本日(2018年9月29日)、明日(2018年9月30日)の二日間、秋葉原の末広町駅すぐのエルセロ・ドスでピンチョスが一皿200円! 時間帯は16:30〜19:00まで!


今週末の土日となる2018年9月29日、30日の二日間、秋葉原の末広町駅近くのスペインバルのエルセロ・ドスで16:30〜19:00までの間の時間限定で一皿200円のピンチョスを提供中だ。気軽に秋葉原でスペインバル、訪ねてみないか?

 

気軽に1人でも立ち寄れる秋葉原のスペインバル

今週末の2018年9月29日、30日の2日間、16:30〜19:00までの時間限定だが、一皿200円のピンチョスの提供が秋葉原の末広町駅すぐのスペインバルのエルセロ・ドスで行われる。同じ時間帯にメイカーズマークのハイボールと角ハイボールも通常価格の50%OFFで提供、ということで早い時間帯に秋葉原でスペインバル、ちょっと楽しんでみないか?

さて、そのピンチョスとは一体なんのことなのか? ちょっとだけ説明しよう。ピンチョスとは「小さく切ったパンに少量の食べ物がのせられた軽食のこと」との事で、今回エルセロでは全部で15種類のピンチョスを準備した。

 

もちろん、いつもお世話になっている秋葉原PLUSとしては全種類制覇を行うしかない! という事で、メイカーズマークのハイボールを飲みつつ全15種類を制覇したので参考にチェックしてほしい。それでは、早速まずはメニューの上段5種類いってみよー!

 

まずはメイカーズマークハイボール!

ピンチョスのオーダー前に喉を潤すことから始めよう。という事で50%OFFのメイカーズマークハイボールをオーダー。角ハイボールはどの店でも飲める感じがするのでココはメイカーズマークを選択。

それでは「上段1列、ください!」とオーダー。一品目が到着。これは「アボカドと生ハム アイオリソース」だ。アボカドのまろやかさにアイオリソースが馴染む一品。生ハムの塩分がいいアクセントとなっている。初回オーダーにオススメの一品だ。

続いて出て来たのが「うずらの玉子とミニトマトのピクルス タプナード添え」。タプナードがわからなかったが、この粒の荒いオリーブペーストが味のアクセントとなっている。一気に5品オーダーしたので休む暇もなく出てくるピンチョス。3品目は「マンチェゴチーズとドライフルーツ」だ。チーズの塩分とドライフルーツの甘みと歯ごたえが楽しい一品。これは3品目というよりも締めに欲しくなる一品だ。4品目は「カプレーゼタプナードとバジルソース」。バジルソースとチーズは最高の組み合わせと思うのだがどうだろうか? ぜひ試してほしい。

さて上段メニューの最後の5品目は「ラディッシュとアボカド マッシュルームのバーニャソース」だ。野菜にバーニャソースの組み合わせがあっさり感のようで意外と濃い味が口の中を襲ってくる。そろそろ2杯目が欲しくなる。

一旦上段を制覇したので皿が5枚。お店に頼んで皿を重ねてみたので回転すしっぽい感じとなってしまうが、本来はちゃんと皿は回収されるのでご安心を。

 

再びメイカーズマークハイボールと共に

それでは中段メニューの5品へと進んで行こう。もちろんオーダーは「次の中段おねがいします!」だ。

それでは6品目は「スモークサーモンとマンチェゴチーズのサンド」。パンに乗せるピンチョスばかりだったが、ココに来てサンドイッチと変化球が来てしまった。チーズの強い塩味にスモークサーモンの味が一口サイズのサンドイッチで提供される事で口の中で香りと味が一体となって楽しめる。

次、7品目は「スモークサーモンとクリームチーズ」。先ほどのサンドイッチと同じような構成だが、チーズがクリームチーズに変わる事で異なる雰囲気を醸し出すのが面白い。好みが分かれるとことだ。

8品目は「ポテトサラダとゆで小エビ」。ゆで小エビがあっさりにも関わらずポテトサラダの味がしっかりしているので、心地よい歯ごたえと味わいがお代わりしたくなる人気のピンチョスらしい。

中段メニューも折り返しを過ぎて9品目は「フォアグラソテーとバナナキャラメリゼ」。フォアグラといえば高級メニューだが、このピンチョスなら200円で食することができる。バナナの甘さとキャラメルソースの苦味、そしてフォアグラの焼き加減を楽しむには打って付けのピンチョスだ。

そして中段最後の10品目は「ツナとミョウガのマリネ」。ココに来てスペイン感が一気に和風へと変わるのだが、ツナとミョウガという定番すぎる定番が、コッテリの多いピンチョスメニューの中であっさりな異彩を放つ。しかしながら箸休め的に中盤にほしいピンチョスだ。

さて、皿も10枚に達することになり、そろそろ最後に近づいて来ている。薄いパンだと侮っていたら10皿を超えた頃合いで急激に空腹感がなくなっていく。急いで残り5品をオーダーしよう。

 

最後の下段5品も個性が光るピンチョス三昧

残り5皿という事で、「最後下段おねがいします!」とオーダーした1品目となる11品目は「カマンベールとりんご 黒こしょう風味」だ。満腹感を少し感じつつあった11品目にリンゴの酸味がちょっと嬉しい。こちらもピンチョスを食べ続けた合間にほしい一品だ。

そろそろ終わりが見えて来た12品目は「スモークサーディンと赤パプリカのマリネ」。まさかのスモークサーディンが12品目に登場。スモークの風味が口の中を満たし、赤パプリカの優しい苦味が後味をまとめてくれる。

13品目は「えびカツコロッケ タルタルソースとトマトソース」が登場。終盤にして大物が登場。えびカツは馴染みのある味付けであり、タルタルソースも馴染みの味で安心して頼める定番ピンチョスだ。迷ったらまずはコレをオーダーしたい。

残り2品となった14品目は「ローストポークとポテトサラダ」。下段は大物が多いようだ。全品制覇するなら下段から制覇することをお勧めする。ポテトサラダが小エビの時と異なりローストポークの肉の風味が自己主張をしてくる。好みは分かれるかも?

さて、最後のピンチョスとなった15品目は「モッツァレラチーズとイベリコハムのサンド」。ある意味安定のサンドイッチが最後となった。モッツァレラチーズにイベリコハムという王道。最後に相応しいメニューでの締めとなった。

これで15品、全て制覇したこととなる。15枚の皿も圧巻だ。

 

そして本当の締めは?

そして本当の締めは安納芋のモンブラン。芋の風味がたまらない一品。こちらはコーヒーセットで最後はどうぞ。いやーごちそうさまでした!

【店舗情報】
■店名:エルセロ ドス
■住所:東京都千代田区外神田5-1-2 末広ビル地下1F
■電話:03-3837-4128
■営業時間:
・平日:11:45~14:30/17:30~ 23:30(フードラストオーダー22:30)
・土日祝:16:30~22:30(フードラストオーダー21:30)
■定休日:第3日曜日
■サイト:http://www.elcero.jp/