カイロソフトがまさかのゲームソース公開! TGS2018で突然聞いて見た!


東京ゲームショー2018の会場をフラフラとしていたら「プログラム公開中」の文字を発見! チラシを配っていた関係者に声をかけてちょっとこの経緯を伺って見た!

 

一番見たいものは「ソースコード」

本日(2018年9月23日)まで開催中の東京ゲームショー2018(以下、「TGS2018」と記載。)。その会場を取材中に「プログラム公開中」の文字を発見し、二度見して訪ねたのが「カイロソフト」のブースだ。

関係者にちょっと訪ねて見たところ、「当社の社長が『何を展示したら一番喜んでもらえるか』と考えたら、ゲームのソースコードを公開するのが一番楽しいかな?」と言う事で今回のソフトウェア公開となった、との事だ。

今回公開していたコードは「ゲーム発展国++」だ。こちらはゲーム開発を舞台とした会社育成ゲームとなっている。ソースコードは拡張子が「.cs」だったから多分C#で記載されている。ソースコードを見ると実際のコードなのだろう、インデントが空白とTabの混在だったり、namespaseがデフォルトのままだったりと、なかなか味わいのある生の現場が見えるソースで非常に楽しい。

 

カイロソフトとは?

カイロソフトだが、こちらは個人的にはスマホゲーの「サバイバル島」で知っていたので違和感はなかったが、比較的手軽に短時間で楽しめるゲームを提供しているソフトメーカーだ。

サイトは「http://kairosoft.net/」でAndroidとiPhone向けのゲームソフトを中心に提供している。採用情報などを見ても比較的ゲーム会社らしくない普通の求人となっているので、気になる人は申し込んで見るのも面白いかも? 「ユーザーが何が一番楽しめるか」を考え実行するこの社風は、今のゲーム業界以外でも考えてほしい。1日占有してソースコード解析したかった!

【会社概要】
■会社名:株式会社カイロソフト
■所在地:東京都新宿区西新宿4-32-4 ハイネスロフティ 2F
■代表取締役:臼井和之
■創業:1996年
■設立:2007年9月
■従業員:20数名
■資本金:1億円
■最寄り駅:
・地下鉄大江戸線 都庁前駅から徒歩 5分
・地下鉄丸ノ内線 西新宿駅から早歩き 12分
■業務内容:ゲームソフトの企画、開発、運営、玩具の企画・開発など
■サイト:http://kairosoft.net/
■ツイッター:@kairokun2010

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。