『アークナイツ- 明日方舟 -』シングル「Renegade(レネゲード)」がハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワードにノミネート!


アプリゲーム『アークナイツ – 明日方舟 -(以下、アークナイツ)』のシングル「Renegade(レネゲード)」がハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワードにノミネートした。

 

ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワードにノミネート!?

『アークナイツ』の人気キャラクター「W」のイメージソング「Renegade(レネゲード)」が、2020年ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワード(HMMA賞)ビデオゲーム部門の最優秀オリジナルソングにノミネートされた。

 

『アークナイツ』が歩むユニークな音楽の道

スマホゲーム市場の熾烈な競争の中で、独自のアートスタイルを持つゲームとして、『アークナイツ』は常に愛するものに忠実であろうとしている。音楽においても、完璧をもとめ、本ゲームの中でも非常に重要な要素となっている。ゲーム独自の世界観やキャラクターの豊かさを音楽で表現するために、『アークナイツ』では、楽曲など、多彩なスタイルのインディーズシングル全38曲を全世界でリリース。日本の著名なミュージシャンである横山克氏による魂を清める映画音楽をはじめ、ラテン讃歌、フォークスタイル、ラップ/ヒップホップ、有名DJとのコラボレーションによるEDMなど、ゲームのプロットやキャラクターにイメージしながら、『アークナイツ』は固有概念を突破しつつゲームという概念にとらわれないスタイルであろうとしている。

「Renegade(レネゲード)」のノミネートと評価

『アークナイツ』は、HMMA賞ビデオゲーム部門で唯一のモバイル製品として最優秀オリジナルソング賞にノミネートされた。このような世界的に有名なゲームと同時に海外のプロ音楽賞にもノミネートされたことは、業界やユーザーを驚かせ、ノミネートのニュースが出ると多くのゲームニュースメディアやセルフメディアが報道、全世界のプレイヤーコミュニティではノミネートに驚きの声があがるなど、活発な議論が交わされたこともあった。今回のノミネートは『アークナイツ』の音楽が高く評価される証として、プレイヤーたちに誇りを持たせた。受賞曲「Renegade(レネゲード)」は初公開後、動画プラットフォームで300万回以上の再生回数を記録し、YouTubeでは200万回近くの再生回数を記録。

『アークナイツ』音楽の道の未来

『アークナイツ』の世界にはこれからまだ多くの物語が展開していく中、制作チームによるゲームと音楽の追求はここで止まることはありません。制作チームは粘り強く探求と革新を続けることで、何度もプレイヤーに驚きを与え、プレイヤーの共鳴を深く探求し、プレイヤーの二次創作へのインスピレーションを刺激し、カラフルで独特なアークナイツの世界を見せられるように引き続き努力していきたいと考えている。

ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワードとは

カリフォルニア州ロサンゼルスで毎年開催されているハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワード(HMMA賞)は、ハリウッドの音楽業界を代表する重要な賞であり、音楽部門のゴールデングローブ賞やアカデミー賞の重要な基準となっていいます。選考委員会は業界関係者で構成され、CM、短編映画、ビデオ、ゲーム、映画などの映像メディアで優れた音楽作品を選考されます。

 

 


【作品概要】

■名称:アークナイツ – 明日方舟 –
■ジャンル:タワーディフェンス
■配信機種:iOS / Android
■配信時期:2020年1月16日
■料金形態:基本無料(アイテム課金)
■Webページ:https://www.arknights.jp/
■公式Twitter:@ArknightsStaff
■『アークナイツ- 明日方舟 –』プロモーションムービー:

■『アークナイツ – 明日方舟 -』とは:
天災がもたらした謎多き鉱石「源石(オリジニウム)」の影響により、世界各地で鉱石病という病が発生した。それにより現れた特異体質者たちを巡る戦いを描いた本格タワーディフェンスゲーム。壮大で圧倒的なスケールの世界観を美しいイラストと豪華声優陣によるキャラクターたちが彩ります。

(C)2017 Hypergryph Co., Ltd.(C)2018 Yostar, Inc. All Rights Reserved.