第3回三幸会の様子をお届け!


zp_DSCF4937「てんぷら三幸を懐かしむ会」、略して「三幸会」だが今月ですでに3回目を数えるまでに。今回は一旦お父さんの料理ではなく、様々な話題に花を咲かせる会として食事処「DARA」で和食を楽しみつつ開催する事になった次第。さて、当日の料理を中心に見ていこうと思う。

 

2回に1回は会話を楽しむ会に

2016年に入り第3回目を無事に開催する事ができた三幸会。たまにはお父さんお母さんには料理ではなく会話で楽しんで頂こうと、いつもの東京シェアカフェから場所を変え今回は和食処DARAでの宴会となった。

zp_IMG201911

当日は合計で15名もの三幸会メンバーが集まり、食事をしつつ色々と楽しんだようだ。というのも、今回筆者(黒井)はインフルエンザの為急遽欠席。会場の様子は後日「DARA」の店長から伺った話を元にしている。まず最初は刺身が登場。

zp_DSCF4937

いつもの安定の刺身盛りだ。ちなみに今回は飲み物は黒糖焼酎のれんとが結構出た模様。お父さんが黒糖焼酎が好きなのもあるが、それにしてもペースが早かったようで会話も随分と盛り上がっていたようだ。続いては箸休めに板わさに静岡地元の焼きそばスティック。

zp_DSCF4939 さらにはさきイカ天に長芋(?)のてんぷらとお酒が進む料理が続く。zp_DSCF4940

そして、宴会料理では珍しい煮魚が登場。今回はカレイだろうか? やはり和食といえば肉よりも魚というイメージが強いが、煮魚が出てくるお店は早々多くない。

zp_DSCF4943

こちらは「DARA」定番の豚バラ大根だ。ピリッと効いた胡椒がいいアクセントになっている。

zp_DSCF4946

場が盛り上がったのかちょっと箸休めにお新香。このころになると色々と話も訳が分からなくなっていそう。収集はついたのだろうか?

zp_DSCF4954

そして最後は締めの茶そば。火照った体にさらっと通る清涼感が嬉しい締めとなった。今回の三幸会のような「会話をメインで楽しむ会」を2回に1回程度入れていく予定だ。ツイッター等で参加者を募集するのは原則この「会話をメインで楽しむ会」の時となる。まずはお父さん、お母さんと楽しめてこその三幸会、という事でなかなか勇気が必要だとは思うが昔の秋葉原の様子を伺いつつ楽しむ料理を試してみてほしい。次回三幸会は第4回目となり、てんぷら会やフライ会など、ちょっと趣向を変えた料理をお願いしてみる予定を立てている。もしかすると、行きつけのお店で「三幸会」の事を聞いてみると意外と参加できるかも?

【詳細情報】
■イベント名:三幸会(第3回)
■開催日:2016年3月16日
■会場:和食処DARA
■会場住所:東京都千代田区外神田5丁目2-11
■メニュー:
・刺身盛り
・板わさ(練り物3種)
・てんぷら2種(さきイカ天・長芋天)
・煮魚(カレイ)
・豚バラ大根
・お新香
・茶そば
■食事予算:約3,500円+飲み物代(一人当たり約5,000円目安)
■Twitter:@sankokai_akiba
■Facebook:https://www.facebook.com/sankokai.akiba
■今回の写真提供:三幸会