アキバぼっち飯(朝食編:第16回『味の萬楽』)※冬季限定


今回の朝食編は冬季限定で朝に中華粥を出している「味の萬楽」さんを訪ねて見た。こちらの店舗、営業は平日のみという事で土日に秋葉原に来る人には「いつも閉まっているお店」と思われているかもしれない。それでは早速朝粥といこうではないか。

 

朝の中華粥は冬季限定! その訳は?

今回訪ねたのは秋葉原でも神田郵便局近くの昌平橋の交差点、総武線の高架を上に眺めつつ目を移すとあるのが「味の萬楽」だ。こちらは平日のみの営業という事で、土日しか秋葉原に来ない人にとっては「常に閉まっているお店」と思われている事だろう。たまたま歩いていると「朝中華粥500円」の文字が気になり訪ねて見た。

看板が準備中になっているが、風で落ちた後に通行人の方がかけてくれたらしいのだが逆にかけてしまっていたようだ。暖簾が出ていれば営業中のサイン。それでは早速店内へ。中華粥という事で、プレーンなのも捨てがたかったのだがここは一つチャーシューおかゆ700円を券売機で購入。おかゆを待つことに。

紅酢、チリソース、ふにゅうが何とも中華粥っぽさを醸し出してくれる。出て来るまでに話を伺ったのだが、朝営業するのは冬季限定との事。夏は何故できないのかというと、冷やし中華の為の仕込みが大変で営業できるほど手が足りない、という事だ。そして出て来たのがこちら。ピンボケしてしまってるが、一瞬ひるむおかゆの多さだ。

それではいただきます。おかゆは中華粥というほど中華っぽさもそこまでなく、朝から胃にじんわりと染み渡る米の旨みが何とも言えない。

箸休めにザーサイ、先ほどの紅酢など味に変化を加えて食すのも楽しい。

全体的に量が多いと感じていたが、気づくとあっという間に完食。おかゆだけにそこまで多く感じないのにしっかり胃が活動を始めてくれるので、これから仕事や作業という時には嬉しい一品だ。秋葉原で朝に中華粥が食べられるのは、ちょっと知っておくと楽しいかも? ただし月限定なので注意しよう。

【店舗情報】
■店舗名:味の萬楽
■住所:東京都千代田区外神田2-3-9
■電話:03-3251-0213
■営業時間:11:00~15:00
※冬季は、7:00〜11:00が朝中華粥提供時間
■定休日:土・日・祝
■サイト:http://manraku.tokyo/
■Twitter:@manraku_okami