SHIROBAKO展!


ap_PC180324現在最終話が放送中のアニメ『SHIROBAKO』の原画等の展示が現在東京アニメセンターで今週の日曜日(2014年12月28日)まで開催中だ。ちょこちょこと色々展示が変わっている(追加されている)ようなので、初日の様子とともに火曜日(祝日)の様子も合わせてお伝えするぞ!

 

会場は閉館間際でも多くの人が滞在中!

初日から閉館間際にもかかわらず閲覧者数が多いのが今回のアニメ『SHIAROBAKO』の特徴だろう。TARITARI展では年齢層若干高めの男性層が多かったが、今回は年齢層若めの女性比率が若干高い感じがした。

ap_PC180322定番のイーゼルの看板を眺めつつ中に入ることに。

ap_PC180317

今回の展示はほぼ全て写真撮影OKということで、楽しみの多い展示となっている。デジカメのデータ容量は大きめのものを持参する方がいいぞ!

ap_PC180285 ap_PC180273

 

大人気のトレース台!!!

今回の展示で一番目を引いたのが体験出来るトレースコーナーだろう。こちらは実際に使用されているトレース台を展示してあるだけでなく、実際にトレース体験ができるコーナーだ。初日から気合を入れすぎて「他の方もお待ちなので…」と声をかけられている風景を見たくらい集中して楽しんでいるようだ。

ap_PC180268

トレース台は下に光源があるのが特徴だ。

ap_PC180160ap_PC210098ap_PC210097ap_PC210095

それでは順に展示を見ていこう。まずはキャラクター紹介からだ。

ap_PC180145ap_PC180315 ap_PC180149 ap_PC180151 ap_PC180155

ap_PC180097 ap_PC180101

続いて美術ボード。相変わらずの綺麗な背景で心が癒されるシーンも。ap_PC180111ap_PC180307 ap_PC180104 ap_PC180108

ap_PC180061 ap_PC180065 ap_PC180070 ap_PC180072 ap_PC180090

 

SHIROBAKOって何?

今回のアニメ『SHIROBAKO』とあるのだがタイトルの由来がイマイチわからない人も多かったのではないだろうか? それらの基本となる謎の説明と合わせて各話あらすじも展示されていた。こちらで最終話に向けての復習をすると、より最終話、さらにはDVDを見る際に「今まで気づかなかったアノ裏の意味」などもわかるかも?

ap_PC180168 ap_PC180166 ap_PC180171 ap_PC180177 ap_PC180180 ap_PC180182 ap_PC180204 ap_PC180207 ap_PC18020911話以降はまだ未放映だったためComingSoonとの武蔵野アニメーションの封筒が。この辺りも世界観を壊さずに楽しめる配慮が嬉しい。

 

原画はガラスケース内に展示中

原画に関しては今回は全てガラスケース内での展示となっている。えくそだすも含めた数々の原画を一挙紹介するぞ。気になる画像はクリックして確認してほしい。

ap_PC180218

 

えくそだすっ!

アニメ『SHIROBAKO』の中で製作されているアニメ『えくそだすっ!』だが、こちらもしっかり展示してあった。あるぴん、可愛い!

ap_PC180309 ap_PC180025 ap_PC180023 ap_PC180020もちろんSHIROBAKOの5人に関しては等身大ポップで会場内にいたぞ。後日会場を見たらそのポップの3名分にサインが入っていた。まずは初期の状態を確認しよう。

ap_PC180129 ap_PC180312 ap_PC180135 ap_PC180140 ap_PC180133 ap_PC180142 ap_PC180131 ap_PC180144 ap_PC180012 ap_PC180014 ap_PC180010 ap_PC180016こちらが後日のサイン入りの様子だ。今回サインが入ったキャラは宮森あおい、坂木しずか、安原絵麻の3名分だ。

ap_PC210091ap_PC210102 ap_PC210083 ap_PC210085 ap_PC210089 ap_PC210087みんな「ドン!ドン!ドーナッツ」が描かれているのが面白い。「オリジナルTVアニメーション『SHIROBAKO』 コミックマーケット86公開PV」でもドーナッツが出てくるので見てみよう。

各キャラクターのそれぞれのプロフィールも展示されていたぞ。
ap_PC180008 ap_PC180163 ap_PC180159 ap_PC180092 ap_PC180006 ap_PC180003

 

台本やDVDも展示中

今回は台本はガラスケースの中での展示となってしまった。また、同様にDVDも展示されていたのだが、一番目を引いたのはDVD展示の下にある武蔵野アニメーションの袋に入ったイメージの各キャラクターの紹介と宮森あおいの名刺だろう。これ、セットにして1000円くらいで売ってほしいくらいだ。

ap_PC180057 ap_PC180059 ap_PC180225 ap_PC180231 ap_PC180227 ap_PC180229

 

物販はすでに売り切れ…?

初日の物販の様子なのだが、まだ放送中のアニメということもありグッズがほぼ無い。クリアファイルのみの販売となっていた。他、P.A.WORKS作品のグッズは置いてあったので買い逃したあのグッズを見つけたら購入しておこう。さらにまさかの新商品などもあったりするのでチェックだ!

ap_PC180278

ap_PC180275

そして、このクリアファイルもすでに完売となっていたようだが、東京アニメセンターのツイートで続報が入っている模様。行く前にツイッターをチェックしておくほうがよさそうだ。ちなみに12月24日時点でこのようなツイートが発信されていたぞ!

さらにツイートを確認していくと、25日以降に色々追加された模様。最終日の28日まで目が離せない展示となっているSHIROBAKO展、ぜひ週末訪ねてみよう!


【詳細情報】
■イベント名:「SHIROBAKO」作品展
■開催場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4F
■会場:東京アニメセンター(http://www.animecenter.jp/
■開催期間:2014年12月18日(木)〜12月28日(日)
■休館日:2014年12月22日(月)
■会場時間:11:00〜19:00
■入場料:無料
■告知サイト:http://animecenter.jp/201412/05190000.php
■アニメ公式:http://shirobako-anime.com/

ap_PC180283

 

【最終日に確認した追加展示】(2014年12月28日追記)

SHIROBAKO展の最終日、念のため会場を訪れたらサインポップが増えていたので紹介する。見損ねた人もこれで大丈夫だ!

zp_PC280178zp_PC280176 zp_PC280174

さらに、トレース台にあった原画だがいろんな人が楽しんだようで展示期間中でボロボロになるまで使い込まれた模様。ここまで熱心に見てもらえる展示となったSHIROBAKO展、2014年の最後にふさわしい展示となったようだ。

zp_PC280181 zp_PC280184

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。