アキバぼっち飯(ランチ編:第42回『四川史菜 彩芳』)


zp_2016-09-13-11-35-37今回のアキバぼっち飯は秋葉原というよりも末広町、スーパーホテルの近くの裏通りにある平日のランチだけしか営業して無い幻の中華料理店「彩芳」へ行ってみた。ランチも早々に売り切れて営業時間前に閉店という事も多いというこのお店、麻婆豆腐が有名という事で楽しみだ。

 

平日昼のみ営業の幻のランチ!

今回訪ねたのは外神田5丁目交差点(末広町駅のある交差点)から徒歩3分程度の場所にある「四川史菜 彩芳」を訪ねてみた。このお店、平日昼間のランチ営業のみ、しかも営業終了時間前に売り切れで終了という事も多いお店だ。麻婆豆腐がオススメという地元の噂を聞いていたので麻婆豆腐狙いで訪ねてみた。

zp_2016-09-13-11-35-37

小雨の降る中、ちょっと早い11時20分ごろにお店に到着。本日のメニューをチェック。

zp_2016-09-13-11-13-20

1から3番の番号から2品選択して頼むようだ。今回は1番、3番で行く事を決めてお店へ。ちょっと早かったようで断られるかな?と思ったが、店の中で時間まで待っていてOKと言われて素直に待たせてもらう事に。今回は小雨だったからだと思われる。

zp_2016-09-13-11-17-07

あったかいお茶が出てきたのだが、これがジャスミン茶。こういう部分で本格中華料理な雰囲気があって期待してしまう。時間になったので早速注文。11時30分すぎると近所のサラリーマンが続々入って来てテーブル席はあっという間に埋まってしまう。そんな中、食事が到着。

zp_2016-09-13-11-25-15

まずは麻婆豆腐。zp_2016-09-13-11-26-39

そして野菜炒め。

zp_2016-09-13-11-26-35

さて、それでは麻婆豆腐を一口。

zp_2016-09-13-11-25-45

辛さは少なめでピリピリ感も少なめだが、その分味をしっかり堪能できるのが良い。辛いだけの麻婆豆腐では無い旨さはちょっと久しぶり。野菜炒めも麻婆豆腐の箸休め的な味付けでちょうど良いのだが、2番の鶏肉の味噌炒めが隣に届いた際にちょっと味見したくて我慢したのは内緒だ。平日ランチのみ営業、しかも水曜定休日とハードルが高いが麻婆豆腐は一度食べておきたい。

【店舗情報】
■店舗名:四川史菜 彩芳
■住所:東京都台東区上野3-3-10
■電話:03-3834-6767
■営業時間:11:30~(夜は予約のみ対応)
■定休日:水曜日、土曜日、日曜日、祝祭日