北九州ポップカルチャーフェスティバル2019に行ってきた!


2019年11月30日・12月1日の二日間、北九州小倉で行われた北九州ポップカルチャーフェスティバル2019(以降「KPF2019」)を覗いてきたので紹介していこう。九州らしい地元展示もあって、都内とはまた違った面白さを発見した。

 

KPF2019は来場者数約17万人を達成!

今回訪ねたのは北九州小倉。2019年11月30日、12月1日の両日で開催されたKPF(北九州ポップカルチャーフェスティバル)2019を訪ねた。アニメ系イベントはAnimeJapanが日本最大級だが、京まふに続いて北九州でもアニメ系イベントが開催、しかも入場無料という点で目が離せないと思い2日目の2019年12月1日に会場を訪ねてみた。

 

入場無料、さらにステージイベントは観覧無料!

KPF2019は入場料無料のアニメイベントだ。場所は北九州の小倉駅から5分〜10分歩いた西日本総合展示場新館をメイン会場に小倉駅改札前の広場など小規模会場が複数に分かれた小倉駅前周辺が舞台となっている。哲郎やメーテル、ハーロックがいる方へ進むのだ。

そのまま進むと上からKPF2019の旗がチラチラと見えてくる。

そして会場手前の案内板。こ時点で9時30分は過ぎていたはずなのだが人通りが少ない。しかし下を見ると行列が!

そのまま進むと先ほどの会場入り口が見えてくる。それでは早速会場内へいってみよう!

会場を入るとすぐ左手側に花飾りが展示されていた。様々な人からのお祝いの花が一斉に並べられたいる。

早速会場内へ。一口をくぐると左手がステージとなっており、イベントが行われている。遠くから見る分には無料なので結構な人が楽しんでいた。右手側に進むと会場メインへと進んでいく。午後からは人が増えたが午前中ということでまだシャッターチャンスがあったので何枚かパチリ。

カードゲーム広場は朝から盛り上がっていた模様。

それでは北九州開催ならではのブースの2箇所見つけたので紹介していこう。

 

刀の文化にふれる楽しさ「筑後國舞刀會」

まずは刀剣女子にはオススメの大牟田市の筑後國舞刀會。公式サイトは「http://chikugokoku-butoukai.fubuki.info/butoukai/」で、ツイッターは@butoukai_omutaだ。

こちらでは、刀と椿をテーマにした「おおむた女子旅DEEP2019」の情報も発信しているということなので、刀好きな女性は特におすすめかも?

そして、今回会場には刀匠名「國天」氏(@kokuten64)が説明やイベントになっていた銘切体験の対応など色々と仕切っていた。その姿、カッコいいの一言だ。

気になった人は、まずは筑後國舞刀舎を見てみよう! いろんなイベントが開催されているようなので、日程調整して大牟田へGO!

 

新日本三大夜景の工場夜景を楽しもう!

こちらは新日本三大夜景に選ばれた北九州の夜景。夜景と行っても工場夜景だ。工場を背景にそのあかりと漆黒の闇と海が織りなす景色は新夜景と言っても過言ではない美しさを有する。そんな夜景スポットが多く存在するのが北九州だ。

こちらのイベントでもある北九州の夜景だが、キティちゃんのアプリが登場。夜景以外にも北九州エリアの観光スポットを案内してくれ、専用フレームも準備とキティファンではなくても楽しめるアプリが現在提供中だ。

年末年始、海外まで行くのが面倒、という人は飛行機で山口空港、北九州空港、福岡空港から北九州エリアで観光するのも良いかも? もしくは新幹線で新大阪始発の九州新幹線で小倉へ向かうのも楽しいぞ! 会場にはキティちゃんフレームもあった。

北九州を楽しむならこのアプリと夜景のクルーズはしっかり押さえておこう。

 

屋台で軽食を

KPF2019では会場前に屋台カー広場が存在。様々なキッチンカーが並んでいる。ご当地ものも多数あり、なかなか楽しいい。残念なのはアニメコラボフードなどがなかったことだろうか。今後はコラボフードへもちょっと期待。当日はたこ焼きに小籠包と洒落込んで見た。

それでは実食。寒い外で食べるあったかいものはうまい!

他にも、北九州といえば「あるあるCity」もあるので是非イベント以外でも北九州小倉によってもらいたい。

また来年、さらにパワーアップして帰ってくるはずなのでその時は取材、行っていると思うのでまた会場の様子をお伝えしていこう。最後に小倉といえば、かしわうどん。と言う訳でライターお気に入りの小倉駅1・2番線ホームの立ち食いうどんを紹介して終わる。小倉、楽しいぞー!

 

 


【イベント概要】
■イベント名:北九州ポップカルチャーフェスティバル2019
■開催日:
・2019年11月30日(土) 10:00~21:00
・2019年12月1日(日) 9:45~18:00 ※展示は両日とも~17:00
■会 場:西日本総合展示場新館、あるあるCity、小倉駅JAM 広場
■入場料:無料(一部有料イベントあり)
■サイト:https://www.ktqpopfes.jp/2019/
■主催:北九州市
■共催:KPF2019 実行委員会、あるあるCity
■来場者数:約17万人(2019年実績値)