ナショナル ジオグラフィックが贈る冒険譚「ザ・スパーク:探求の旅へ」特別インタビューレポート!


ナショナル ジオグラフィックは、YouTube の<ナショナル ジオグラフィック>公式チャンネルにてオリジナルコンテンツ「THE SPARK:WHERE EXPLORERS BEGIN (ザ・スパーク:探求の旅へ)」の最新作2本が2021年10月9日(土)20:00と16(土)20:00にそれぞれ配信開始する。今回はその出演者に特別インタビューしたのでお伝えしていこう。

 

貴方の好奇心の扉は、ここから開く

今回はナショナル ジオグラフィックのYouTubeチャンネル<ナショナル ジオグラフィック>公式チャンネルにて2021年10月9日(土)20:00と16(土)20:00にそれぞれ配信開始予定のオリジナルコンテンツ「THE SPARK:WHERE EXPLORERS BEGIN (ザ・スパーク:探求の旅へ)」の出演者であり探検家でもあるアルバート・リンさん、ハリウッドでも活躍する女優のすみれさんと元 IT エンジニアという異色の経歴をもつアイクぬわらさんの3名に番組の見どころなどを伺った。

 

探検家に聴く番組の魅力

最初は探検家のアルバート・リンさんに色々と質問してみた。当サイトからは技術的な見どころなどを聴いてみたので紹介していこう。

質問:アルバート、そもそも「ザ・スパークはどういうアイデアをもとに制作されたのですか?「スパーク」とは何なのですか?

アルバート:「スパーク」とは、まさに言葉通り、「火花」のことだと思います。炎の火花、火の粉ですね。そして、私たちはみな、自分の中に探求心を持っているわけですが、探検家としてその炎に火を付け、好奇心のスイッチを入れるべきだと思います。それがナショナル ジオグラフィックの真の役割です。好奇心。そして、自分の中でその炎が燃え上がり、火花が生じたら、あなたはどこへでも行き、何でも見ることができる。さらに歩みを進めて極限の世界、未知の世界へも行くことができるのです。それが人間を前進させてくれるのです。それが「ザ・スパーク」の示すものです。

質問:ナショナル ジオグラフィックの探検家たちは、具体的には何をしているのですか?彼らは何者なのですか?

アルバート:ナショナル ジオグラフィックの探検家は、探検というレンズを通して世界を見ている様々な人たちです。探検といっても、自然保護、持続可能性、人類の歴史の新たな部分の発見、未知の世界への挑戦など、さまざまです。人間とは何者かをとことん突き止めようとしているのだと思います。それがナショナル ジオグラフィックの探検家です。

サイトから質問が出来たので、今回は番組中の舞台となる場所にある数々の謎をクラウドソーシング、ドローン、地中レーダー探査、LiDAR(光を用いたリモートセンシング技術)、AR(拡張現実)などハイテク技術の力を借りて調査し番組に活用した、と言う事だったのでこんな質問をしてみた。

質問:アルバート、あなたはもちろん技術者なので、ドローンや衛星など、たくさんの技術を使っていますね。しかしこのショー、「ザ・スパーク」の最も驚くべき技術的な点は何ですか。

アルバート:そうですね、今、起きているこのことが信じられないほど素晴らしいですね。このショーのまさにこの瞬間の体験は、これまで一度も味わったことがありません。私は今、文字通り身体はロサンゼルスにいますが、心や気持ちは東京のあなたの横にいます。すごい、まったくすごいことです。想像もできません。この信じられないような新しい形の語りや映画製作の技術のおかげで、心の中では東京にいるあなたの隣に立っているような気がしています。私たちの使っているこの途方もない方法では、カメラ技術によってレンズの視点とともに動いたり移動したりする背景を生み出し、実際にそこにいるように感じることができます。同時に、グリーンスクリーンのリアルタイムインプレッションをその世界にストリーミングし、私が実際にあなたの隣に立ち、あなたが私の隣に立っているように合成しています。すごいですね、まるでテレポートしているみたいです。文字通りテレポートしているのです。これは、ひとつの技術革新における時間と空間の最先端領域といえるでしょう。

この日はオンラインミーティング形式と言う事で、アルバートさんらはアメリカから、各社はオンラインでそれぞれの職場からインタビューを行っていた為、このような回答となった。質問の回答でもある通り、今回は視聴者を引き込むような映像が一つの楽しみとなっている。特にARによる遺跡の再現などはワクワクしてしまうだろう。最後は、この先アルバートさんが探検したい場所について質問した。

質問:どうしても探検してみたい具体的な場所はありますか。日本はもちろんとして、次のプロジェクトではどこに行きたいですか。

アルバート:日本でない場合、つまり日本以外のどこかを言わなければならないとおっしゃるわけですね。私は本気でそう言っているのですが・・・日本に行きたい気持ちは本当なんですよ。しかしまあ、そうですね、世界中には、行きたい場所がたくさんあります。これまでジャングルで多くの時間を過ごし、楽しかったですが、他にも探検すべきジャングルはたくさんあります。ジャングルで虫に刺されたところは、まだ回復していないので、行くなら標高が高く、寒くて雪が降るような場所、北極圏などにまた行ってみたいですね。1万年前の人々の遺跡が海辺の石に刻まれているのを見て、本当にすごいことだと思いました。それらの彫刻を見るだけで、私たちの深い古代史の一部に触れたと言ってもいいでしょう。信じられないくらい素晴らしいですね。あそこへまた行ってみたいと思います。また、中東にも何らかの理由で実際に行けなかった地域がたくさんあります。過去のさまざまな物語を知れば知るほど、あちこちに行ってみたくなります。ですから、まだ様子見なのですが、現在、かなり大胆な冒険が計画されていて、今その準備をしているところです。ですから、今後もまだまだたくさんの探検ができるでしょう。

さて、実際の番組ではいったいどんな場所でどのような探検を行い、新たな発見はあるのか!? 最後はアルバートさんより番組を見る視聴者様へのメッセージを頂いたので掲載しておこう。

アルバート:私たちが「ザ・スパーク」で伝えようとしている主要なメッセージは、「探検家はあなたの中にいる」ということだと思います。それは私たちみんなの中、心の中、DNAの中に存在しているのです。そして、「火花」というのは、燃料に火をつけ、私たちの内なる炎を起こすことです。しかし、その炎はすでに燃えています。それがあなたの好奇心です。好奇心と目的が結びつくと、さらに先へ、さらに遠くへ、既知の世界を越えたところへ進むことができます。それが人間の原動力となってきました。しかし、その行動には責任が伴います。私たちは将来に目を向け、こう言わなければなりません。私たちはこの世界をよりよい場所にしたい、この世界に住むすべてのものと共存していきたいのだと。ですから私にとって「ザ・スパーク」は、人間としての基本的な姿の一部であるといえましょう。このショーが他の人にも少しでもインスピレーションを与え、自分の中の炎を見つけるのに役立てられれば、世界はよりよい場所になっていくでしょう。その火、人類の持つその火、善意と目的を持った好奇心こそが、この世界をよりよい場所に変えることができるからです。

続いて女優のすみれさん、アイクさんのお二人にインタビューとなった。お二人は今回「ザ・スパーク:探求の旅へ」では案内人としてアルバートさんと共に番組を進めていく。お二人には番組の魅力などを伺った。

質問:今回は、アルバートさんがこれまでに行ってきた探検・冒険の世界へ一緒に旅をされるストーリーでしたが、様々な場所へ行かれて(ご覧になられて)いかがでしたでしょうか?感想をお聞かせ下さい。

アイクさん:アメリカから日本にやってきたことが僕の中では冒険ですけど、日本にいたままでテクノロジーを使っていろんな国に冒険が出来るというのはお腹いっぱいというか、すごすぎるんですよね!お腹いっぱいですよ、良い意味で(笑)これからどんどんテクノロジーが進化したら、どこまでいけるのか?宇宙まで行けるんじゃないか?アルバートさん本当にすごいなと思います。

すみれさん:本当にアルバートさんのパッション・思いがすごく伝わりましたし、最新技術で一緒の場所に立って冒険をするっていうのが現実になったっていうのがすごい驚きですし、スクリーンで日本とアメリカを繋げることがこれからも出来るんじゃないかなと期待しています。

お二人にも当サイト的には「ザ・スパーク:探求の旅へ」で使われた技術的な魅力が聴いてみたく質問をしてみた。アイクさんからは、昔の寺院などを再現するのにGPSロケーション技術が使われていて映像として凄い部分を見てほしい、とのコメントを頂いた。すみれさんからはイスラエルの回で、何もない所からAR技術を使って当時を再現してしまう映像がすごいので見てほしいです、との話だ。最後に番組視聴者様へのメッセージを頂いたので紹介していこう。

アイクさん:とりあえず、とんでもないテクノロジーが出来たので心の準備をしておいてください。まじで驚きます。最新すぎて、本当に驚きますから楽しみにしてほしい。このテクノロジーで家にいるだけで冒険が出来るから本当に素晴らしいです。

すみれさん:いろんな事を楽しく見ながらもすごく勉強になるという良さがあるので、ただぼーっとテレビを見るより、テレビを見ながら勉強も出来る、自分磨きが出来るという意味でも素敵だなという番組です。本当にこの技術も是非日本の皆様に見てもらいたいですし、アルバートさんの冒険を見たら感動すると思います。

今回のインタビューで番組の魅力が少しでも伝わっただろうか? アルバートさんの作り出す探検家視点の映像、そしてナビゲーターのすみれさん、アイクさんのお二人が語る魅了される番組の魅力、それぞれ楽しみだ。番組はナショナル ジオグラフィックのYouTubeチャネル<ナショナル ジオグラフィック>公式チャンネルにて配信予定だ。今回の番組はオリジナルコンテンツ「THE SPARK:WHERE EXPLORERS BEGIN (ザ・スパーク:探求の旅へ)」として2021年10月9日(土)20:00と2021年10月16(土)20:00にそれぞれ配信開始となっている。あなたの好奇心の扉、開いてみよう!

 


【番組概要】

■タイトル:THE SPARK:WHERE EXPLORERS BEGIN(ザ・スパーク:探求の旅へ)
■放送媒体:YouTube の<ナショナル ジオグラフィック>公式チャンネル
■チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UC1N2_2vCoyd3EvGcVuwTfmw
■配信日:2021年10月9日(土)20:00と16(土)20:00にそれぞれ配信開始
■イントロダクション:
ナショナル ジオグラフィック エクスプローラー 、彼らの旅の始まり…
日々の暮らしを忘れて人生を楽しみたいと感じたとき、エクスプローラー(探求者)の言葉に耳を傾けてみよう。
その言葉に誰もが本物の興奮に出会うはず。
「失敗を恐れず、前へ前へと突き進む」 自然の驚異や科学の可能性
エクスプロ―ラー達は、何に触発され未知の世界へ突き動かされたのか?

THE SPARKは、ナショナル ジオグラフィック エクスプローラーたちの夢とその歩みが語られるプロジェクト。
そして私たち自身が、本能を取り戻したかのように楽しめる場所。
さぁ一緒に探求の旅へ出かけよう!

■番組概要:
古代遺跡の発見や深海探査はもちろん、人類の起源そして地球環境の未来まで未知の領域に光を当て、多くの発見を成し遂げる、ナショナル ジオグラフィックが支援するエクスプローラー達、世界を牽引する彼らが、その取り組みや原動力、そして未来を語るプロジェクト。今回はナショジオ公式YouTubeにてオリジナルコンテンツを配信。
ナショナル ジオグラフィック エクスプローラーのひとり、アルバート・リン。彼は最先端のハイテク技術を使って古代の謎を解明する探検を行ってきた。その世界に足を踏み入れるのは、女優・歌手のすみれと元ITエンジニアという異色の経歴をもつ米国人お笑い芸人のアイクぬわら。ふたりがバーチャル空間でつながった米国のアルバート・リンと対話。彼の案内で冒険の旅に出掛ける。