アキバぼっち飯(ディナー編:第28回『柳鮨』)


zp_2016-04-04 20.25.33以前ランチ編では紹介したが今回は夜どの程度のお値段になるのか紹介していなかったので、握り1人前とお酒を頼んだ場合をケースとして今回紹介したいと思う。お寿司はネタは仕入れによって毎回変わるのであくまでも参考程度に見ていただきたい。

 

ちょっと1杯とにぎりで粋に

今回は末広町交差点から2分もかからない場所にある『柳鮨』を訪ねてみた。お任せでにぎり1人前と日本酒で軽く食事をして帰るスタイルにチャレンジしてきた。

zp_2016-04-04 20.25.33

 

さて、最初に生と行きたいところだが冷酒の『月山』を注文。それと同時に1人前を頂くことに。

zp_P4020109

日本酒を飲みつつお酒を頼むとでてくるおつまみを摘まみつつカウンター越しに店主と会話。こういうやり取りがカウンター席の醍醐味だ。また、例えば初めて寿司店に入る場合値段もわからないだろうが、例えば初めて入る旨を伝えた上で「予算が5,000円でお願いできますか?」と先に断っておけば大丈夫だ。さすがに2,000円では難しいので寿司を食べてお酒を飲むのなら5,000円程度は欲しい。そんな事を説明しているとにぎりが届いた!

zp_P4020113

今回はお任せなのでバランス良く入っている。それでは早速マグロから。

zp_P4020120綺麗な模様が味を想像させてくれる。想像通りの味が口の中を襲う。冷酒を間に挟みつつ鉄火巻きに手を伸ばす。

zp_P4020116

寿司屋で意外と拘りが見えかけれするのは玉子と海苔だ。玉子は甘さなどがお店により異なる。また以外に手を抜きやすいのが海苔なのだが、こちらも風味が強いなどの特徴が顕著に出るので慣れてくると気にしてみると面白いだろう。今回はサクッと1杯だけなのでこれで終了。お会計は約3,500円程度となった。馴染みの分少しサービスもあったかもしれないのでお値段は参考程度に考えて貰えば何よりだ。秋葉原に行きつけの鮨屋がある、なんてちょっと粋じゃないか。秋葉原には結構多くの寿司屋があるので、お気に入りの1件を探してみて欲しい。

【店舗情報】
■店名:「柳鮨」
■住所:東京都千代田区外神田5-6-2
■電話:03-3831-1657
■営業時間:昼:11:30~13:30/夜:17:00~22:00
■定休日:日・祝日・第2土曜日
■サイト:http://www.yanagizushi.jp/
■今回の料金:約3,500円