滝沢馬琴住居跡(芳林公園)


zp_P3150084秋葉原に遊びに来る人のオアシス的存在「芳林公園」。ここにある1枚の碑を知っているだろうか? 公園改修の際に一時期消えたのだが、最近また復活しているのに気がついた。その碑に関して見ていこうと思う。

 

馬琴の住んだ秋葉原

アニメの題材にもなったことがある「南総里見八犬伝」。その原作者とでも表現すれば今風なのかもしれないが、著者「滝沢馬琴」が秋葉原に住んだ事がある。当時は秋葉原と呼ばれてはおらず同朋町東新道の地に転居してきたとのことだ。詳しくは下の写真の碑を見ていただきたい。

zp_P3150084この碑だが、現在は芳林公園の昌平小学校側に建てられている。一時期公園改修の際に無くなったのだが、改めて最近公園を見てみると復活していたので今回お伝えすることとした。「南総里見八犬伝」は一度読んでおくには面白い本なので、もしまだ未読の方がいればラノベの合間に一度読んでおくと良いだろう。

zp_P3150086

たまにはアニメやパソコンなどを離れてちょっと休憩、と行きたいところだ。

【詳細情報】
■史跡名:滝沢馬琴住居跡(芳林公園)
■住所:千代田区外神田3-5-18
■施設:トイレ、喫煙所(共に公園付随施設)
■公園サイト:http://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/koen/003.html

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。