『エスタブライフ グレイトエスケープ』逃げて、逃げて、逃げまくる!逃げたい迷い人に救いの手を差し伸べる、クセつよ「逃がし屋」5人組キャスト発表!


谷口悟朗オリジナル企画『エスタブライフ』は、魔改造された「東京」を舞台に、TVアニメ・スマートフォンゲーム・映画と、様々な物語を繰り広げてゆく世界だ。今回はTVアニメ『エスタブライフ グレイトエスケープ』に関して情報が届いたので紹介していこう。

 

TVアニメ『エスタブライフ グレイトエスケープ』とは?

TVアニメ『エスタブライフ グレイトエスケープ』は、谷口悟朗によって魔改造された「東京」が舞台となり、監督を『ご注文はうさぎですか?』などのゆるく可愛らしい女の子たちの日常描写に定評のある橋本裕之が務め、シリーズ構成・脚本を『フルメタル・パニック!』の賀東招二が担当し、2022年4月よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて放送予定のTVアニメだ。

この度メインキャストを発表! 個性豊かな「逃がし屋」のリーダー・エクアに嶺内ともみ、運動能力抜群の早撃ちガンウィザード・フェレスに高橋李依、スライム人間のマルテースに長縄まりあ、オジサンAIロボット・アルガに速水奨、わんしか口に出せない狼の獣人ウルラには三木眞一郎が決定した。そして、コメントも到着!

「逃がし屋」とは、街が分断され、自由に行き来できなくなった東京で、別の街へ逃げたい人を「逃がす」者たち。逃げたい人たちから依頼を受けると、あらゆる方法を駆使して追手の裏をかき、本来は不可能である街の移動を成し遂げる。エクア、フェレス、マルテースの3人は、表の顔は普通の女子高生。時には体を張りながら、悩める人を救済していく。

「逃がし屋」ビジュアルと、ティザーPVも公開! PVでは、「逃がし屋」のキャラクターボイスが初披露。他にもヘンテコな東京の街並みや、ペン人などの様々な人型人種が登場する。

 

「逃がし屋」キャラクター紹介&キャストコメント到着!

【エクア(CV.嶺内ともみ)】

主人公。17歳。常人(?)。御茶ノ水大学園都市を本拠にする「逃がし屋エクストラクターズ」のリーダー。表の顔は喫茶店「ボストーク」を切り盛りしながら学校に通う高校生だが、過去の経歴は一切不明。いつも女神のような笑顔で、ポジティブマイペース。

嶺内ともみ コメント

エクア役の嶺内ともみです!
『逃がし屋』のお話、という事でどんな人を逃がすのだろうと毎話ドキドキしながら台本をめくっていました・・・!
様々な展開が発表されていますが、このTVアニメ「エスタブライフ グレイトエスケープ」では、皆さんにエスタブライフの世界観が伝わったら嬉しいです。
5人の可愛いやりとりや、逃がし屋としての絶妙なチームワークにも注目です!笑

 

【フェレス(CV.高橋李依)】

17歳。魔族。逃がし屋の前線担当。運動能力抜群の早撃ちガンウィザード。表の顔は高校生でエクアの同級生。一見強気な性格に見えるが、押しに弱く、結構照れ屋。

高橋李依 コメント

今作はチームごとの分散収録でしたが、とっても空気のいい座組みで、毎回のプレスコが本当に楽しく幸せな時間でした!
登場キャラクターも、個性的な人?たちしかいなくて(笑)。
毎話、関われて嬉しいなとほくほくした大好きな作品です。
ぜひ、頭を空っぽにして、エスタブライフの世界へ一緒に「逃げ」ちゃいましょう!

 

【マルテース(CV.長縄まりあ)】

16歳。群人(スライム人間)。逃がし屋では工作や戦闘を担当。表の顔はエクアとフェレスの後輩女子高生。明るくからっとしていて、元気で賑やか。エクアが大好きでエクアがすべての判断基準。

長縄まりあ コメント

マルテースで喋るのがすごく楽しいのに、プレスコ収録ということで、自由奔放に喋れてもっともっと楽しかったです!もちろん皆さんとの掛け合いも!完成して動くキャラクター達を見るのが今からワクワクです!独特なエスタブライフの世界を楽しみに待っていてください!

 

【アルガ(CV.速水奨)】

オジサン臭いAIロボット。逃がし屋の技術、戦術サポートを担当。内部にはミサイルやレーザー銃、便利道具などが格納されている。普段は喫茶店「ボストーク」の給仕ロボとして働いている。

速水奨 コメント

あれ?僕でいいの?と思いつつ、あのルックスに惹かれ、ウズウズしましたね。
ストーリーとキャラクターが、破天荒でユニークなので、全編お見逃しなく!

【ウルラ(CV.三木眞一郎)】

狼の獣人。逃がし屋の前衛担当。狼男の超回復や、脅威の身体能力と二刀流で近接戦闘を行う。普段は喫茶店「ボストーク」の給仕兼番犬。チームで一番の常識人。義理堅く紳士的でもあるが「わん」しか口に出せないので、それが伝わることはない。

三木眞一郎 コメント

いただいた役の名前が「ウルラ」。
さっそく資料に目を通し、台本を読ませていただきました。
そこにあった台詞は「ワン」もしくは「ワンワン」…。
いろいろと考え、現場で相談させていただきながら収録させていただきました。

プレスコだから出来たコトも多くあり、
かつ、速水さんとの(ある意味)コンビなのも嬉しかったです。

 


【谷口悟朗オリジナル企画『エスタブライフ』概要】

イントロダクション

『エスタブライフ』の世界とは──

遠い未来の時代。世界人口がピークを迎え、減少傾向に転じていた。
人類は種の繁栄のため生態系を管理するAIを作り、「人類の多様化実験」を実行。
常人・獣人・魔族などの遺伝子改造による「多様な人種」と、
壁に囲まれた「クラスタ」と呼ばれる「多様な街」を創造した。

数多存在する「クラスタ」は、それぞれ独自の文化を有し、そこに適正をもつ人類が生活している。
そして、滅びることが無いよう、常にAIに管理されながら暮らしているのである──。

谷口悟朗オリジナル企画『エスタブライフ』。
魔改造された「東京」を舞台に、TVアニメ・スマートフォンゲーム・映画と、様々な物語を繰り広げてゆく。


TVアニメ『エスタブライフ グレイトエスケープ』

■放送・配信情報:2022年4月よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて放送予定
※放送・配信日時は予告なく変更になる可能性がございます。

■公式サイト:https://establife.tokyo/
■公式Twitter:@establife

 

ストーリー

「生きるのがツライ? なら逃げちゃえばいいんですよ」

ずっと先の未来。人間はそれまでの姿形だけでなく、獣人・サイボーグ・魔族など多様な姿を持つようになった。東京の街は、AIが管理する高い壁に囲まれた数多の地域「クラスタ」となり、自由な行き来をやめ、それぞれが独自の文化・常識を育んだ。人々は、自らが生まれたクラスタの常識を基準に幸せな人生を送る。

しかし、なかには自らのクラスタに適応できない者も現れる──。
そうした人々を、別のクラスタへと「逃がす」ことを生業にする者たちがいる。
「逃げたい人」たちから依頼を受け、あらゆる方法を駆使してAIの裏をかき、本来は不可能であるクラスタ間の移動を成し遂げる者たち──「逃がし屋」。

逃げて、逃げて、逃げまくる!!
逃げたい人をお手伝いする、5人の逃がし屋たちの物語──!

■原案・クリエイティブ統括:谷口悟朗
■監督:橋本裕之
■原作:SSF
■シリーズ構成・脚本:賀東招二
■キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
■コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
■音楽:藤澤慶昌
■企画・プロデュース:スロウカーブ
■アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
■キャスト:
エクア:嶺内ともみ
フェレス:高橋李依
マルテース:長縄まりあ
アルガ:速水奨
ウルラ:三木眞一郎


スマートフォンゲーム『エスタブライフ ユニティメモリーズ』

■原案・クリエイティブ統括:谷口悟朗
■原作:SSF
■制作:スクウェア・エニックス


劇場アニメ『エスタブライフ リベンジャーズロード』

■原案・監督・脚本:谷口悟朗
■原作:SSF
■企画・プロデュース:スロウカーブ
■アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

 

(C)SSF/エスタブライフ製作委員会