『スター・ウォーズ』伝説の作品が42年ぶりにアニメーションとして生まれ変わる! 本日ディズニープラスにて独占配信決定&日本語版予告解禁!


ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて、全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」シリーズのスカイウォーカー・サーガを遊び心たっぷりに楽しく描いた、ディズニープラス オリジナルアニメーション作品『LEGO スター・ウォーズ/ホリデー・スペシャル』を、2020年11月17日(火)0時より独占配信がスタ―トした。

 

ディズニープラスにて独占配信決定&日本語版予告解禁!

『スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル』は1978年にアメリカでTV放映され、2020年11月17日のライフ・デイ(生命の日)を祝うチューバッカを中心にハン・ソロやルーク、レイア姫などのキャラクターが登場した伝説的な作品。その作品が42年ぶりにアニメーションとしてルーカスフィルムとレゴのコラボレーションにより生まれ変わり、記念すべき2020年11月17日の“ライフ・デイ(生命の日)”に『LEGO スター・ウォーズ/ホリデー・スペシャル』として登場!

本作の舞台は、昨年公開され大ヒットを記録した映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の直後。ヨーダによる「はるかかなたの銀河系で…」というお馴染みの言葉で始まる予告編では、レイやチューバッカ、ポー・ダメロン、ランド・カルリジアンたちが、銀河系で最も陽気でマジカルな祝日“ライフ・デイ(生命の日)”を楽しく祝う様子が描かれる。レイはお祝いの準備に忙しい友人たちと別れ、BB-8と共に、とある謎めいたジェダイ寺院を訪れることとなる…。そこで彼女は時空を超えられる“鍵”を見つけ、スター・ウォーズ史上最も奇想天外な冒険へと繰り出す! 自分の“マスター”であるルーク・スカイウォーカーの若き姿、そして彼の“マスター”であるヨーダ、“マスター”の父であるダース・ベイダーと対面して大興奮するレイ。時空を超えて旅ができる鍵を使い、未来を変えようと画策するパルパティーンも登場し、歴代キャラクターが集結した豪華なバトルが始まる! さらには、「スター・ウォーズ」初の実写ドラマシリーズで新シーズンが配信開始されるやいなや、全世界で大絶賛の声が寄せられている『マンダロリアン』からマンダロリアンとザ・チャイルドも登場。ザ・チャイルドのキュートすぎる姿に思わず戦いの手を止めてしまうダース・ベイダーも!?

声優にはランド・カルリジアン役にビリー・ディー・ウィリアムズ、C-3PO役にアンソニー・ダニエルズがキャスティングされており、スター・ウォーズファンが楽しめるあらゆる要素が詰まった、まさにクリスマスプレゼントのような本作。レゴとスター・ウォーズならではの、かわいらしく遊び心あふれる冒険物語、新しいスター・ウォーズの世界を楽しんでほしい。

 

(C)2020 Lucasfilm Ltd.


ディズニープラスとは

Disney+(ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作が、いつでも、どこでも、見放題で楽しめます。さらに、ここでしか見られないオリジナル作品が続々と登場します。

■公式サイト:https://disneyplus.jp/
■公式Twitter:@DisneyPlusJP
■公式Instagram:@DisneyPlusJp