TVアニメ『エスタブライフ グレイトエスケープ』第9話の先行カットとあらすじを公開!


2022年6月1日(水)より、TVアニメ『エスタブライフ』第9話が放送開始! 街が分断され、自由に行き来できなくなった東京で、別の街へ逃げたい人を逃がす「逃がし屋」。第9話の見どころや注目キャラクターを紹介!

 

第9話「支配から逃げられない」

クラスタ自体が監獄である府中プリズン。ここではモデレータである所長による暴力と恐怖によって、受刑者たちが不当に支配されていた。そんな中、エクアたちが受けた依頼は、受刑者全員を逃がすこと。逃がし屋の面々は、府中プリズンに潜入するが――

 

舞台

第9話の舞台となるのは、「府中プリズン」。各クラスタでモデレータですら手がつけられない無法者が秘密裏に移送され、東京で唯一複数のクラスタ住人が混在している場所。街中に競馬場があり賭け事も盛んだ。

 

キャラクター/キャスト

第9話に登場する注目キャラクターは、ドキョー所長(CV.くじら)。
巨女型のサイボーグで、ドレッドヘアのいくつかの先端はカメラになっており、暴力と恐怖によって受刑者たちを不当に支配しています。

ドキョー所長役・くじらさんよりコメントが到着!

みなさん、ごきげんよう!ドキョー所長役のくじらです🐋
吠えて、叫んで、怒鳴りまくりましたよー
自分の野望のために悪行の数々をやりつくした感のドキョー
なんて酷いやつだ!!
そしてお約束の『悪の栄えた試しなし』
気持ちのいい悪役の典型をやらせて頂きまして本当にスカッと爽快でした。
どうか、ドキョー所長の爽快な悪役お楽しみくださいね!

 

第9話の見どころ

*今回の依頼は、なんと収監された受刑者全員!こんなにもの人数をどうやって逃がすのか!?
*どのクラスタよりも警備が厳重で、所長の目をかいくぐることはできるのか!?
*月に一度行われる「府中プリズン大競馬」にエクアが参加することに!2位以下なら刑期延長が課せられてしまうが、エクアは1位になれるのか!?

 

「逃がし屋」とは…

街が分断され、自由に行き来できなくなった東京で、別の街へ逃げたい人を「逃がす」者たち。
リーダー・エクア(CV.嶺内ともみ)、運動能力抜群の早撃ちガンウィザード・フェレス(CV.高橋李依)、スライム人間のマルテース(CV.長縄まりあ)、オジサンAIロボット・アルガ(CV.速水奨)、わんしか口に出せない狼の獣人ウルラ(CV.三木眞一郎)。逃げたい人たちから依頼を受けると、あらゆる方法を駆使して追手の裏をかき、本来は不可能である街の移動を成し遂げます!

 


谷口悟朗オリジナル企画『エスタブライフ』概要

TVアニメ『エスタブライフ グレイトエスケープ』

【放送情報】

2022年4月6日より毎週水曜日24:55からフジテレビ「+Ultra」ほか各局にて放送中

■フジテレビ:毎週水曜日24:55~25:25
■関西テレビ:毎週木曜日26:25~26:55(※第3話は26:40から放送開始)
■東海テレビ:毎週土曜日25:45~26:15
■北海道文化放送:毎週日曜日25:10~25:40
■テレビ西日本:毎週水曜日25:55~26:25
■BSフジ:毎週水曜日24:00〜24:30
※放送日時は予告なく変更になる可能性がございます。

【配信情報】
■FODにて第12話まで先行独占配信中(配信ページ:https://fod.fujitv.co.jp/title/5i94/)
第1話は無料配信中
FOD・TVer・GYAO!にて毎週1週間限定無料見逃し配信中(毎週水曜日25時25分最新話配信)
※配信日時は予告なく変更になる可能性がございます。

■原案・クリエイティブ統括:谷口悟朗
■監督:橋本裕之
■原作:SSF
■シリーズ構成・脚本:賀東招二
■キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
■アニメーションキャラクターデザイン:舛田裕美
■コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
■CGスーパーバイザー:坂間健太、関水大樹、上本雅之
■美術監督:高橋佐知、島村大輔
■色彩設計:野地弘納
■音楽:藤澤慶昌
■オープニング・テーマ:めいちゃん「ラナ」
■エンディング・テーマ:GOOD ON THE REEL「0」
■企画・プロデュース:スロウカーブ
■アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
■キャスト:
・エクア:嶺内ともみ
・フェレス:高橋李依
・マルテース:長縄まりあ
・アルガ:速水奨
・ウルラ:三木眞一郎
■公式サイト:https://establife.tokyo/
■公式Twitter:@establife

 

【イントロダクション】

『エスタブライフ』の世界とは──

遠い未来の時代。世界人口がピークを迎え、減少傾向に転じていた。
人類は種の繁栄のため生態系を管理するAIを作り、「人類の多様化実験」を実行。
常人・獣人・魔族などの遺伝子改造による「多様な人種」と、
壁に囲まれた「クラスタ」と呼ばれる「多様な街」を創造した。

数多存在する「クラスタ」は、それぞれ独自の文化を有し、そこに適正をもつ人類が生活している。
そして、滅びることが無いよう、常にAIに管理されながら暮らしているのである──。

谷口悟朗オリジナル企画『エスタブライフ』。
魔改造された「東京」を舞台に、TVアニメ・スマートフォンゲーム・映画と、様々な物語を繰り広げてゆく。

 

【ストーリー】

「生きるのがツライ? なら逃げちゃえばいいんですよ」

ずっと先の未来。人間はそれまでの姿形だけでなく、獣人・サイボーグ・魔族など多様な姿を持つようになった。東京の街は、AIが管理する高い壁に囲まれた数多の地域「クラスタ」となり、自由な行き来をやめ、それぞれが独自の文化・常識を育んだ。人々は、自らが生まれたクラスタの常識を基準に幸せな人生を送る。

しかし、なかには自らのクラスタに適応できない者も現れる──。
そうした人々を、別のクラスタへと「逃がす」ことを生業にする者たちがいる。
「逃げたい人」たちから依頼を受け、あらゆる方法を駆使してAIの裏をかき、本来は不可能であるクラスタ間の移動を成し遂げる者たち──「逃がし屋」。

逃げて、逃げて、逃げまくる!!
逃げたい人をお手伝いする、5人の逃がし屋たちの物語──!


スマートフォンゲーム『エスタブライフ ユニティメモリーズ』

【スタッフ】
■原案・クリエイティブ統括:谷口悟朗
■原作 :SSF
■制作:スクウェア・エニックス


劇場アニメ『エスタブライフ リベンジャーズロード』

【スタッフ】
■原案・監督・脚本:谷口悟朗
■原作:SSF
■企画・プロデュース:スロウカーブ
■アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ


(C)SSF/エスタブライフ製作委員会