【東京コミコン 2020】セレブエリアのバーチャルサイン会第2弾はクリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トム・ウィルソンに決定!


「東京コミコン2020」(オンライン会場:Tokyo Comic Con World)セレブエリアにて行われるバーチャルサイン会への参加ゲスト第2弾として、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズでお馴染みのクリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トム・ウィルソン各氏の参加が決定!

 

2020年10月10日12時より東京コミコン公式サイトにて有料エリア入場券の先行発売開始!

東京コミックコンベンションは、2020年12月4日(金)~12月6日(日)の3日間、オンライン開催される「東京コミコン 2020」(オンライン会場:Tokyo Comic Con World)。今回はセレブエリアにて行われるバーチャルサイン会への参加ゲスト第2弾として、クリストファー・ロイド、リー・ト
ンプソン、トム・ウィルソン各氏が決定した。

(左から)クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トム・ウィルソン各氏

また、2020年10月10日(土)より「Tokyo Comic Con World」の有料エリア入場券の先行発売と、マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トム・ウィルソン各氏のバーチャルサイン会チケットの限定発売も開始。クリストファー・ロイド氏は、世界的大ヒットとなった大人気SF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズにて主人公マーティの相棒「ドク」ことエメット・ブラウン博士役として全3作に出演したことで、日本でも特に知られるハリウッドスターに。リー・トンプソン氏も同じく『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズにてマーティの母親役を主に演じたほか、一時期日本の CM にも出演するなど、日本でも特に人気を博した。また、トム・ウィルソン氏も『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズにて、常にマーティの邪魔をする印象的な悪役のビフ・タネンなどを演じ、人気俳優の仲間入りを果たした。今回この3名のバーチャルサイン会が決定した他、クリストファー・ロイド氏とトム・ウィルソン氏のオンライントークも東京コミコン2020のオンライン会場である Tokyo Comic Con World 内にて公開される予定だ。(なお形式は後日発表となります。また録画での実施の可能性もございます。ご了承ください。)

今年は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の映画公開35周年の年で、既に発表されているマイケル・J・フォックス氏と合わせて同作の記念年を祝う豪華ゲストのラインナップ。長きに渡り愛される同作の35周年をお祝いするためにも是非この機会に、レジェンド 3 名のバーチャルサイン会に注目しよう!

※クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トム・ウィルソン各氏の“バーチャルサイン会”チケット発売は、それぞれ2020年10月10日(土)を予定しております。購入方法や値段などの詳細情報に関しては、オフィシャルサイトにてご確認ください。
※チケット購入された方には、各氏直筆サイン入りポートレート(選択可)をお送りいたします。
※サインをしている模様は「Tokyo Comic Con World」の有料エリア(セレブエリア)にて公開予定です。
※なおセレブとの会話は出来ませんのでご注意ください。

 

【「Tokyo Comic Con World」有料エリア入場券の先行発売と、マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トム・ウィルソン各氏 バーチャルサイン会チケットの限定発売について】

東京コミコン 2020 のオンライン会場である「Tokyo Comic Con World」内において、すべてのコンテンツを楽しむことができる有料エリア入場券(税込550円)と、有料エリア内コンテンツとなるマイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トム・ウィルソン各氏のバーチャルサイン会チケットについて、東京コミコン公式サイトhttps://www.tokyocomiccon.jp/)にて2020年10月10日(土)12:00PM から発売されることが決定。

現在、有料エリアとして【セレブエリア】【限定・先行商品を販売する EC サイト】【コスプレエリア】【ステージコンテンツ】などを予定。今回同時に発売される、マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トム・ウィルソン各氏のバーチャルサイン会については有料の【セレブエリア】コンテンツとなるため、バーチャルサイン会に参加を希望される方は、こちらの有料エリア入場券の購入も必要となりますので注意してほしい。

■有料エリアの詳細について:
・細かな規約などに関しては、東京コミコン公式サイトにて発表されますので、そちらをご確認ください。
■マイケル・J・フォックス氏のバーチャルサイン会について:
・同氏のバーチャルサイン会チケットを購入された方は、直筆サイン入りポートレート(選択可)をお送りいたします。
・サインをしている模様は「Tokyo Comic Con World」の有料エリア(セレブエリア)にて公開予定です。ただ同氏の健康上の理由から内容が変わることがあります。ご了承ください。
・同氏との会話は出来ませんので、ご注意ください。

 

※注意事項※

現在、サイン会参加が決まっているマイケル・J・フォックス氏、クリストファー・ロイド氏、リー・トンプソン氏、トム・ウィルソン氏以外にも、セレブゲストの参加交渉を行っております。今後の追加情報は、決定次第随時ご案内させていただきます。また、開催に向けてオフィシャルサイトにも最新情報を順次アップデートしてまいります。

※コロナウイルスなどの影響により、開催の中止または延期となる場合がございますのでご注意ください。

 


 

■東京コミコンとは
最高のテクノロジーと最高のポップ・カルチャーが融合した日本の新しいコミコンの誕生!
マーベル・コミックスの編集長を長年務め、自らスパイダーマン、アイアンマン、X-メン、ブラック・ウィドウなど数多くのキャラクターを生み出し、アメリカのコミックス業界に大きな変革をもたらした「ポップ・カルチャーの父」スタン・リー、アップル共同創業者の一人で「テクノロジーの王」といわれているスティーヴ・ウォズニアックとの出会いが、「東京コミコン」の始まりです。
最新のテクノロジーと最高のポップ・カルチャーを融合させたコミコンを当初はウォズの住むシリコンバレーで開催し、真にグローバルな祭典にしたいというウォズの意向があり、「そうであれば日本を巻き込まなければならない」と東京での開催を決定。そして、2016年12月「東京コミコン 2016」として実現され、大盛況の内に幕を閉じました。
「シリコンバレーコミコン」と対をなす「東京コミコン」は、アメリカンスタイルをベースとしながらも、テクノロジーとポップ・カルチャーの祭典として、既存のコミック・映画・アニメーションあるいはゲームショーなどのイベントとは一線を画し、革新性と楽しさを共有する空間を創出。ファミリー層からご年配の方まで、全世代を通じて楽しんでいただける知的好奇心を刺激するイベントです。
本年も第5回「東京コミコン 2020」の開催が決定、年々バージョンアップしていく東京コミコンに是非ご期待ください。

【開催概要】
■名称: 東京コミックコンベンション 2020 (略称:東京コミコン 2020)
■会期:
<オンライン>
・2020年12月4日(金)12:00~24:00
・2020年12月5日(土)00:00~24:00
・2020年12月6日(日)00:00~18:00
<会場からの中継>
・2020年12月5日(土)12:00~20:00
・2020年12月6日(日)10:00~18:00
■会場:オンライン(一部中継先で幕張メッセを予定しております。)
■主催:株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
■イベント内容:
・国内外映画、コミックなどの最新情報公開
・企業出展(限定・先行商品の販売、グッズの展示など)
・実際に映画で使用されたプロップや、レアグッズの展示
・最新技術を使った様々なコンテンツの体験
・海外セレブ俳優とのオンライン交流
・ステージでのライブパフォーマンスのライブ配信
・コスプレイヤーのオンライン交流、コンテスト
・漫画家やアニメーターの作品展示や販売、「アーティストアレイ」

※新型コロナウイルス感染拡大の状況次第で、変更の可能性があります。