【旅メシ】支那そば 北熊〔熊本・長嶺〕


久しぶりの旅メシは熊本まで行ったので、九州といえばとんこつ! を裏切って白濁鶏ガラスープに背脂というこってりなのかさっぱりなのか悩むのだが、これがハマるのが支那そば北熊(ほくゆう)に行って見た。これを食べる為だけに熊本に来た、とも言えるくらいだ。

 

他では食べれない味に魅了される!

今回の旅メシは熊本でも数店舗、他には福岡空港と三重県松坂市と微妙なチェーン展開をしているのが支那そば北熊だ。北熊と書いて「ほくゆう」と読むのだが、暖簾分けに結構大変な話を20年前に聞いて以来店舗が増えて行かない所を見ると味にはかなりのこだわりがあるようだ。今回はバスなどで行きやすい支那そば北熊長嶺店を訪ねて見た。

熊本市内から熊本都市バスで「福祉センターグランド前」で下車し徒歩で5分ほど歩くと到着する。通町筋からだと「長嶺団地」を通過する「県1」や「鹿3」「味1」「味2」あたりを使うと良いだろう。さて、今回は小腹が空いた程度だったので「焼豚入り支那そば」の麺少なめを頼むと店員さんが「それならお子様支那そばにチャーシュートッピングにしますね」と言われて『???」となったが、麺少なめでも料金が変わらなかったようで気を利かせてくれたようだ。追加で餃子も頼んでテーブルにある無料の朝鮮漬けを頂く。今回はもやしだった。

つまみつつ出来るのを待つと、10分はかからずに出てきました夢にまで見た支那そば北熊!

焼豚入り支那そばは器に広がる焼豚が見応え十分なのがポイント。そして、スープはご覧の通りとんこつに見えるが白濁するほど煮込んだ鶏ガラスープに背脂とあっさりとこってりの矛盾が共存する他では味わえない支那そばなのだ。

それでは最初は麺から。博多の細さとは一線を画す中太縮れ麺がスープに絡む。

そして焼豚をパクリ。

これはやはり店舗でしか味わえない。インスタントも売り出されているのだが、味は近いもののやはり店舗のとは違う。そして時間差で出てきた餃子。

以前はテーブルににんにくスライスの醤油漬けがあったのだが無くなって居た。まぁ5年前くらいの話なのでこの不景気時代に色々とあるのだろう。九州の餃子ということでサイズ小さめでカリッと焼き上げてある。

久しぶりの北熊は味も変わらず安定の満足感にホッとしてしまった。店舗がなかなか公共交通機関で移動できる場所にないので難しいのが難点だが。もし熊本を訪ねたらちょっと思い出して食べて見て欲しい。今まで知らなかった味が広がるはずだ。

【店舗情報】
■店舗名:支那そば 北熊
■住所:熊本県熊本市東区長嶺南3-1-102
■電話:096-383-1003
■営業時間:11:30~15:00/18:00~21:30
■定休日:水曜 or 木曜
■サイト:http://www.hokuyu-shinasoba.com/
※詳細に関しては地元情報誌、または検索等で確認して下さい。

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。