『ホット・ゾーン:アンスラックス』が日本初放送! 9.11アメリカ同時多発テロ事件から1週間後全米を震撼させた実在のバイオテロ事件をドラマ化!


全国のケーブルテレビおよびスカパー!などで放送中のドキュメンタリー専門チャンネル、ナショナルジオグラフィックは、感染症の恐怖を描いたドラマ『ホット・ゾーン』シリーズの第2弾『ホット・ゾーン:アンスラックス』全6話を日本初放送することに決定! 二か国語版は2022年2月22日(火)22:00より、字幕版は2022年2月23日(水)20:00よりお届けする。

 

1通の手紙。それは、驚異の始まり―。科学を武器に立ち向かうFBI捜査官の執念

今回、二か国語版と字幕版が日本初放送となる『ホット・ゾーン:アンスラックス』は、世界中に衝撃を与えた9.11の出来事からわずか1週間後、炭疽菌が入った手紙がフロリダ、ワシントンD.C.、ニューヨークのメディアや政治家のオフィスに送られ、5人の命が奪われた実際の炭疽菌テロ事件を基にしたリミテッド・シリーズ。米国を大きなパニックに陥れた犯人を突き止めるべく、科学を武器に、冷静な判断で一歩一歩、容疑者に近づいていくFBI捜査官たちの執念と葛藤を描く。実際の事件終結までおよそ8年かかり、当時のニュースでは見られなかった事件の背後にある興味深い多くの事実も緊迫感溢れる全6話の中で語られる。

本作の見どころは、主演のダニエル・デイ・キムやトニー・ゴールドウィンを始めとする実力派俳優たちの卓越した演技や、韓国系アメリカ人のダニエル・デイ・キムを起用した多様性のあるキャスティング、事件の2年半後に突入するイラク戦争との関係性、アメリカでは誰もが知っている著名人がキャラクターとして登場すること。さらに、豪華な製作陣にも注目! 脚本とエグゼクティブ・プロデュースは、ケリー・サウダース(「アンダー・ザ・ドーム」)とブライアン・ピーターソン(「ヤング・スーパーマン」)。そして、言わずと知れたハリウッドを代表する巨匠リドリー・スコット(「エイリアン」、「ブレードランナー」)や、ベテラン・プロデューサーのリンダ・オブスト(「めぐり逢えたら」、「インターステラー」)がエグゼクティブ・プロデューサーとして参加。ハリウッドの一流スタッフの手で、全米を震撼させた炭疽菌テロ事件の真実がついに明かされる。

■番組公式サイト:https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2990

 

注目のドキュメンタリーシリーズの日本初放送に向けて、予告編映像を公開

『ホット・ゾーン:アンスラックス』予告編 | ナショジオ

 

≪ダニエル・デイ・キム独占インタビュー≫

炭疽菌テロ事件の捜査を任命され、執念の追跡で犯人を追い詰めていくFBI捜査官のマシュー・ライカーを演じたダニエル・デイ・キムが日本の視聴者に向け独占インタビューに応じてくれた。ハリウッドで活躍しつづけ、長い俳優歴のある彼にとってドラマで主演を演じるのは今回が初となる。

【マシュー・ライカー】

微生物学を熟知するFBIでは異質の捜査官。事実を重視する科学的で緻密な捜査を得意とし、この事件が炭疽菌の仕業であることを、誰よりも早く察知する。白人男性で占められるFBIで数少ないアジア人として、また科学者としての経歴から部外者的意識を抱くライカーは、9.11の精神的トラウマに悩まされながらも、執念で犯人を追いつめていく。

ダニエル・デイ・キム

韓国生まれで、2歳の時にアメリカに移住。90年代初めから多くのテレビシリーズに出演し、2004年の『LOST』でキム・ユンジンの夫役を演じ俳優として大きくブレイク。2010年から『HAWAII FIVE O』でチン・ホー・ケリー役を7シーズン演じる。『ダイバージェント』シリーズや『ヘルボーイ』などの映画にも出演。ハリウッドで主役を演じられる数少ないアジア人俳優の一人である。

 

9.11のトラウマを抱えたFBI捜査官を演じられました。
とても複雑なキャラクターを演じるうえで、どんなことが最も大変でしたか?

自分のキャラクターが感じている重苦しさを考えないようにするのは、役者としての自分には難しいことでした。撮影していたカナダはとても長い間、完全にコロナでロックダウンしていたし、カナダは東京と同じように、冬の時期はとても寒いから仕事の後はどこにも出かけられませんでした。だから僕は、少し自分のキャラクターから脱け出す必要があったけど、それをする機会はありませんでした。それは、僕が彼と6か月間一緒に生きていたことも意味します(笑)。それはチャレンジでした。

マシューがこの犯人を捕まえるまで、とても長い時間がかかります。彼の執念はどこから出てくるのでしょう?

ライカーが人とは違うところからきていると思います。まず、何人かのFBI捜査官と話してみて、彼らはただの平均的な普通の人間ではないと知りました。彼らはクラストップの学生たちで、トップの大学に行くような、とても意欲的な性格です。それがFBI捜査官の一般的な気質です。ライカーはその伝統的な道をたどってきませんでした。彼は科学者だからすでにアウトサイダー(部外者)として思われていました。それと、彼はアジア人だったからです。僕のような見た目の人がFBIにいるのは、典型的ではありません。彼は、自分にはなにか証明しないといけないものがあって、それをやりたいと感じていたと思います。そのことが、この事件を解決する上でさらに大きな動機を彼に与えたと思います。

20年前にこの炭疽菌テロが起きた時、あなたはどのように感じて、どのように考えたかを教えてください。

9.11が起きた時、アメリカにいる僕らのほとんどは、その時どこにいて、そのニュースやタワーズ(世界貿易センター)が崩れたことを知ったか正確に覚えています。僕はロサンゼルスにいて、TV番組の仕事をしていました。そして、「アメリカで起きるなんてありえない」と心の中で思っていたのを覚えています。アメリカ本土では、このような攻撃は今までになかったから、炭疽菌テロが起きた時、「ちょっと待って。こういったことは今、定期的に起きていることなの?アメリカ人は攻撃されるの?」と感じました。メディアでは、国外からのテロだという考えがとにかく蔓延していました。だから、新しい時代の始まりのように感じ、この国での生活に恐怖を感じないといけませんでした。でもそれは実際、贅沢なことでした。過去の全ての戦争について考えた時、アメリカ国内で戦った戦争がいかに少ないか。アメリカ人はいつも、他国の地で戦うために、国外へ行きます。そのためテロによって多くのアメリカ人の物の見方を変えることになりました。

日本の視聴者へメッセージをお願いします。

日本にいる全ての僕のファンの皆さん、ありがとうございます! 僕は東京や日本のほかの街をよく訪れています。そして、いつも楽しく過ごしています。あなたたちが僕の番組や映画を見てくれることに、とても感謝しています。サンキュー!

 

【ブルース・イビンズ博士】

USAMRIID(アメリカ陸軍感染症医学研究所)に長年勤務している科学者で、炭疽菌研究の第一人者。イビンズは炭疽菌テロ発覚後、FBIの捜査に協力するも、不審な行動がライカーの目に止まり、事件の鍵を握る重要参考人となっていく。

トニー・ゴールドウィン

86年に俳優デビュー。その後、『ゴースト/ニューヨークの幻』『ペリカン文書』『ラスト・サムライ』といった話題作に出演。2012年から7シーズンにわたって出演した『スキャンダル託された秘密』のフィッツジェルド・グラント大統領役が当たり役となる。また、俳優以外に『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』『デクスター〜警官は殺人鬼』『スキャンダル』などで監督としても活躍。祖父は、MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)の前身となったゴールドィン・ピクチャーズの創始者で、映画史に残る大プロデューサーのサミュエル・ゴールドウィン。

 

 

ナショナルジオグラフィック『ホット・ゾーン:アンスラックス』

放送番組一覧

2022年2月22日(火) 22:00 第1話「ノーブル・イーグル作戦」(二)
2022年2月23日(水) 20:00 第1話「ノーブル・イーグル作戦」(字)
2022年3月1日(火) 22:00 第2話「地獄の煙突」(二)
2022年3月2日(水) 20:00 第2話「地獄の煙突」(字)
2022年3月8日(火) 22:00 第3話「郵便局員の悲劇」(二)
2022年3月9日(水) 20:00 第3話「郵便局員の悲劇」(字)
2022年3月15日(火) 22:00 第4話「手がかりは封筒」(二)
2022年3月16日(水) 20:00 第4話「手がかりは封筒」(字)
2022年3月22日(火) 22:00 第5話「ラッパムシ」(二)
2022年3月23日(水) 20:00 第5話「ラッパムシ」(字)
2022年3月29日(火) 22:00 最終話「RMR-1029」(二)
2022年3月30日(水) 20:00 最終話「RMR-1029」(字)

 

 


ナショナル ジオグラフィック(TV)とは

ナショナル ジオグラフィック(TV)は、空中都市マチュピチュ(1911年)や沈没したタイタニック号の発見(1985年)など、歴史に残る数多くの実績を有するナショナル ジオグラフィック協会を母体とし、あらゆる領域の“未知”へ挑み、次世代の“知”へと変えていく世界最高峰のドキュメンタリーチャンネルです。事実に基づき、エンターテイメント性を兼ね備えたコンテンツを創造し、より多くの人の知的好奇心を刺激し続けています。スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、IPTVなどでご視聴いただけます。

■公式サイト:https://natgeotv.jp/tv/
■YouTube:https://bit.ly/NatGeoYouTubeJP
■Twitter:@NatGeoTwitterJP
■Instagram::https://bit.ly/NatGeoInstagramJP
■Facebook:https://bit.ly/NatGeoFacebookJP