アキバ女子飯(お茶編:第2回『JAM秋葉原』)


zp_IMG_0211

第2回目のアキバ女子飯は「女性一人で入りやすいメイド喫茶ってどこ?」と聞かれたらベスト3に入るのが今回紹介するお店「JAM AKIHABARA」。落ち着いた雰囲気、可愛い妖精さん、程よい放置感を体験してほしい。

 

「女性一人で入りやすいメイド喫茶ってどこ?」

筆者がそう聞かれた時に大抵答えるお店ベスト3に入るのがここ。「JAM AKIHABARA」である。

落ち着いた雰囲気、可愛い妖精さん、ほどよい放置度。

メイド喫茶の中では老舗に入るJAM AKIHABARA。昔から変わらぬ制服と落ち着いた雰囲気が出迎えてくれる。

メニューには、3杯程飲めるたっぷりのポットティー、そして女性向けに「お嬢様セット」。飲みたい時にはクラフトビールのサンクトガーレンなど。これは嬉しい♡という取り扱いが多いのだ。写真は数種類あるポットティー(600円)

zp_IMG_0212

そしてなんといっても嬉しいのが、wifi、電源完備である。ブラウザゲームも仕事もほどよく捗る。個人的に言うと刀剣乱舞が捗る。

zp_IMG_0214

最初に行った時は階段を下りるのに戸惑うかもしれない。

この看板が目印。

zp_IMG_0205

大丈夫、こわくないよ。

zp_IMG_0209

 

【店舗情報】
■店名:JAM AKIHABARA
■住所:
東京都千代田区外神田3−2−13 山口ビルB1
■営業時間:
平日:11:30〜23:00
金曜/祝祭日前のみ:11:30〜29:00
■定休日:毎月第3火曜日
(祝祭日と同じ場合は営業)
■今回の料金:約600円

 

この記事を書いた人

源 彩乃
源 彩乃
ひきこもり学生だった頃に秋葉原でアルバイトをはじめ、なんとか社会復帰を果たして大人になった人。
職業は占い師。