松本イズミの消失 〜松本よりも遠い場所〜


2018年6月21日、ツイッターで電撃発表された松本イズミと松本いずみの引退宣言。引退日を2018年6月29日とすでに発表されているが、私たちはその後の消失感に耐えれるのか? そして松本よりも遠い場所へ旅立つ妹と結婚宣言の姉との話を少し語って見たいと思う。

 

イズミと私

松本イズミ。泉精器製作所のシェーバーの広報担当として誕生。ちょうどその時期には様々なゆるキャラやご当地キャラなどが一斉に誕生した黄金期でもある。そんな中、唐突に泉精器製作所の東京営業所へお邪魔したのが当サイトとの初めてのコンタクトとなった。

東京営業所でのファーストコンタクト。

この前に一度、2013年6月15日・16日に秋葉原のヨドバシアキバで開催されたイベントでチェックはしていたのだが、当サイト立ち上げ後の一息ついた2014年7月1日に東京営業所にてM係長(当時)に松本イズミについていろいろと伺ったのが縁の始まりともなった。(参考:萌えシェーバーで話題の松本イズミさんがいる泉精器製作所に行って来た!)その後も記事やイベントは全く関係ない所でちょいちょいとお付き合いさせて頂いた。その中には、キャラサミの取材(参考:キャラサミ開催中!)、キャラサミ参加女子キャラたちの『 #萌えキャラ東京女子会 』への潜入、秋葉原のてんぷら三幸(すでに廃業)のガラスにポスターを貼ってもらったり、「#123はイズミの日」(参考:『#12月3日はイズミの日』なので松本イズミさんを応援しよう!)などのツイッターイベント、長野の本社まで押しかけての取材(参考:【信州紀行】松本のイズミちゃん家の「泉精器製作所」に行ってきた!)、ほかにもスマホケースや家電少女イベント、等身大フィギュアなどなど、松本イズミと私との縁を振り返ると様々な取材を通じてお付き合いさせて頂いたと改めて感じてしまった。

2014年11月開催のキャラサミの会場の様子

てんぷら三幸に松本イズミのポスター(2015年8月ごろ)

松本イズミのスマホケース(2015年3月ごろ)

2015年11月ごろに秋葉原で開催された「家電少女」のイベントより

2016年5月にはついに等身大に!

 

松本より遠い場所

さて、続いては松本いずみの話をしていこう。姉に紹介されて実際に拝見したのはいつだったか記憶が定かではないが、「気づいたら仲良くなっていた」、そんな馴染みやすいキャラクターが松本いずみ(通称「ひらみん」)だ。妹は電設工具を担当する広報キャラクターとして登場した。泉精器製作所はシェーバーなどの家電、充電や内線、一般工具などの電設工具を事業としている会社だ。その電設工具のキャラクターが松本いずみ(妹)となる。性格は姉に比べて自由な印象をもっている。こちらは秋葉原のヨドバシカメラで2016年12月3日・4日で開催されたMONOマガジンのイベント、さらには姉妹キャンペーンの『#12月3日はイズミの日』、東京・新宿のビックロで開催された「ビックロたんと松本姉妹のクリスマスパーティー」(参考:ビックロで開催中の「ビックロたんと松本姉妹のクリスマスパーティー」は本日(2017年12月25日)まで!)など、ここ最近は芋といえば松本いずみ、パイナップルといえば松本イズミ、というイメージが定着しつつあった。

2016年12月にヨドバシアキバ開催されたMONOマガジンのイベント(姉の手伝い)

2017年12月にビックロ新宿店のキーズカフェで開催されたクリスマスイベント

そして、2018年6月29日に姉と同時に引退となった。彼女は「松本より遠い場所」へ行くために、これから友人を探し、そしてきっとその夢を達成する事となるだろう。新しい松本いずみの旅立ちにエールを送る。貴方(松本いずみ)の目指す先は遠く険しいけど、そこに至る過程できっと素敵なことがあるように。

イズミプロジェクトのサイトより引用

 

 

松本イズミの消失

2018年6月29日には松本イズミも結婚引退。こちらは結婚ということで新しい門出を祝いたい。きっと家庭ではIZUMIの家電で揚げ物、ピザを初めとする調理や、毛玉とるとるでの冬服のメンテナンスなど家庭的な側面を見ることができる旦那さんが羨ましい。

イズミプロジェクトのサイトより引用

そして、5年間追い続けた「松本イズミ友の会」のツイッターメンバーなどは今後ツイ廃とも言われていた松本イズミのツイートが見れなくなる事による「松本イズミの消失」に耐える事となるだろう。嬉しいことではあるが、寂しくなるこの矛盾した感情とどう折り合いをつけて行くのか。松本イズミのファンたちはこれから先が勝負となるだろう。イズミちゃん、結婚おめでとう!

 

 


松本イズミと松本いずみの姉妹には秋葉原PLUSだけでなく、黒井個人的にも随分とお世話になったり相手をして頂いたり、たまには情報をちょっとだけ早めに頂いてワクワクしていたりと、本当に長いようで短い5年(妹は3年くらい?)だった。彼女たちがツイッターから姿を消しても「コスパ最高!」なIZUMIのシェーバーはこのまま存続するので、朝シェーバーを使うときに「イズミちゃん元気かなぁ」とか「ひらみん、今どの辺だろう?」って思い出してあげると良いのではないだろうか? 続報は無いけど、IZUMI製品の紹介などは行うこともあるので、その時はちょっとだけ姉妹を思い出してもらえると嬉しい。お二人とも、広報活動お疲れ様でした!

【キャラクター概要・松本イズミ】
■名称:松本イズミ
■愛称:カナミン
■暗号的愛称:パイナップル
■称号:ツイ廃、誤脱クィーン、迷宮の嬢王、など

【キャラクター概要・松本いずみ】
■名称:松本いずみ
■愛称:ひらみん
■暗号的愛称:芋
■称号:…なにかあったかしら?