アキバぼっち飯(ランチ編:第39回『鳥つね 自然洞』)


zp_P6110002TVや様々なメディアですでに広く知られている『鳥つね 自然洞』に行ってみた。すでに詳しい情報は様々なメディアで出ているので今回は限定20食となっている特上親子丼を注文してみたので紹介していく。土曜に行ける老舗の味をどうぞご覧あれ!

 

限定二十食の「特上」シリーズ!

鳥つねは鳥料理で有名なお店だ。夜はなかなか手が出無い価格帯ではあるが、ランチなら気軽に食べる事ができる。今回は土曜日という事で偶然店の前を通ると暖簾がかかっていたのでふらりと入ってみた。

zp_P6110002場所は末広町駅から見えるマクドナルドの手前の道を右手(JRの線路方向)に曲がって二つ目の交差点を左手に曲がると右側に見える。ちょっと看板を見落としやすいのでゆっくり探していこう。この地域には他にもうなぎの久保田など名店がひっそりと営業しているエリアだ。

zp_P6110004店の前にはメニューが出ている。ランチでも1,000円を超える価格帯なのだが、一度は食べてみたい。今回は特上親子丼を注文してみた。

zp_P6110006

店内に入ると1階はすでに満席。その為、靴を脱いで2階のお座敷に相席で座る事に。注文は入口で尋ねられるのでメニューは決めてからお店へ入ろう。座ると早速お新香が出てくる。

zp_P6110008

注文が立て込んでいると予想以上に時間がかかる事があるのでお店を訪ねる際は時間にゆとりを持っていこう。そして届いたのがこちらの特上親子丼だ。卵の具合が手前と奥で異なるので好みによって食べ分けたい。

zp_P6110011まずは鶏肉を頂く。特上は幾つかの部位が混ざっているようで、こちらは少し赤みの強い部位。

zp_P6110014

そして、こちらは見慣れた肉感の部位。

zp_P6110022

このようにそれぞれの歯ごたえ、噛みしめる際に広がる味わいの違いを堪能できるのがポイントだ。もちろん卵と出汁が絡んだご飯も忘れずに。

zp_P6110017

テーブルには唐辛子と山椒もあるので、若干味に飽きた際には一振り掛けるとまた違った味わいを楽しむ事ができる。サクサクと食べきって完食。ご馳走様でした。最近はTV等の影響も少し落ち着いてゆっくり食べる事ができる。12時ちょっと前の御徒町から歩いて鳥つねでランチを堪能し、その後に秋葉原へ向かうのも楽しいのではないだろうか。ちょっと違った秋葉原の楽しみ方、いろいろと探してみよう!

【店舗情報】
■店舗名:鳥つね自然洞
■住所:東京都千代田区外神田5-5-2
■電話:03-5818-3566
■営業時間:
11:30~14:00(L.O.13:30)※御飯無くなり終了
17:30~22:00(L.O.21:00)
■定休日:日曜・祝日、他

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。