今週の秋葉原(2017年3月26日)


今週はAnimeJapan2017も開催されほぼそちらに行きっぱなしとなり秋葉原情報サイトとしては十分な情報がお伝えできないが、それでもやってしまう今週の秋葉原。桜の季節になり秋葉原にも春の気配が見え始めてきた。それでは今週の秋葉原の様子を見ていこう。

 

秋葉原電気街祭りと秋葉原さくら祭り

現在秋葉原では「秋葉原さくらまつり」と「秋葉原電気街まつり」が開催中だ。「秋葉原さくらまつり」に関しては情報が少ないので先に紹介しておこう。

「秋葉原さくらまつり」は千代田のさくらまつりの一部として開催されているようで千代田区のサイト内に情報があった。内容は以下のとおりだ。

秋葉原さくらまつり2017

「秋葉原さくらまつり」参加店で5,000円以上買い物をした方に、フリクションボールペンをプレゼント(先着3,000名/無くなり次第終了)

・日時:2017年3月18日(土曜日)~3月31日(金曜日)
・会場:秋葉原商店街振興組合加盟店
・お問い合わせ:秋葉原商店街振興組合事務局(電話番号:03-3257-0573)

情報元:https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kuse/koho/pressrelease/h29/h2903/h290310-02.html

続いては「秋葉原電気街まつり」。こちらの詳細は公式サイトhttp://akiba.or.jp/denkigai2017spring/)よりチェックしよう!

 

秋葉原のさくらはもうすこし先?

秋葉原には多くの桜の木が存在するが、妻恋坂の交差点、いしばし前の桜はまだもう一息といった感じだろうか?今週末から来週にかけてが良さそうな気配。

そしてびっくりしたのがいし橋まえの植木などが撤去されていた! 何があった!?

 

閉店情報

季節は春に移り変わりつつあるも秋葉原の店舗はまだまだ厳しい冬の季節のようだ。年度末ということもあり今年に入ってから閉店情報が目立つ。今回は2店舗。まずは突然発表された紙風船、みつば堂の閉店。通販サイトは生き残るものの激安商品を探し出すあの楽しみが無くなるのが残念でならない。写真は最終日の様子だ。

続いては店舗縮小で閉店だと思われるが、ミツワデンキのランプ専門店が閉店。他の店舗と統廃合された模様。

秋葉原の物販事情は非常に厳しい冬の時代。訪れぬ春への希望と冬の疲弊が真綿で首を絞める様な経営を余儀なくされているようだ。

 

秋葉原の様子

さて、軽く巡回した際に気になったものを紹介していこう。まずはメイリッシュのコラボ。

そして気が早い末広町会の芳名板。とは言っても神田祭ももうすぐだ。

こちらはベルサール秋葉原で開催されていたイベント。AnimeJapanの開催とかぶっていてノーチェックだった。

秋葉原冬の時代の象徴にもなりかねないソフマップの跡地。上にあった広告も店舗閉鎖とともに無くなってしまって寂しさ倍増だ。

かんだ食堂の2階には新しく不思議なお店が誕生した模様。SIM等を扱う様だが…。

そして、頭上注意の屋根だけついた花房神社の工事現場。現時点では違和感しかないこの屋根が気になる。

 

看板で締める

今週末は4月と言うことで新年度。来週からは新社会人、新たに高校、大学と進学する人も多いだろう。秋葉原の街は比較的安全だが勧誘が非常に多い。遊びに来るのは良いが勧誘に捕まらないよう、知らない人が声をかけてきても無視をする気持ちを強く持って楽しんでほしい。それではまた来週!