アキバぼっち飯(休憩・食べ歩き編:第3回『アップルファーム東京』)


zp_P2120759今回はぼっち飯の「休憩・食べ歩き編」のカテゴリでの紹介となる「アップルファーム東京」店だ。こちら喫茶時間帯に訪ねた関係上このカテゴリとなっているが、ランチなども充実、さらには本業がフルーツを原料とした加工食品メーカーという事もあり、色々と楽しい要素が多いのが特徴だ。

 

食べたジャムがその場で買える!

末広町交差点から中央取りを上野方面へ、マクドナルドを過ぎた次の交差点の角のビルの2階にあるのが今回紹介するアップルファーム東京店だ。1階には佐川の集配所があるので目印になるだろう。

zp_P2120759

入口はビルを少し回り込んだ先にあるので見つけにくい。写真を掲載しておくのでこちらの階段から上がろう。

zp_P2120719

営業時間は平日の10:00〜18:00、土日祝日は定休日となっている。また、ランチ関連の提供は11:00からとなっているので食事を考えている人は気をつけよう。今回はオープンしてスグに入店したのでこちらの「ミニパンケーキ」にドリンクを付けて頼んでみる事にした。

zp_P2120722

それでは入口を上がっていこう。

zp_P2120724 zp_P2120728 zp_P2120757

秋葉原にあって長く営業している店でもあり、内装も落ち着いていて大人の空間だ。お店の店内では長野工場直送のジャム等の加工品も販売しているのでお茶以外の目的でも訪ねてみたい。今回は先ほど話した通りミニパンケーキ(400円・税込み)+アイスコーヒー(310円・税込み)にした。ミニパンケーキにはアイスを追加トッピング(+100円・税込み)してみた。待ってる間に表を見ると、秋葉原とは思えないゆっくりとした時間が流れている。

zp_P2120730

ゆっくりと景色を眺め待つこと暫し。到着したのがこちらだ。

zp_P2120733

比較的小さめのパンケーキが3つ、それに幾つかの種類の中から1つ選択したジャムが載ってくる。今回はリンゴのジャムにした。その脇には今週のジャムが試食として少しのってくる。これらのジャムは店内で購入可能だ。

zp_P2120737

まずはアップルジャムにクリームを付けていただきます。

zp_P2120744

ジャムはリンゴの形が残っているので硬いかと思えば、舌で潰すと溶けるように消えていき、甘みと風味が広がる。甘さは少し強めだがジャムなのでこれくらいが丁度良い。続いてアイスを乗せて食べてみる。

zp_P2120748

ジャムとは違った甘さが口の中を覆う。ちょっと一息をコーヒーで。

zp_P2120751

続いて今週のジャムへ。国産檸檬マーマレードとのことだ。

zp_P2120741

今週のジャムは週替わりなので何が出るかはおたのしみに! 早速パンケーキに乗せていただく。

zp_P2120755

皮が入っているので苦味も結構あり癖の強いジャムだ。個人の好みで好き嫌いが分かれそう! ゆっくりとした幸せな時間を堪能できた。ごちそうさまでした。秋葉原の末広町のちょっと先にある平日限定のお店のアップルファーム東京。少し違った日常を楽しんでほしい。

【詳細情報】
■店舗名:アップルファーム東京
■住所:東京都千代田区外神田5-2-5 セントラルコアビル2階
■電話:03-3832-2172
■営業時間:平日:10:00〜18:00
■定休日:土・日・祝
■サイト:http://www.dfc-net.co.jp/