【神田祭】外神田十二睦『元佐久町会』


zp_P3080015外神田十二睦の一つ『元佐久町会」を紹介していこう。『元佐久町会』は外神田5丁目の一部で構成されている町会だ。主な店舗として、マクドナルド末広町店、浜田銃砲店、鳥つねなどの店舗がある地域となる。

 

元佐久町会

zp_P3080019 ここはかつて神田元佐久間町と呼ばれていました。
江戸時代、この界隈には豊前小倉藩小笠原家の中屋敷がありました。
明治二年(1869年)12月に発生した火事で、このあたりは様相を一変します。神田相生町から出た火は、現在の外神田周辺を焼き尽くしたといわれています。明治新政府は、神田佐久間町1丁目内にあった神田柳屋敷などに火除地(防火のための空き地)を整備しました。そのため、そこに住んでいた人々が代地として小笠原家屋敷跡に移転してきたのです。明治三年(1870年)のことでした。
神田元佐久間町の町名がうまれたのはこの時です。新たに生まれたこの町を神田佐久間町と区別するため「元」が付けられたのです。
明治四十四年(1911年)、いったん元佐久間町と改称されましたが、昭和二十二年(1947年)、千代田区が出来た時に町名はふたたび神田元佐久間町となりました。この町名は、一帯が住居表示の実施によって外神田五丁目となる昭和三十九年(1964年)まで使われていました。

※外神田五丁目元佐久町会の碑より転載

このような由来と共に、現在の住所では「千代田区外神田五丁目」の一部が元佐久町会となっている。同じ外神田五丁目には亀住町会、栄町会も存在し、3町会合わせて「栄佐亀」として行事(夜警や餅つきなど)を行う事もある。マップで見ると下記の場所にこの碑がある。ちょうどマクドナルドの前あたりだ。見かけた際には少し読みふけってみても良いだろう。

zp_P3080022また同地区の江戸時代の地図ではこのような感じとなる。小笠原左京大夫忠徹の文字が左に向かって書かれているので正門は現在の蔵前橋通り側にあったのだろう。また、外神田五丁目がほぼ全域収まる広さだというのもわかる。

zp_P3080023

元佐久町会、秋葉原からは一番離れている印象のある町会だが、この場所を通る際に少し思い出してもらえるとまた違った秋葉原を感じることが出来るだろう。

zp_P3080015

【詳細情報】
■町会名:元佐久町会
■該当地域:外神田5丁目2番地、外神田5丁目5番地
■碑の場所:マクドナルド末広町店の前
■サイト等:なし
■千代田区サイト:
http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/bunka/bunka/chome/yurai/kandamotosakuma.html

 

この記事を書いた人

秋葉原プラス 編集部
秋葉原プラス 編集部
秋葉原情報プラス編集部のアカウントです。