アキバぼっち飯(ディナー編:第29回『山本屋総本家』)


zp_2016-03-28 18.46.25アキバぼっち飯もディナー編がそろそろ30回を迎えるにあたり秋葉原以外の名物も食べてみようではないか! と言う訳で名古屋でしか食べる事ができない本格味噌煮込みうどんが秋葉原でたべる事が出来ると店を発見したので紹介していこう。FCなのでサービスは若干名古屋とは異なるがうどん自体は変わらないので大丈夫だ。

 

本格的な味噌煮込みうどんを秋葉原で

場所は秋葉原駅から昭和通り口改札を出てYKKの裏手、凸版印刷付近の裏路地にその店の入口を構えるのが『山本屋総本家』の神田和泉店だ。

zp_2016-03-28 18.46.25

間口が狭いのでちょっと入りにくいが、屋号は名古屋でも有名なお店。早速店内に入りカウンターへ座る。

zp_2016-03-28 18.48.19

今回はディナーということもありハイボールを頂く。

zp_2016-03-28 18.49.27

そして、味噌煮込みうどんはここからが長い。煮込むので結構な時間がかかるのだ。スマホを眺めつつ待つこと15分程度だろうか。やっと出てきたのがこちらだ。

zp_2016-03-28 19.00.30

オープン、ザ、蓋!

zp_2016-03-28 19.01.01

蓋をあけるとグツグツいってる。

zp_2016-03-28 19.00.51

山本屋総本家の食べ方といえば、蓋の中に熱々の味噌煮込みうどんを少し取り分けて冷ましつつ食べる。そんなことを思い出しつつ少し取り分ける。

zp_2016-03-28 19.01.44

讃岐とは違う味噌煮込みうどん独特の麺の状態がそこには広がっている。これは本場と変わらない。

zp_2016-03-28 19.01.57

熱々の味噌煮込みうどんとご飯の相性は最高だ。あっという間に平らげてしまった。ただし、味噌煮込みうどんを食べる際の注意点を一つだけ言っておこう。それは「汁が跳ねる」のだ。今回もこんな感じでテーブルの上にはポツポツと味噌煮込み汁が垂れてしまっていた。服が白い場合はカレーうどん並に注意が必要になるので覚悟して食べに行こう。

zp_2016-03-28 19.12.07

【店舗情報】
■店名:山本屋総本家 神田和泉店
■住所:東京都千代田区神田和泉町1-10-8 松和ビル1F・2F
■電話:03-3861-5030
■営業時間:11:30~15:00/17:30~21:00(オーダーストップ)
■定休日:日・祝
■年末年始:
12月28日:11:00~15:00
12月29~1月3日:休業
1月4日より平常営業
■サイト:http://yamamotoya.co.jp/night/index.html
■今回の料金:約1,500円

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。