アキバぼっち飯(ディナー編:第31回『ジャンカレー 末広町店』)


zp_p9250008今回は秋葉原でもツウが行く場所であろう「妻恋坂交差点」の角にある「ジャンカレー」に行ってみた。「田舎のおばあちゃん」のようなそのカレーのスタイルは他と違ってしっかりとした味わいのあるカレーになっている。それでは早速訪ねてみよう。

 

「田舎のおばあちゃん」のおもてなしの心意気

今回は秋葉原でも端っこ、妻恋坂交差点にある「ジャンカレー」を訪ねてみた。この場所まで来る人は少ないと思うが、秋葉原でカレーを食べてまわるならチェックはしておきたいお店だ。

 

zp_p9250008夕食時ということで店内は日曜日にもかかわらず混雑はしていないものの座席もそこそこ回転しているというちょうど良い店内具合。まずは入口に入って券売機で購入。今回はヒレカツカレー(880円)をオーダー。他のオプションはなし。

zp_2016-09-25-17-04-02

カウンターに座ると自分で水を注ぐスタイル。カレーの場合はこのスタイルの方が嬉しい。そして壁を見るとちょっとした張り紙を発見。

zp_2016-09-25-17-03-54

田舎のおばあちゃんのような感じでご飯が「少し多め」で注がれるようだ。「たんと食べて行きなさい」という感じらしい。揚げ物はオーダーが入ってから揚げるので少し時間がかかる。そして届いたヒレカツカレーがこちらだ。

zp_2016-09-25-17-06-53

すごく安心する。カツの上にかかっているルーだが、ペースト状の具材が残っておりスープ状で食べ応えのない感じではない。自由に使える福神漬けをたっぷりのせる。ラッキョウは別料金なのがちょっと寂しい。

zp_2016-09-25-17-07-02

カツカレーといえば中濃ソースをカツにかけて味に複雑さを求めるのが良いだろう。ということでたっぷりかける。

zp_2016-09-25-17-07-40

デデン!

zp_2016-09-25-17-07-37

ヒレカツだけに脂分が少なくカレーには最適だと個人的には思っているのだが如何だろうか? まずはスプーンでカレーを普通に一口。

zp_2016-09-25-17-07-57

辛過ぎずちょうど良い。カレーといえば「辛いだけ」の店も多いがそんな事は無く、香辛料の裏に潜む具材の風味も感じる事ができるので安心だ。今度はカツを乗せて一口。

zp_2016-09-25-17-08-08

ヒレカツはスプーンで切る事も出来て食べやすい大きさにカットしつつ食べる事ができる。あっとう間に完食。ごちそうさまでした。秋葉原の奥にあるジャンカレー、思い出したらちょっと足を伸ばしてみてほしい。

【店舗情報】
■店舗名:ジャンカレー 末広町店
■住所:東京都千代田区外神田3-6-7 大西ビル 1F
■電話:03-3254-8833
■営業時間:
・平日:11:00〜21:00
・土日祝:11:00〜19:00
■今回の料金:約880円