『サーヴァントと巡る世界展』(前編)


幕張メッセで2018年7月28日・29日で開催の『Fate/Grand Order Fes. 2018 ~3rd Anniversary~』。その目玉展示の一つである「サーヴァントと巡る世界展」を見て歩いていこう。今回は前編として序章、欧州、そして中央アジアを巡っていこう。

 

『サーヴァントと巡る世界展』(前編)

幕張メッセで2018年7月28日・29日で開催の『Fate/Grand Order Fes. 2018 ~3rd Anniversary~』。その目玉展示の一つである「サーヴァントと巡る世界展」は、サーヴァント共に欧州、中央アジア、中国、アルプス、日本、アメリカと世界を巡る展示となっている。入口には大きな看板があるので間違えない。

すぐ横には虚数潜航艇の模型が展示されている。

会場入口を入って正面にも虚数潜航艇は飾ってある。

さて、サーヴァントと巡る世界展に戻ろう。展示会場入口には彼女たちが夏服も爽やかな姿で希望に満ちた旅立ち感を印象付けている。

それでは、前編は欧州と中央アジアの風景とサーヴァントたちの様子を見ていこう。

 

欧州

ヨーロッパの雰囲気漂う背景にサーヴァント達が草原に石造りの建物が見える風景に溶け込むように楽しんでいる姿が展示されている。

反対側は城塞都市の中のワンシーンだろうか。等間隔に仲が良いのか悪いのか微妙な配置で並んでいるのが面白い。

 

中央アジア

次の部屋に進むと中央アジアの部屋となる。

風景は砂漠をメインに乾燥地域の風景にサーヴァント達が暑さを気にせずに観光しているようだ。

残りの地域は明日紹介予定。新しい地域をお楽しみに!