『Fate Night Fes. 2018』レポート


2018年7月28日、台風の雨風の強まる中に開催された『Fate Night Fes. 2018』。終演後には会場の熱気で台風もどこかへ行ってしまったのか雨も上がり、会場の熱気を孕んだ空気が暑くもあり心地よくもある、そんなイベントとなっていた。それでは出演アーティストとその楽曲などを紹介していこう。

 

『Fate Night Fes. 2018』

2018年7月28日の19:30より開演となった『Fate Night Fes. 2018』。FGO楽曲アーティスト以外にもFateシリーズ楽曲アーティストの面々が登場し、Fateの世界観を歌によって会場中にその思いを伝えた。

最初は「Fateシリーズ楽曲アーティスト」として1番手はLiSAによる「ASH」によってスタートした。可愛い白と赤の衣装で会場のテンションを一気にあげていく。

続いて「oath sign」を歌い、次の春奈るなへとバトンを繋ぐ。GARNiDELiA、ASCAと続き「Fateシリーズ楽曲アーティスト」としてトリを務めたのはAimer。それまでの勢いとは代わり、Fateの悲しく、儚い、重く、歪み、それでも生きていく、様々な感情が会場全体に静かに広がるような歌声が響いた。

続いての「FGO楽曲アーティスト」では、六花の「二者穿一」から始まりFGOの主題歌が全て熱唱された。さらにはAyasaによるバイオリン演奏により、また違った印象を与えてくれた。最後には坂本真綾×la la larks×伊澤一葉による「色彩」と「逆光」で『Fate Night Fes. 2018』は終了となった。

最後に出演アーティストと楽曲を紹介しておこう。会場では全13組のアーティスト、19曲?(バイオリン演奏は複数の楽曲が演奏されているので歌唱数は18曲)の演奏が披露された。掲載は演奏順となっている。

【演奏楽曲一覧】

<Fateシリーズ楽曲アーティスト>
1.ASH/LiSA
2.oath sign/LiSA
3.空は高く風は歌う/春奈るな
4.JUSTICE/春奈るな
5.Désir/GARNiDELiA
6.KOE/ASCA
7.LAST STARDUST/Aimer
8.Brave Shine/Aimer
9.花の唄/Aimer

<FGO楽曲アーティスト>
10.二者穿一/六花
11.BURN OUT!/乃藍
12.Lose Your Way/ROUND TABLE feat.Dan
13.Indelible illusion/Yuriko Kaida
14.一刀繚乱/六花
15.清廉なるHeretics/DracoVirgo feat.毛蟹
16.バイオリンによる演奏/Ayasa
17.Eternity Blue/愛弓
18.色彩/坂本真綾×la la larks×伊澤一葉
19.逆光/坂本真綾×la la larks×伊澤一葉

※楽曲、アーティストは演奏順。敬称略。

 

■イベント写真ギャラリー

 

【イベント概要】※本イベントはすでに終了しています。
■イベント名:Fate Night FES. 2018
■会場:幕張メッセ 国際展示場9ホール (〒261-8550千葉県美浜区中瀬2-1)
■日時:2018年7月28日(土) 19:30~
※開場:18:30/開演:19:30
※Fate Night FES. 2018への最終入場20:30
■入場券:
・Grand TICKET(座席指定/グッズ<タオルホルダー>付き):5,800円(税込)
・Fes TICKET(立ち見エリア):4,500円(税込)
※3歳以上からチケットが必要です。2歳以下のご入場はご遠慮ください。立ち見エリアでのお子様連れの方の特別なサービスなどはございません。
■公式サイト:https://fes.fate-go.jp/nightfes/

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。