『土曜ミステリーファイル』「仰天!ノアの箱舟と洪水伝説の謎」「解明!蛇の王と古代マヤの巨大都市」ナショナルジオグラフィックにて、2022年4月2日(土)より日本初放送!


全国のケーブルテレビおよびスカパー!などで放送中のドキュメンタリー専門チャンネル、ナショナルジオグラフィックは珠玉のミステリー番組を豊富なラインナップでお届けしている特集『土曜ミステリーファイル』にて、「仰天!ノアの箱舟と洪水伝説の謎」を2022年4月2日(土)より、また、「解明!蛇の王と古代マヤの巨大都市」を2022年4月9日(土)より日本初放送する。

 

大人気声優の木村良平さん、早見沙織さんがナレーションを担当!

2022年4月2日(土)22:00~23:00に日本初放送される「仰天!ノアの箱舟と洪水伝説の謎」では、ナショナルジオグラフィック エクスプローラーの探検家・科学者であるアルバート・リンが、世界中で知られる洪水伝説「ノアの箱舟」の起源を探るべく調査に乗り出し、ブルガリアの黒海沿岸に向かう。世界有数の広大な内陸海で起きた洪水とは…? 洪水が起きた証拠と、その洪水を目撃した人々の痕跡を探して調査を進め、さらには別の洪水神話を調べるため南米のペルーにも上陸。古くから伝わる神話の起源を紐解いていく! ナレーションは「東のエデン」の主演・滝沢朗役で声優として一躍注目を集め、さらに「黒子のバスケ」や「鬼滅の刃」などの人気作品に多く出演している声優の木村良平さんが担当する。

さらに、2022年4月9日(土)22:00~23:00に日本初放送となる「解明!蛇の王と古代マヤの巨大都市」では、アルバート・リンとともに、古代マヤに存在した謎の都市と強大な力でその都市を率いた王に迫まる 。古代マヤ最大の都市ティカルは、栄華の真っただ中で突如として歴史から姿を消した。その真相にはある小都市と「空の目撃者」と呼ばれる蛇の王が関係していることが判明。最先端のライダー技術を駆使し密林の奥深くを空から調査したところ、小規模と思われていた都市に、まだ見ぬ遺跡が数多く存在していることがわかり…? ナレーションは同じく人気声優で、「鬼滅の刃」の胡蝶しのぶ役、映画「聲の形」の西宮硝子役などで知られる早見沙織さんが担当する。

 

ナレーションを担当のお二方からコメントが到着!

ナレーションを担当した木村良平さん、早見沙織さんのコメントが到着!!

木村良平さん

ノアの箱舟と洪水伝説。とてつもなく魅惑的な響きです。調査が進むごとに興奮が増し、世界の伝説や神話に胸ときめかせていた子供の頃を強く思い出しました。みなさんにも、きっととびきりのワクワクをお届けできる番組ですよ!

早見沙織さん

古代マヤの謎を、最先端の技術を駆使して紐解く内容に、好奇心と探究心がくすぐられました。
過酷な調査の中で少しずつ判明した新たな事実を、映像を通して教えて頂ける有り難さを感じつつ、なるべくみなさまにすっと届くようなナレーションを心がけました。
こういった内容にこれまであまり触れたことが無いという方にも、ぜひご覧いただければ嬉しいです。

 

■「仰天!ノアの箱舟と洪水伝説の謎」番組公式ページ:https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/3008
■「解明!蛇の王と古代マヤの巨大都市」番組公式ページ:https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/3009

 

ナショナルジオグラフィック『土曜 ミステリーファイル』

放送番組一覧 ※日本初放送番組は赤字

日時 ナレーション タイトル
2022年4月2日(土) 10:00 PM 木村良平 仰天!ノアの箱舟と洪水伝説の謎
2022年4月9日(土) 10:00 PM 早見沙織 解明!蛇の王と古代マヤの巨大都市

 

 


ナショナル ジオグラフィック(TV)とは

ナショナル ジオグラフィック(TV)は、空中都市マチュピチュ(1911年)や沈没したタイタニック号の発見(1985年)など、歴史に残る数多くの実績を有するナショナル ジオグラフィック協会を母体とし、あらゆる領域の“未知”へ挑み、次世代の“知”へと変えていく世界最高峰のドキュメンタリーチャンネルです。事実に基づき、エンターテイメント性を兼ね備えたコンテンツを創造し、より多くの人の知的好奇心を刺激し続けています。スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、IPTVなどでご視聴いただけます。

■公式サイト:https://natgeotv.jp/tv/
■YouTube:https://bit.ly/NatGeoYouTubeJP
■Twitter:@NatGeoTwitterJP
■Instagram::https://bit.ly/NatGeoInstagramJP
■Facebook:https://bit.ly/NatGeoFacebookJP