「京まふ2018」いよいよスタート!


西日本最大級の漫画、アニメの祭典である京都国際マンガ・アニメフェア2018、通称「京まふ」。その京まふが本日(2018年9月15日)、若干小雨の降る中今年も開催された。そのセレモニーの様子を早速お伝えして行こう。

 

京都の魅力とマンガ・アニメの魅力が一体に!

2018年9月15日、16日の秋の土日に開催されるのが西日本最大級の漫画・アニメの祭典「京都国際マンガ・アニメフェア2018(通称「京まふ」)だ。歴史のある京都市で開催される本イベントには、京都市を始め文化庁、経済産業省なども名を連ねる民間と行政の一大イベントとなっている。

京まふでは門川京都市長を始め京まふについての熱い想いが語られた。その中でも京都市会のポスターに「地下鉄にのるっ」のキャラクターを使用した際の今までとの反応の違いが事例に挙げられ、身近に感じにくい物をアニメ・漫画というコンテンツを使うことで今までの心理的抵抗感がより低くなり、興味を持ってもらえるようになった、とのことだった。

挨拶が終了すると京まふの2018年の応援サポーターである梶裕貴さん、22/7さんが登壇しステージ上はさらに賑やかに!

そして、イベントといえばやっぱりこれ!

樽酒を木槌で「よーい」「はい」と叩いてめでたく京まふスタートとなった。朝からの小雨のせいもあり客入りも緩やかなスタートとなっているが、すでにこの時間である13時では大勢のファンたちで賑わっている。三連休の土日、京都で京まふを楽しもう!

【イベント概要】
■催事名称:京都国際マンガ・アニメフェア 2018
■略称:京まふ(KYOMAF=KYOTO INTERNATIONAL MANGA ANIME FAIR の略)
■会場:
・みやこめっせ(京都市勧業館):京都市左京区岡崎成勝寺町 9-1
・京都国際マンガミュージアム:京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
■会期:
・みやこめっせ(京都市勧業館):2018年9月15日(土)・16日(日) 9:00〜17:00 ※16日は16:00まで
・京都国際マンガミュージアム:2018年9月15日(土)・16日(日) 10:00〜20:00
■入場券:
・前売り入場券 各日一般:1,200円(税込)
・みやこめっせ・京都国際マンガミュージアム共通入場券 各日:1,800円(税込)
・当日券 各日一般:1,500円 ※学生・障害者・外国籍の方は1,300円に割引(要証明書)
※小学生以下の方は無料(要保護者同伴)
■主催:京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
■共催:KYOTO CMEX 実行委員会、京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学、京都国際マンガミュージアム
■後援:経済産業省
■協力:平成30年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業、京都クロスメディア推進戦略拠点
■公式サイト:http://kyomaf.kyoto/