2019年10月17日からノイタミナにてTVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』放送開始! 初回は1時間の拡大放送!


TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』が2019年10月17日(木)フジテレビ“ノイタミナ”にて1時間拡大枠で放送開始が決定! さらにキービジュアル&PV第2弾&OP・ED情報も解禁となったので紹介していこう。

 

2019年10月17日から放送開始!

シリーズ最新作、TVアニメ第三期『PSYCHO-PASSサイコパス3』が2019年10月17日よりフジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜日24:55~25:55拡大枠にて放送開始となる。さらにAmazon Prime Videoにて日本・海外独占配信も決定した。

人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション『PSYCHO-PASS サイコパス』。放送に先駆けて放送情報、キービジュアル、PV第2弾、OPテーマ・EDテーマ情報が解禁となった。その情報は以下の通りだ。

TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』PV第2弾

 

公安局刑事課一係ビジュアル公開!!

※以下、右から順に説明

  • 霜月美佳 Mika Shimotsuki (CV:佐倉綾音)
    公安局刑事課課長、統括監視官。24歳。
    〈シビュラシステム〉の適性判断により、最年少で厚生省公安局に入局。刑事課一係の監視官として数々の難事件の捜査に関わってきたが、現在は刑事課を統括しており、現場からは一線引いている。
  • 唐ノ杜志恩 Shion Karanomori (CV:沢城みゆき)
    公安局総合分析室の分析官。35歳。
    情報収集・解析の面から刑事課一係の捜査活動をバックアップする。鑑識ドローン、高機能小型ドローン(通称ダンゴムシ)などを駆使し、ときには違法ハッキング行為を行うことも。執行官同様、潜在犯でもある。
  • 廿六木天馬 Temma Todoroki (CV:大塚明夫)
    公安局刑事課一係の執行官。55歳。
    荒々しい性格で、やられたらやり返すファイタータイプ。他の執行官たちのリーダー的存在として振る舞い、配属される監視官を試すような態度を取る。
  • 慎導灼 Arata Shindo (CV:梶裕貴)
    公安局刑事課一係の監視官。25歳。
    特A級メンタリストであり、高度な共感により精神的ボーダーラインを越境し追跡対象者になりきる。明るく飄々としていて、誰にでも物怖じしないポジティブな性格。過去の事件が原因で、父親の車でしか熟睡できない。
  • 炯・ミハイル・イグナトフ Kei Mikhail Ignatov (CV:中村悠一)
    公安局刑事課一係の監視官。32歳。
    ロシア系移民の二世で帰化準日本人。幼少期は海外の紛争地帯で育つ。軍事訓練を受けており、格闘・射撃・解析技術に優れた元兵士。正義感が強く生真面目な性格だが、家族のことでは熱くなりやすい一面も。既婚者であり、妻は同じロシア系移民の舞子・マイヤ・ストロンスカヤ。
  • 入江一途 Kazumichi Irie (CV:諏訪部順一)
    公安局刑事課一係の執行官。33歳。
    馴れ馴れしく悪意ある軽薄さで人に接するが、優しい一面も持つ兄貴肌。
  • 雛河翔 Sho Hinakawa (CV:櫻井孝宏)
    公安局刑事課一係の執行官。24歳。
    一係の中では一番の古株だが、内向的で人付き合いが苦手な性格で、天馬や入江にはよく絡まれている。鬱病を患った経験から薬物依存になりドラッグバイヤーをしていたが、顧客が命を落としたことで潜在犯となる。元ホロデザイナーでもあり、その知識や技術を生かし捜査に貢献している。
  • 如月真緒 Mao Kisaragi (CV:名塚佳織)
    公安局刑事課一係の執行官。26歳。
    他の執行官たちとも馴れ合わないクールな性格で、職務は適切に遂行するものの基本冷めたスタンスを取る。

 

TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』OPテーマ&EDテーマ情報解禁!!

オープニング・テーマ:Who-ya Extended「Q-vism」
(SMEレコーズ)

若干二十歳のボーカリスト Who-ya(フーヤ)を中心としたクリエーターズユニット、Who-ya Extended(フーヤエクステンデッド)。
『PSYCHO-PASS サイコパス 3』のオープニングに大抜擢され、2019 年 11 月27日にメジャーデビュー!

■公式サイトリンク:https://www.wyxt.info/

僕の作品が主題歌としてこうした歴史ある作品に関わらせて頂ける事をとても誇りに思います。感謝と責任感が入り混じった不思議な感覚が続いています。今まで紡がれてきたシリーズへのリスペクト、そして新たに動き出すこの作品への期待値を想い、歌わせていただきました。孤独感や疾走感の中に僕の決意を込めたこの曲が、作品と共により多くの方へ届く事を願っています。

Who-ya(Who-ya Extended)

 

エンディング・テーマ:Cö shu Nie「bullet」
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

声の表情で魅せる切ない女性ボーカルと、繊細でカオスなバンドサウンド。
シーケンスで華やかに彩る独創的な世界観で、ロックもポップも越えて、軽やかに行進するバンド・Cö shu Nie(コシュニエ)。2018年、「asphyxia」をソニー・ミュージックレーベルズからリリース。Apple MusicのNew Artistへの選出や、Spotifyでは海外を含めて1500万回再生を突破するなど、国内外で注目を集めている。

■公式サイトリンク:http://coshunie.com/

こんにちは、『PSYCHO-PASS サイコパス 3』のEDテーマを担当させて頂く、〝 Cö shu Nie 〟(コシュニエ)という3人組バンドです。
「PSYCHO-PASS サイコパス」をリアルタイムで観ていてファンだったので、EDテーマを書けてとっても光栄です。今回も、先ずは「PSYCHO-PASS サイコパス」の新シリーズを観れることがもう嬉しくって待ちきれなくて、メンバー皆で映画も全部観に行きました。濁流の中でだって、舵は自分自身で握るの私達はいつでもぶっ放せる歪な『bullet』を隠し持っている灼と炯がどんな『bullet』で「PSYCHO-PASS サイコパス」の世界を生きるのか一緒に楽しみたいと思います!

中村未来(Cö shu Nie)


TVアニメ第三期『PSYCHO-PASS サイコパス 3』フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送!!
2019年10月17日よりフジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜日24:55~25:55拡大枠にて放送開始
※初回放送は特番、2019年10月24日より第1話(全8話)放送

Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信
本編第1話:2019年10月23日24:00頃より先行配信
第2話以降:毎話フジテレビ放送開始1時間後より配信予定
※特番はフジテレビ放送後に日本配信のみとなります

【STAFF】
■監督:塩谷直義
■シリーズ構成:冲方丁
■脚本:深見真、冲方丁、吉上亮
■キャラクターデザイン・総作画監督:恩田尚之
■色彩設計:鈴木麻希子
■美術監督:草森秀一
■3Dディレクター:大矢和也
■撮影監督:村井沙樹子
■撮影視覚効果:荒井栄児
■編集:村上義典
■音楽:菅野祐悟
■音響監督:岩浪美和
■オープニング・テーマ:Who-ya Extended「Q-vism」(SMEレコーズ)
■エンディング・テーマ:Cö shu Nie「bullet」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
■アニメーション制作:Production I.G

【CAST】
■慎導灼:梶裕貴
■炯・ミハイル・イグナトフ:中村悠一
■雛河翔:櫻井孝宏
■廿六木天馬:大塚明夫
■入江一途:諏訪部順一
■如月真緒:名塚佳織
■唐之杜志恩:沢城みゆき
■霜月美佳:佐倉綾音
■ドミネーター:日髙のり子
■法斑静火:宮野真守
■代銀遙煕:中博史
■裁園寺莢子:田中敦子
■小宮カリナ:日笠陽子
■ラウンドロビン:森川智之
■梓澤廣一:堀内賢雄
■小畑千夜:矢作紗友里
■狡噛慎也:関智一
■宜野座伸元:野島健児
■須郷徹平:東地宏樹
■六合塚弥生:伊藤静
■花城フレデリカ:本田貴子
■常守朱:花澤香菜

■公式サイト:http://www.psycho-pass.com/

 「正義」は、新たな世界を切り開く。

魂を数値化する巨大監視ネットワーク・シビュラシステムが人々の治安を維持している近未来。シビュラシステムの導入後、日本は海外との交流を断ち、長らく事実上の鎖国状態にあった。2120年、開国政策により変革の刻が迫ろうとしている。変わりゆく世界で、犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。
2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』は、2014年にTVシリーズ第二期を放送、2015年に劇場版を公開、そして2019年に『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』として三部作が劇場公開された。
そして、TVシリーズ第三期となる本作は、ふたりの新人監視官の物語。
慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは、厚生省公安局の刑事となり、変わりゆく世界で真実を求めていく。はたして2人のたどり着く場所は?
世界が待ち望んでいた『PSYCHO-PASS サイコパス』の新時代が幕を開ける。

 

(C)サイコパス製作委員会

 

この記事を書いた人

黒井 日夏
黒井日夏です。秋葉原は土日祝日のどこかで出現しています。最近はぶらりと遠征に出かけて写真レポートをアップしたりします。東京在住。