可愛い女の子がゆる〜く一緒に運動してくれるフィットネス『IDOL FIT』が秋葉原に登場!


最近、秋葉原では24時間フィットネスが複数オープンしちょっとしたフィットネスブームとなっている。行くとわかるが「ガチ勢」が多く「日頃の運動不足を解消したい」という目的にはイマイチ。そんな状況を打破するように登場したのが『IDOL FIT!!』だ。今回は折角なので色々チャレンジしてきたので紹介していこう!

 

ゆる〜く運動!

今回紹介する秋葉原のフィットネスは『IDOL FIT!!https://idol-fit.com/)』だ。秋葉原にあって「ゆる〜く運動」ができてしかも可愛い女の子がサポートしてくれる、という夢のようなフィットネスだ。推しの女の子がいれば毎日だっていフィットネスに通えちゃう!?

今回は上の写真に写っている5名のスタッフに手伝ってもらってフィットネス体験を行なったので紹介していこう。っと、その前に場所の確認だ。秋葉原と言っても色々とあるが、ここはまちがいなく秋葉原だ。ソフマップの入っている東京角田ビル5階にある。とらのあなのC店があるビルと言った方がわかりやすいかも?

エレベータで5階へ向かうと、すぐそこにはフィットネス空間が広がっている!

中には筋肉トレーニングマシン、有酸素系運動マシーンと充実のラインナップとなっている。他にもアニメの踊りなどを再現して楽しめるスペース、柔軟等を行うスペースとゆる〜い感じなのにガチな装置も多々存在する不思議な空間になっている。

また、『IDOL FIT』の目玉は「スタッフが一緒に運動してくれる」点だ。例えば有酸素運動のマシンが2台並んでいるが、自分が運動している横でスタッフが一緒にその苦楽を共有してくれる。その為、「自分ばかりが苦しいわけではない」「一緒にもうちょっとだけ頑張ろう」といった精神的な支えになってくれるのが特徴だ。他のフィットネスで挫折した人こそ、『IDOL FIT』を経験してほしい理由だ。

さぁ、一緒に走るよっ!

他にもアニソンダイエットレッスンなどがあり、舞台に見立てたエリアでアニソンと一緒に踊りながらダイエット、なんてレッスンもあるぞ。詳細に関しては是非『IDOL FIT!!』のサイトやツイッターで確認、質問しちゃおう!

 

さぁ、一緒にレッスン!

今回一緒にフィットネスをサポートしてくれたスタッフからコメントを貰ったので紹介していこう。こんな可愛い子が一緒に運動してくれるって他ではなかなか無いぞ!

水海もこ」さん(@moco_chick

他のジムにはない、アニソンダイエットレッスンなどアニメが好きな方でも楽しんでいただけるように頑張ります!

 

桃兎 奈子」さん(@na__chan1125

ここにはアイドルやアニソンを使ったダンストレーニングもあって、楽しく運動ができる環境なので、ぜひきて楽しんでダイエットしてください。

 

猫屋敷 ひらり」さん(@nekohira1020

私も一緒にダイエットするので是非きてくださいね。

■「猫屋敷ひらり」さんサイト:http://nekohira1020.wixsite.com/neko222
■キャッチフレーズ:愛媛県からひらりと舞い降りた1匹の歌う猫。

 

霧島」さん(@sugimunoA

明るい女の子、癒し系女の子、いろんな性格の女の子がいるので、あなたに会う女の子が必ずいるので、来て話してフィットネスしてくださいね。

 

「テンシ」さん(@tententenshi38

私もプロのオタクなので、オタクの方、中二病の方、一緒にリア充になりましょう!

 

以上、コメントだ。他にもスタッフは充実しているので「自分に合うスタッフと楽しくフィットネス」を楽しんでほしい。『IDOL FIT』は現在プレオープン中。体験等も可能なのでまずは公式サイトhttps://idol-fit.com/)を見て色々チェック&申し込みをしちゃおう!

 

【詳細情報】
■店舗名:IDOL FIT
■業種:フィットネスクラブ
■住所:東京都千代田区外神田 3-13-8 東京角田ビル 5F
■営業時間:
【プレオープン期間】2018年6月25日(月)~8月31日(金)
・平日:14:00~22:00
・土日:11:00~19:00
・定休日:火、木
【グランドオープン後】2018年9月1日(土)~
・平日:14:00~22:00
・土日:11:00~21:00
・定休日:木
■TEL:03-6479-7693
■料金体系:2018年7月7日現在
・入会金:¥18,000(税込¥19,440)
・正規会員:月会費:¥15,000(税込¥16,200)
・体験費・都度利用費:¥3,000(税込¥3,240)
■サイト:https://idol-fit.com/
■ツイッター:@IDOL_Fit_Akiba

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。