圧倒的原画枚数展示の『銃皇無尽のファフニール』展に行ってきた!


zp_P4250127現在秋葉原UDXの4階にある東京アニメセンターで開催中の『銃皇無尽のファフニール』展に行ってきた。2015年5月10日まで(5月7日は休館日)開催中ということで、連休中ちょっと秋葉原に寄った際には見ていってほしい展示会だ。入場は無料なので気軽に入れるのも嬉しい。では早速展示会の様子をお届けしよう。

 

原画、設定資料の山!!

今回の「銃皇無尽のファフニール」展も前回の「美男高校地球防衛部LOVE!」展と同様に圧倒的原画枚数が展示されていて、アニメファン以外にもアニメの作られ方といった部分でも非常に楽しめる展示となっているのが特等だ。まずは入口から見ていこう。

zp_P4250027

会場の壁にもポスターが貼ってある。原画が使用された今回の展示会限定のポスターだ。

zp_P4250029

入口にはいつもの通り展示会の案内が出ている。

zp_P4250031 zp_P4250033

そして入口から会場に入ると目の前の巨大ポップが登場!

zp_P4250040

それでは早速展示を見ていこう。

 

今回の展示も特典がいっぱい!

それでは早速見ていくその前に、まずは今回の銃皇無尽のファフニール展ではグッズ購入等でいろいろ「特典」が付くのでチェックしていこう。最初は「原画展ポスター」が税抜きで1,000円以上のお買い上げで1枚プレゼントされる。今回の展示会用の被害品原画展ポスターなので要チェックだ。さらにはDVDやBru-rayのご購入1本に付き「生動画3枚」プレゼント! これは会場で購入するメリットが! さらにがグッズの購入が税抜きで3,000円以上でディオメディアショッパー袋でお持ち帰り頂けるのだ。

zp_P4250044

そしてこちらは関連イベント。2015年5月1日から10日まで、キャメイドカフェで銃皇無尽のファフニールのコラボカフェが開催されることになった。合わせて行ってみたい! 詳しくはキュアメイドカフェのサイト(http://www.curemaid.jp/?page_id=8155)で確認しよう!zp_P4250045

 

 

原画、原画、原画三昧!

会場にはディオメディアの展示の特徴ともなってきている「大量原画の展示」が今回も実現! 悪魔のリドルから流れているこの大量原画展示は他の製作会社では類を見ない。今回もその大量原画を堪能していただこう!

zp_P4250042

まずは会場にある大きなモニターの左側にある原画からチェックだ。

zp_P4250048 zp_P4250049 zp_P4250051 zp_P4250053 zp_P4250055

続いて巨大モニター前のテーブルには原画の束が無造作に置かれている。これを手にとってボロボロになるまで見てもOKというのがこの展示の一つの魅力だ。早速幾つか抜き出してその原画の動く姿を見てもらおう。

zp_P4250061 zp_P4250094 zp_P4250099 zp_P4250101 zp_P4250103 zp_P4250104 zp_P4250105 zp_P4250107 zp_P4250109 zp_P4250111 zp_P4250113 zp_P4250115 zp_P4250117

これでも随分と間引いて撮影してきた。本文はさらに多くの枚数の原画で構成されているので、会場でしっかり見て欲しい展示だ。また、原画を閉じる部分にはタップが使われており、さらに現場の雰囲気を感じるような気になってしまう。

zp_P4250098

zp_P4250096

この穴の部分に綺麗にはまって原画を正しい位置で固定してくれる道具がタップだ。

 

巨大モニター下には美術ボードが展示

モニター下の部分には美術ボードが展示されている。あのミストルテインもちゃんと展示されている。しかも落下直後バージョンと衝突間際バージョンといった感じで同じ風景がいくつかのパターンで描かれている。

zp_P4250058 zp_P4250063 zp_P4250078

zp_P4250070

この風景、なんとなく既視感があるような気がするのだが…

 

キャラクター設定

それでは順番に見ていこう。まずはキャラクター設定のエリアからだ。展示数が多いので気になったものを幾つか大きく紹介し、それ以外はまとめて紹介していく事にする。画像はクリックすればすべて同じサイズになるので、気になった画像はクリックして捲っていこう!

zp_P4250136 zp_P4250133 zp_P4250124 zp_P4250127 zp_P4250129

 

 

ガチャガチャ発見! その横には線撮の様子も!!

巨大モニター右側には原画が展示されているのだが、そのさらに右側には銃皇無尽のファフニールのカンバッヂガチャと発見! さらにさらに右側には線撮で使った映像と共に絵コンテも大量に展示されている。今回はOP、提供、番組、ED、後提供まですべて流してあるのでアニメ関連の気になる人にもちょっと行ってみるべき展示だろう。

zp_P4250222 zp_P4250225 zp_P4250230 zp_P4250235 zp_P4250233 zp_P4250241 zp_P4250243

zp_P4250347

こちらが線撮の映像。名前部分が出ている間にセリフを言う。絵はコンテからの抜き出しのようだ。

zp_P4250252 zp_P4250254 zp_P4250256

さらには表紙を見るとカット数などいろんな情報までそのまま展示されている。少し最近見方がわかるようになると何となく面白くなってくる!

zp_P4250258 zp_P4250260 zp_P4250262 zp_P4250266

 

 

小物設定

線撮のエリアの前にあるのが小物設定エリアだ。こちらは小物に関する設定資料が集められている。

zp_P4250237

 

設定注意事項&色彩設定

こちらのエリアは設定注意事項と色彩設定のエリアだ。特に面白いのは設定注意事項だろう。まずはそちらを見ていこう。

zp_P4250349 zp_P4250365

例えば幾つか面白そうな設定注意事項をピックアップしてみた。まずは髪型と目の書き方。zp_P4250371

続いて竜紋と瞳に関する注意事項。以外としっかり設定があってびっくり。zp_P4250373 zp_P4250375

そして一番お届いたのが口の書き方。今回は必ず横顔に口が来るようになっていて顎は動かないとか、NGパターンがしっかり設定されているとか、見ていて気づかない部分にもしっかり設定があるのだ。zp_P4250379

zp_P4250368 zp_P4250377

今度は色彩設定。最近はパソコンで描画するので色は事前に指定されているのだが、これも普段は見ることができない資料だ。細かなところまで色が指定されているのがわかるだろう。
zp_P4250381

さらには身長等の設定資料はガラステーブルに手に取って観れるように置いてあった。

zp_P4250410 zp_P4250353 zp_P4250355 zp_P4250357 zp_P4250359

他にもガラスケースの展示があったのでそちらも紹介しておこう。

 

美術設定

今度は美術設定エリアになる。美術ボードで見た風景などの資料もこちらにある。このエリアにもガラステーブルの上に置かれた資料は手に取って観れるので気になる設定はしっかり写真撮影しておくのも良いだろう。

zp_P4250460 zp_P4250470 zp_P4250466 zp_P4250464 zp_P4250462

zp_P4250558 zp_P4250561

 

版権イラスト 原画

このエリアは版権イラストの原画エリアとなっている。雑誌などの付録で使われたり、表紙を飾ったりした際のイラストと原画が集められている。見たことがあるイラストも多いかも?

zp_P4250596 zp_P4250598 zp_P4250600 zp_P4250617 zp_P4250621 zp_P4250619

zp_P4250654 zp_P4250656

 

グッズ&台本

このスペースには手に取って見ることができる全話の台本と、DVDの同梱物の展示、さらにはちょっと貴重なグッズが展示されている。まずは台本から見ていこう。

zp_P4250700

台本は全話数分が手に取れるように配置されていて思い出のあの話数を見ることができる。
zp_P4250703

今回は12話の台本を手に取ってみた。
zp_P4250705 zp_P4250707

こちらはDVDの内容が展示されているエリアだ。結構細かく展示されているので、これが欲しくなったら会場で手に入れてしまえば、さらに生原画3枚という寸法だ。悩んでしまう!zp_P4250711 zp_P4250713 zp_P4250715 zp_P4250717 zp_P4250720 zp_P4250723

そしてこちらが原作本やサイン色紙などのグッズが展示されている。zp_P4250725 zp_P4250731 zp_P4250729 zp_P4250727 zp_P4250734

 

カラー原稿と原画が大量展示

もうそろそろお腹いっぱいになりつつあるが、まだまだ原画は展示されている。本当に受付の前のスペースまでしっかり使い切っているので見逃しがないように注意したい。それでは残り一挙に紹介していこう! まずはレジ前のパーティションの入口側。

zp_P4250736zp_P4250748

続いてレジ側の展示はこれだ。

zp_P4250752

他にも物販コーナー側まで展示スペースが続いていた。

zp_P4250766 zp_P4250772 zp_P4250770

 

物販コーナーは特典も狙え!

最初にも書いたが、今回は物販コーナーでの特典が熱い! つまり、こういうことだ!

zp_P4250833 zp_P4250835

ではグッズをチェックしていこう。まずは販売スペースを見てみよう。

zp_P4250813 zp_P4250810 zp_P4250823 zp_P4250837ちなみに、日曜日(2015年5月3日)に確認したところ、「」は完売で入荷未定となっていた。残念!

zp_P4250839

このグッズは現在売り切れ中だ。(入荷未定)

他にもTシャツやキーホルダーなどちょっとしたところに使えるものが多い。

zp_P4250825 zp_P4250827 zp_P4250829 zp_P4250831 zp_P4250845 zp_P4250841 zp_P4250847 zp_P4250843

こちらが生原画がつくDVDの販売スペース。しっかりポップにも書いてるので購入特典狙いで行くのも良いだろう。zp_P4250819 zp_P4250820

以上が銃皇無尽のファフニール展の全貌となる。連休中は2015年5月7日(木)が休館日だが、それ以外は10日の日曜日まで展示はされているので連休中に秋葉原にきたらUDXの4階にある東京アニメセンターを是非訪ねて欲しい。ちなみにこの展示、大阪と名古屋でも開催されるようなので是非特設サイト(http://www.diomedea.co.jp/2015faf/)をチェックしておこう!

【詳細情報】
■イベント名:銃皇無尽のファフニール展
■開催場所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4F
■会場:東京アニメセンター(http://www.animecenter.jp/
■開催期間:2015年4月21日(火)〜5月10日(日)
■休館日:2015年4月27日(月)、5月7日(木)
■会場時間:11:00〜19:00
■入場料:無料
■告知サイト:http://animecenter.jp/201504/17180024.php
■特設サイト:http://www.diomedea.co.jp/2015faf/
■アニメ公式:http://www.tbs.co.jp/anime/fafnir/
■コラボカフェ開催期間:2015年5月1日(土)~5月10(日)
■コラボカフェ店舗:キュアメイド
■コラボカフェ会場:東京都千代田区外神田3-15-5 ジーストア・アキバ6F
■コラボカフェサイト:http://www.curemaid.jp/?page_id=8155