「TVアニメ『さらざんまい』スペシャルステージ」レポート


Anime Japan 2019 の2019年3月24日のREDステージで開催された「TVアニメ『さらざんまい』スペシャルステージ」。謎の生物ケッピも登場してのステージとなった。その様子をお伝えしていこう。

 

さらざんまいの魅力たっぷりのステージ!

Anime Japan 2019 の2019年3月24日のREDステージで開催された「TVアニメ『さらざんまい』スペシャルステージ」。ケッピがMCの吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)に連れてこられてのスタートとなった。矢逆一稀役の村瀬歩、久慈悠役の内山昂輝、陣内燕太役の堀江瞬の3名が登壇し、早速キャラへのツッコミから始まった。BGMも「かっぱになって最高!」と流れているのでちょっと普通じゃない入場で始まったイベントは第1話の導入部が早速放送されるなど、意表づくしの展開となった。

 

 

キャストの皆さんは既に収録が完了しているという事で、この作品に関しての感想はと言われると、村瀬さんは概念とか象徴的なものをうまいこと組み込んであって、先ほど上映された第1話のあの瞬間でもネタバレ感というか色々な仕掛けやキーワードが散りばめられている、との話だ。

 

 

内山さんは、監督からキャラの心情を聞いて演じていたが、改めて出来上がった作品を見ると答え合せをしているようだった。堀江さんは、アフレコ時にト書きに「アの看板が落ちてくる」とあってアフレコ字は意味がわからなかったが出来上がった作品を見て納得できたしそのままだな、と。この数秒の中に「グッとくる場所があって、みなさんには楽しみにしていてほしい。

 

 

さらざんまいってなんだろう?

ストーリーを読み上げたけど意味がわからないという事で、各キャラの説明から入ったのだが、矢逆(村瀬)のキャラクターから話が始まり、矢逆は心の動きが一番可視化されやすいキャラのようだ。久慈(内山)は転校生で孤立している重いものを抱えている少年で、年齢年相応の応対が魅力的なキャラ、陣内(堀江)は巻き込まれタイプのポジションなので見ている人は感情しやすいかも?ということに。

さらに、ストーリーは途中まではわかるが、尻子玉?、ゾンビ?、という所でわからなくなると思うが、綺麗な映像、ストーリー、それらを楽しんでいるうちに話がわかるようになるかも?という話も出てますます作品のストーリーがわからなくなってしまった!

制作現場でのトークへと話題が移ったが、「監督の説明は?」との問いに、時系列が断絶している幾原作品の特徴を説明し、アフレコの初参加者はそこが理解できるまでかなり難しいという話もでた。その苦労が作品に反映されているかを「答え合わせする」ような気持ちだと語った。

続いてコーナーは浅草観光クイズへ。MCの吉田さんが曰く「リアルな浅草」が描かれた本作品「さらざんまい」の舞台である浅草に関するクイズが出題された。第1問の雷門の左右の像はのクイズに、まさかの絵ネタで表現した村瀬さんがぽろっと「風神と雷神」と言ってまさかの正解! ちょっとびっくり!

最後にPOとEDが聞けるPVが流れ、本放送がますます楽しみとなった。放送は2019年4月11日からノイタミナでの放送開始となっているので、1話だけではなく全部見て「さらざんまい」の世界へどっぷりと浸かってしまおう!

 


【作品概要】
■作品名:TVアニメ『さらざんまい』
■STAFF:
・監督:幾原邦彦
・チーフディレクター:武内宣之
・シリーズ構成:幾原邦彦・内海照子
・キャラクター原案:ミギー
・キャラクターデザイン・総作画監督:石川佳代子
・コンセプトデザイン:柴田勝紀
・助監督:松嶌舞夢
・美術監督:藤井綾香 スタジオPablo
・色彩設計:辻田邦夫
・撮影監督:荻原猛夫
・編集:黒澤雅之
・音楽:橋本由香利
・原作:イクニラッパー
・制作:MAPPA/ラパントラック
■CAST:
・矢逆一稀:村瀬 歩
・久慈 悠:内山昂輝
・陣内燕太:堀江 瞬
・ケッピ:諏訪部順一
・新星玲央:宮野真守
・阿久津真武:細谷佳正
・春河:釘宮理恵
・久慈 誓:津田健次郎
・陣内音寧:伊瀬茉莉也
・吾妻サラ:帝子
■ゾンビ:加藤 諒
■MUSIC:
・オープニング・テーマ:KANA-BOON「まっさら」
・エンディング・テーマ:the peggies「スタンドバイミー」

 

(C)イクニラッパー/シリコマンダーズ