秋葉原にある『パン屋の英会話教室Leon』が遂にパンの販売開始!?


zp_DSC00355秋葉原の末広町駅から徒歩2分で英語の世界へ行ける英会話教室と言えば『パン屋の英会話教室Leon』だが、遂に「英会話教室なのにパンの販売を開始する???」と伺い、早速教室へお邪魔してきた。

 

ブーランジュリーKヨコヤマのミニラスクをお手頃価格で販売!

教室を訪ねるとちょうど授業中だったようで、校長の声が聞こえていた。英語と日本語を織り交ぜて行われる英会話教室は外国人講師が教える講座より抵抗感が少ないにも関わらず、英語で育った校長の発音は外国人そのもの。イイトコ取りできる英会話教室はLeonの一つの特徴だ。

教室の講義風景。4名ほどの生徒さんが英会話に励んでいた。

教室の講義風景。4名ほどの生徒さんが英会話に励んでいた。

ところで「秋葉原にある『パン屋の英会話教室Leon』が遂にパンの販売開始!?」との話を伺って来たので、早速状況を訪ねるとありました!実際にはパンではなく第一弾はラスクとなった模様。

zp_PB140016

机に広がるミニラスク。一包み50円という手頃なお値段で勉強で消費した糖分をしっかり取れるようになっている。そしてこちらのミニラスクは人気店「ブーランジュリーKヨコヤマ」のものという事もあり、生徒さんにも人気のようだ。今回教室を訪ねた時間が夜なのだが、お昼頃には下の写真のようにたっぷりと準備されていたのだが早々と上写真のような状態に。

写真提供:パン屋の英会話教室Leon

写真提供:パン屋の英会話教室Leon

外部から来ての購入に関しては教室の授業等の兼ね合いもあるので、一旦サイト等から連絡をしてみてほしい。電話は授業中の際は出れないこともあるので注意しておこう。

 

種類は全5種類

今回のラスクだが、全部で5種類準備されている。プレーンが2種類、黒糖、明太子、チーズだ。それぞれ写真を見てもらおう。

そして、今回は実際にプレーン(食パン)とチーズを購入して実食してみた。持ち帰ってきたのがこちらだ。

zp_PB140022

皿の上に盛り付けると、一口サイズで食べやすい。

zp_PB140028

左がプレーンで、右がチーズ

早速チーズから頂く。場所によってチーズの風味に濃淡があるが全体的には香りはあるが味は薄めな印象。ラスクだけにサクサクと食べることができる。

zp_PB140033

こちらはチーズ味のラスク

続いてプレーンを食べる。砂糖が疲れた脳に響く感じで定番だが安心できる味だ。

zp_PB140035

こちらはプレーン(食パン)のラスク

食べきりサイズなので授業中は無理だが小休憩の時や、持ち帰って職場でこっそり食べるにはもってこいだ。

 

秋葉原のどこに教室はあるの?

一番肝心な事を忘れていた。今回紹介した『パン屋の英会話教室Leon』だが秋葉原のどこにあるかご存知だろうか? 最初に書いた通り末広町駅から徒歩2分なのだが、蔵前橋通りのセブンイレブン(末広町駅から2k540やハナマサへ向かう途中にあるセブンイレブン)の角を曲がった先にあるビルの3階になる。バーセキレイのあるビルだ。

zp_PB150039

この看板が目印

なお、ビルのセキュリティ上一旦3階のインターフォンで呼び出す必要があるので注意してほしい。英会話が気になった人も、ラスクが気になった人も、事前に連絡したあとで一度訪ねてみると良いだろう。校長の楽しい話と英会話、それにラスクと楽しめる要素満載のはずだ!

【詳細情報】
■教室名:パン屋の英会話教室「LEON」
■住所:東京都千代田区外神田4-8-3 ナカダイビル3F
■連絡先:03-3253-1900
■公式サイト:http://leonyokoyama.com/
■校長ブログ:http://leonyokoyama.com/blog/
■備考:銀座線末広町駅下車徒歩約3分。Barセキレイのあるビルの3階
■YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCigCopiEmaseBo-jM-TMT0g
■関連記事:
秋葉原で英会話? 『パン屋の英会話教室「LEON」』に行ってみた!
本日開催! パン屋の英会話教室LEONでパンを焼く?

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。