『劇場版トリニティセブン』公開2週目舞台挨拶レポート


現在公開2週目となっている『劇場版トリニティセブン』。その公開2週目を記念して2019年4月7日新宿バルト9にて舞台挨拶が行われた。会場には浅見リリス役の原由実さん、神無月アリン役の内田彩さん、風間レヴィ役の佐倉綾音さん、山奈ミラ役の日笠陽子さん、不動アキオ役の柚木涼香さん、春日聖役の諏訪彩花さんの豪華6名が登壇した。

 

アラタがドンドン魅力的に見える!

2019年4月7日新宿バルト9にて舞台挨拶が行われた『劇場版トリニティセブン』。上映より2週目に突入し、2週目記念として開催された。会場には浅見リリス役の原由実さん、神無月アリン役の内田彩さん、風間レヴィ役の佐倉綾音さん、山奈ミラ役の日笠陽子さん、不動アキオ役の柚木涼香さん、春日聖役の諏訪彩花さんの豪華6名が登壇しトークが行われた。

メイン司会が原さんということでステージがスタートした『劇場版トリニティセブン』。ステージに上がった瞬間からじゃれ合う佐倉さんと日笠さんを見てわかるように、とてもチームワークの取れたメンバーが集まってのトークとなった。最初んトークテーマ「完成版を見ての感想は」と聞かれると、キャラソンがふんだんに使われていると事を含めた音楽の良さ、アクション(戦闘シーン)の派手さ、各キャラクターがみんな良い人と言うかドンドンアラタを好きになっていく所が今回の見所、と言う感想が出た。

「アラタのココがカッコいい!」というテーマでは、アラタは家族で仲間であることを口に出して話してくれた、と言うのが印象的なシーンだったと話題に。しかしながら意外にも、アラタの年齢で(あの)映画のセリフを言っちゃうのはあまりにも出来た男すぎて怖い、という意見も。(アラタは)来るもの拒まず感が懐が広いところが好きと言うキャストもいれば、男としては魅力を感じないけど魔王としては凄く魅力を感じるなど、キャストによっても魅力の感じ方はかなり違うようだ。その後トークが変な方向へとすすみ、松岡さんに対する話やアフレコ現場での話など作品と違うトークで盛り上がってしまったが、これもキャスト陣の仲の良さが作品へと昇華されている為だろう。

最後に各出演者からの一言では、アラタのかっこよさ、そして女の子たちを籠絡させて行くシーンを期待してほしい、ちっちゃいアキオを大画面で見れるのは映画だけ、奇跡の二作目、キャラソンが本編でも使用されているので見てほしい、(2019年)8月のイベントも楽しいから参加してほしい、と言った映画だけではない次回のイベント等へも期待が膨らむ内容で終了した。まだまだイベント等も予定されており、公式サイトhttps://movie.trinity-7.com/)は要チェックが必要な状況だ。とにかく短いようで濃密な60分、ちょっと大画面で見るのは恥ずかしいかもしれないが、ちょっとした空き時間にじっくり何度も見てほしい。上映映画館も公式サイトで確認だ!

 


『劇場版トリニティセブン –天空図書館(ヘブンズライブラリー)と真紅の魔王(クリムゾンロード)-』絶賛公開中!

【イベント概要】
■作品名:『劇場版トリニティセブン』公開記念舞台挨拶
■開催日程:2019年4月7日(日)
■開催場所:新宿バルト9(シアター8・約250席)
■出演:原由実(浅見リリス役)、内田彩(神無月アリン役)、佐倉綾音(風間レヴィ役)、日笠陽子(山奈ミラ役)、柚木涼香(不動アキオ役)、諏訪彩花(春日 聖役)
■公式サイト:https://movie.trinity-7.com/
■公式Twitter:@trinityseven_pr
■PV:

 

(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA/トリニティセブンH.C.製作委員会