“奴ら”が、ブッ飛びのシーズン3でPrimeVideoに帰って来る!エミー賞ノミネートの世界中大ヒット『ザ・ボーイズ』シーズン3が2022年6月3日(金)よりPrimeVideoで独占配信開始決定!


Prime Videoでは、エミー賞5部門ノミネートの大人気ドラマシリーズ『ザ・ボーイズ』待望のシーズン3を2022年6月3日(金)から、240を超える国と地域でPrimeVideoにて独占配信すると発表。2022年6月3日に最初の3話が一挙配信開始され、その後は毎週金曜日に新エピソードを配信。2022年7月8日にシーズン・フィナーレとなる第8話が配信予定となっている。

 

『ザ・ボーイズ』シーズン3が配信決定!

神のように尊敬され、セレブリティやインフルエンサー的人気のスーパーヒーローたち。そんな彼らが私利私欲の為にスーパーパワーを乱用したら? という意表を突くストーリーの『ザ・ボーイズ』。そんな腐りきったスーパーヒーローたちを阻止する為に、正しい信念だけで立ち向かう自警団的なグループ“ザ・ボーイズ”たちが立ち上がる。

特殊能力を持たない“ザ・ボーイズ”たちはそれでも、スーパーヒーローたちとその管理会社でヒーローたちの悪事を秘密裏に処理し続けている数十億ドル規模の大企業であるヴォート社の秘密を暴くために、自分たちの正義を信じて戦い続ける。シーズン3のキャストは、カール・アーバン、ジャック・クエイド、アントニー・スター、エリン・モリアーティ、ドミニク・マケリゴット、ジェシー・T・アッシャー、ラズ・アロンソ、チェイス・クロフォード、トマー・カポン、福原かれん、ネイサン・ミッチェル、コルビー・ミニフィ、クラウディア・ドゥーミット、そして日本でも大人気のジェンセン・アクレスも今シーズンで加わる。

『ザ・ボーイズ』はニューヨーク・タイムズのベストセラーリストにも入った、ガース・エニスとダリック・ロバートソン原作のコミックを元に、彼らを製作総指揮にも迎えて、エリック・クリプキが製作総指揮/クリエイターとしてドラマ化したシリーズだ。製作総指揮には他にもセス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ、ジェームズ・ウィーヴァー、ニール・H・モリッツ、パイヴァン・シェティー、フィル・スグリッシア、クレイグ・ローゼンバーグ、ケン・F・レヴィン、ジェイソン・ネッター、ポール・グレロング、デヴィッド・リード、メレディス・グリン、そしてミカエラ・スターが名を連ねる。

『ザ・ボーイズ』はAmazon Studiosと Sony Pictures Television Studios、そしてKripke Enterprises、Original Film、Point Grey Pictures により製作。

意味深なショート動画も公開!

今回の『ザ・ボーイズ』シーズン3配信開始日決定に合わせて、Prime Video公式YouTubeで意味深なショート動画も公開。ヴォート社の中にある、スーパーヒーローの頂点に君臨する“セブン”たちの会議室でカメラのフラッシュを浴びて笑顔を振りまくホームランダーとスターライト。カメラが徐々にホームランダーの顔にズームインしていくと急に笑みを消すホームランダー。最強にして最も腐りきったスーパーヒーローである彼は今度は一体何を企んでいるのか!? 血みどろでお下劣、そしてR18指定でカルト的人気を誇るドラマシリーズ『ザ・ボーイズ』の最新シーズンに是非期待したい。

 


『ザ・ボーイズ』シーズン3 概要

・Prime Videoにて2022年6月3日(金)独占配信開始。全8話。
初回3話一挙配信、以降毎週金曜日に1話ずつ配信、最終話は2022年7月8日(金)配信
・ショート動画(公式 YouTube)

 

【Prime Videoにて絶賛独占配信中『ザ・ボーイズ』作品ページ】
・シーズン1:https://www.amazon.co.jp/dp/B08BYJL8KY
・シーズン2:https://www.amazon.co.jp/dp/B08GP62PD4

 

 


Prime Videoについて

Prime Videoは、映画からドラマ、バラエティ、アニメなどのテレビ番組まで、豊富な作品をお客様にご提供しています。また、全ての作品を、数百もの対応デバイスでご覧いただけます。

  • プライム会員特典:Prime Videoでは、日本Amazon Original作品『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』、『ザ・マスクド・シンガー』、『戦闘車』、『誰かが、見ている』、『No Activity/本日も異状なし』、Amazon制作の『バチェラー・ジャパン』、『バチェロレッテ・ジャパン』、Amazonスタジオ制作によるAmazon Original映画『トゥモロー・ウォー』、『星の王子 ニューヨークへ行く 2』、『シンデレラ』や、第93回アカデミー賞で音響賞と編集賞を受賞した『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』、第78回ゴールデングローブ賞で2つの賞を獲得した『続·ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』や、アカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされた『あの夜、マイアミで』、Amazon Original作品の『ザ・ボーイズ』、『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』、エミー賞受賞作品である『マーベラス・ミセス・メイゼル』や『Fleabag フリーバッグ』、やその他人気作品『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』、『王様ランキング』、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』、『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』や『ゴジラ キング・オブモンスターズ』を含む対象の人気映画やテレビ番組をご覧いただけます。
  • Prime Videoチャンネルでより多くのコンテンツを:プライム会員はdアニメストアfor Prime Video、NHKオンデマンド、韓国ドラマ・エンタメChannel K、GOLF TVなど53チャンネルを別途のアプリやチューナーを使わず視聴できます。1チャンネルから登録でき、いつでもキャンセルすることが出来ます。視聴できるチャンネルのリストはhttp://www.amazon.co.jp/channelsをご参照ください。
  • レンタルおよび購入:Amazonをご利用されるお客様は、新作の映画やテレビ番組をオンデマンドでレンタルまたは購入いただけます。
  • どこでも視聴:ご自宅でも外出先でも、数百に及ぶ対応デバイスでお好きな作品を視聴いただけます。ウェブサイトでストリーミングできるほか、Prime Videoのアプリをご利用いただければ、対応するスマートフォン、タブレット、ケーブルテレビ用端末、ゲーム機器、スマートTVなどで視聴いただけます。ご利用いただけるデバイスのリストは、http://www.amazon.co.jp/gp/video/getstarted/をご参照ください。
  • プレミアムな特長:4KウルトラHDやHDRに対応したコンテンツをお楽しみいただけます。インターネット・ムービー・データベース(IMDb)と連携し、登場人物や地名など、作品に含まれる主要キーワードを、付帯情報とともに紹介するX-Ray機能を使えば、気になる映画やテレビ番組の舞台裏までご覧いただけます。モバイルデバイスにダウンロードすればオフラインでも視聴いただけます。(*コンテンツによってはダウンロードできない場合があります。)

Amazonプライムで暮らしをもっと快適に。

「Amazonプライム」はお買い物やエンターテインメントなどの多様な特典を提供する会員制プログラムです。世界で2億人を超えるAmazonプライム会員の皆様に、さまざまな特典やサービスをお楽しみいただいています。4,900円(税込)の年会費または、500円(税込)の月会費でご登録いただけます。数千万点の対象アイテムに対して、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、Prime Videoの会員特典対象コンテンツの視聴や、広告なしで200万曲が聴き放題のAmazon Music Prime、Prime Reading、Prime Gaming、プライム・ワードローブ、世界各国で開催されているプライムデーといったプライム会員限定セールなど増え続ける多様な特典をご利用いただけます。プライムの詳細と30日間の無料体験はwww.amazon.co.jp/primeから。

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1 Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメントby Amazon FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindleダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Outtechnology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom(http://amazonpress.jp)およびAbout Amazon(http://www.aboutamazon.jp)から。