日本を代表する歌舞伎俳優である市川海老蔵さんが東京コミコン2020アンバサダーに決定! 大人気バーチャルタレントキズナアイさんがバーチャルサポーターに就任!


東京コミックコンベンションは、2020年12月4日(金)~12月6日(日)の3日間、オンライン開催される「東京コミコン 2020」(オンライン会場:Tokyo Comic Con World)のアンバサダーに市川海老蔵さんが就任。さらにはバーチャルサポーターにはキズナアイさんの就任が決定した。

 

待望のメインビジュアル決定も発表!

マイケル・J・フォックス氏をはじめ、イライジャ・ウッド氏やキーファー・サザーランド氏、クリステゖーナ・リッチ氏、ノア・シュナップ氏など今年も豪華ゲストが勢揃いの東京コミコン2020! そんな東京コミコン2020のアンバサダーに、言わずも知れた歌舞伎界のトップスターであり、映画好きとしても知られている市川海老蔵さんが決定! 「東京コミコン 2020」開催期間中は、一部ステージコンテンツでのゲスト出演するとの事だ。

さらに、バーチャルサポーターには、バーチャルタレントとして絶大な人気を誇るキズナアイさんの就任も決定! キズナアイさんは、ステージコンテンツやウェブサイト、各種SNSで活躍していただく予定だ。豪華ゲストに加えて豪華アンバサダー&バーチャルサポーターも参戦し、今年も益々の盛り上がりをみせる東京コミコン2020から目が離せない!

市川海老蔵さん

十二世市川團十郎の長男として生まれる。
1983年歌舞伎座『源氏物語』の“春宮”で初お目見得。
1985年歌舞伎座『外郎売』の“貴甘坊”を勤め七代目市川新之助を名乗り初舞台。2004年歌舞伎座にて市川海老蔵を襲名。映像の世界では、2014年に映画「利休にたずねよ」で、第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞している。また2015年より東京2020組織委員会文化・教育委員会委員を務めている。

キズナアイについて

キズナアイは、2016年12月に活動を開始したバーチャルタレント。「あなたとつながりたい」という想いから世界初のバーチャルYouTuberとしてYouTubeを中心に活動を続け、自身の運営するYouTubeチャンネル「A.I.Channel」の登録者数は285万人を突破し、ゲーム実況専門チャンネルである「A.I.Games」の登録者数も153万人を突破した。現在はYouTubeに限らず、テレビ番組やCMへの出演など多方面にて活動の場を広げている。いまやタレントとして日本国内だけでなく海外からも人気を博し、さまざまな壁を超える手段として、本格的な音楽アーティスト活動にも取り組んでいる。VRやAIといった先端テクノロジーと人間の架け橋になろうと日々奮闘中。

(C)Kizuna AI

【キズナアイ関連 URL】
■A.I. Channel:https://goo.gl/uMP1DM
■A.I. Games:https://goo.gl/Xn7u84
■Twitter:https://twitter.com/aichan_nel
■Instagram:https://www.instagram.com/a.i.channel_official/
■Facebook:https://www.facebook.com/Kizuna-AIofficial-773286456183351/
■Weibo:https://www.weibo.com/aichannelchina
■TikTok:https://www.tiktok.com/@kizunaai0630
■公式WEBサイト:http://kizunaai.com/

 

さらに東京コミコン2020のメインビジュアルも決定!

東京コミコン2020の顔ともいえるメインビジュアルを決めるにあたり、4月よりコンテスト形式で作品を募集したところ、プロ・アマを問わず、全世界から数多くの力作が到着。その中から見事グランプリに選ばれたのは、騒音BOXさんにご応募頂いた作品となった!
グランプリ作品である、騒音BOXさん作成のメインビジュアルは、東京コミコンの公式WEBサイトやポスター、パンフレットの表紙、コミコングッズ等で使用いたします。また副賞として、騒音BOXさんには、東京コミコン2021の3DAY PASSペアチケットと、作品の展示・販売を行う、東京コミコン2020アーテゖストアレイ1ブース(オンライン枠)が授与される。

東京コミコン 2020 メインビジュアル

 

 


東京コミコンとは

最高のテクノロジーと最高のポップ・カルチャーが融合した日本の新しいコミコンの誕生!
マーベル・コミックスの編集長を長年務め、自らスパイダーマン、アイアンマン、X-メン、ブラック・ウィドウなど数多くのキャラクターを生み出し、アメリカのコミックス業界に大きな変革をもたらした「ポップ・カルチャーの父」スタン・リー、アップル共同創業者の一人で「テクノロジーの王」といわれているスティーヴ・ウォズニアックとの出会いが、「東京コミコン」の始まりです。
最新のテクノロジーと最高のポップ・カルチャーを融合させたコミコンを当初はウォズの住むシリコンバレーで開催し、真にグローバルな祭典にしたいというウォズの意向があり、「そうであれば日本を巻き込まなければならない」と東京での開催を決定。そして、2016年12月「東京コミコン 2016」として実現され、大盛況の内に幕を閉じました。
「シリコンバレーコミコン」と対をなす「東京コミコン」は、アメリカンスタイルをベースとしながらも、テクノロジーとポップ・カルチャーの祭典として、既存のコミック・映画・アニメーションあるいはゲームショーなどのイベントとは一線を画し、革新性と楽しさを共有する空間を創出。ファミリー層からご年配の方まで、全世代を通じて楽しんでいただける知的好奇心を刺激するイベントです。
本年も第5回「東京コミコン 2020」の開催が決定、年々バージョンアップしていく東京コミコンに是非ご期待ください。

【開催概要】
■名称:東京コミックコンベンション 2020(略称:東京コミコン 2020)
■会期:
<オンライン>
・2020年12月4日(金)12:00~24:00
・2020年12月5日(土)00:00~24:00
・2020年12月6日(日)00:00~18:00
<会場からの中継>
・2020年12月5日(土)12:00~20:00
・2020年12月6日(日)10:00~18:00
■会場:オンライン(一部中継先で幕張メッセを予定しております。)
■主催:株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
■イベント内容:
・国内外映画、コミックなどの最新情報公開
・企業出展(限定・先行商品の販売、グッズの展示など)
・実際に映画で使用されたプロップや、レアグッズの展示
・最新技術を使った様々なコンテンツの体験
・海外セレブ俳優とのオンライン交流
・ステージでのライブパフォーマンスのライブ配信
・コスプレイヤーのオンライン交流、コンテスト
・漫画家やアニメーターの作品展示や販売、「アーティストアレイ」
※新型コロナウイルス感染拡大の状況次第で、変更の可能性があります。