牡蠣鉄板を食べる会、無事終了!


zp_PB0306422015年11月3日の文化の日の祝日、当サイトで予定していた「牡蠣鉄板を食べる会」が開催された。美味しすぎて写真を撮り忘れるという失態も犯したが、その様子をお伝えしていこう。

 

1品目から牡蠣鉄板!

今回、てんぷら三幸さんのご好意で開催が可能となった牡蠣鉄板を食べる会だが、なんと通常1品目は刺身を出して頂くところを最初から牡蠣鉄板という会の趣旨にふさわしい料理から始まった。こちらが赤崎産牡蠣を使った牡蠣鉄板だ。

zp_PB030642

大ぶりな牡蠣がぎっしりと詰め込まれている。これでも今回の牡蠣鉄板では少し小さいとの事だが、口に入りきれないくらいの大きさで牡蠣で埋め尽くされてしまう。バターと醤油の焦げた香りが1品目から食欲をそそり、気持ちを高揚させる。2品目は刺身。完全に写真を撮り忘れた。その後3品目でタラ鍋の登場となる。

zp_PB030644

上写真の鍋がタラ鍋なのだがまだタラは投入前。豆腐がぐつぐつと踊るくらい熱くなってタラを投入するのだ。三幸さんオリジナルのポン酢ダレが豆腐やタラを引き立てる。大鍋だったが10名以上の参加者が居た為、あっという間に無くなる。そして次はてんぷら三幸さんの定番のてんぷらが登場。

zp_PB030646

今回はお酒に合わせておつまみ感覚で食べる事ができる5品が出てきた。左からピーマン、シシャモ、海老、手前の四角いのがナスで一番下にあるのがアナゴだ。シシャモはひらきになっていて一瞬キスと間違えてしまった。ほくほくのてんぷらでお酒がススム。この後は再度牡蠣鉄板の登場。だが写真を撮り忘れてしまった。1回目の牡蠣よりもさらに一回りも大ぶりの牡蠣が登場。最初に食べたはずなのに参加した皆さん、次々と牡蠣を食べてしまう。あっという間に空になった牡蠣鉄板の鉄板に残っている『牡蠣エキス+バター』を使って出てきたのがこちらの牡蠣鉄板の後に作るチャーハンだ。

zp_PB030648お米にコーティングされた牡蠣鉄板の風味とネギが締めにもってこいだ。そして重大な事が。この土鍋、実は落としてしまいこの写真が最後の勇姿となってしまった。

今回の牡蠣鉄板を食べる会は、牡蠣鉄板、刺身、タラ鍋、てんぷら、牡蠣鉄板再び、チャーハンと全6品での提供となった。土鍋を落として割ってしまうなどのアクシデントもあったが、何とか無事終了。参加いただいた皆様、ありがとうございました。また次回、趣向を変えて開催するつもりなので是非今回の様子をチェック頂いて待機していてほしい。

【詳細情報】
■イベント名:牡蠣鉄板を食べる会
■会場:てんぷら三幸
■開催時間:17:00〜
■予算:5000円(食事代のみ)
■Twitter:@tpr_sanko

zp_PB030641

当日の看板(題字:秋葉原PLUSの黒井が記載)