「天ぷら三幸」の天ぷらが再び!


秋葉原天ぷら三幸を懐かしむ会(三幸会)が2017年6月28日に開かれ、三幸さんの天ぷらに舌鼓を打つ機会を再び得たのでその様子を紹介していこう。

 

久々の三幸会

今回の三幸会は芳林公園近くに店を構えるQLQLカフェを貸し切って行われた。三幸会自体は会場を変えて随時開かれているがQLQLカフェで行われるのは実に10ヶ月ぶりだ。(前回のQLQLカフェ会場の様子はコチラから)

さっそく写真を中心に会の様子を見ていこう。まずは会場に続々と参加者が集まる様子から。会場では既に料理の準備が始まっていた。

並んでいるお料理はなんと繁栄堂さんから(繁栄堂さんの様子はコチラから)。繁栄堂さんと言えばお赤飯。他にも今回はご好意で焼きそば・サラダ・お漬物の差し入れを頂いたとのこと。そしてQLQLカフェさんからはお通しの提供もあった。

飲み物はQLQLカフェさんから生ビールや自家製梅ジュース・ジンジャエールなどが、また有志からお米や黒糖の発酵した大人のジュースが提供された。 

そして開会の挨拶で三幸会がスタート。まずは三幸のお父さん特製の中華鶏とハンガリーの代表的なスープ料理である豚のグラッシュ(グヤーシュ)から。中華鶏は八角や紹興酒で味付けされておりお酒が進む一品だ。  グラッシュの具は豚バラの他にジャガイモやグリンピースが入ったトマト風味のスープに仕上がっている。

 

ついに真打ち登場

頃合いを見計らって麺つゆが配られ始めて…味を見たら天つゆだった。ありがちな勘違い。併せて「坊主」もQLQLさんのウンチクと共に配られる。なぜ坊主と呼ばれるようになったのか、気になる人は是非QLQLさんで聞いてもらいたい。 時を同じくして厨房も慌ただしくなっていく。  そしてついに三幸のお父さんが揚げた天ぷらが再びこの地に舞い戻ってきた! 天ぷらは続々と提供されていく。その度にカメラ小僧も真っ青な天ぷらのプチ囲み撮影会が開催された。会場には天ぷらの良い香りが会場を包み込んでいく。出来たてが美味しいのは言わずもがな。一瞬で囲まれたかと思えば早々に撮影を終了しサーブされていた。  天ぷらの一番手は鯵から。衣のサックサク感と身のふわっふわが相まって最高のハーモニーを奏でていく。三幸の天ぷらが蘇った瞬間だ。 続いてエビ、さやえんどう、コハダ、万願寺唐辛子と続く。一口目はそのまま頂き、次に塩で、続いて天つゆで頂きそれぞれ味わうことができた。参加者の中にはジーンと心の中で泣いている人を多く見かけたように思う。 そして一通りサクふわな天ぷらに舌鼓を打った後に唐突に暗くなる会場。そこにケーキが運び込まれた。さらにやらないかの阿部お面を付けて調子に乗るメンバーの姿も。 この日はメンバーの1人がちょうど誕生日、と言う事で三幸会の後半は生誕祭となった。今回初参加となったカレーの市民アルバの店長からはアルバカレーが贈られたほか、他のメンバーからはお酒などをはじめとした秋葉原らしい品々が贈られていたようだ。 そして「せっかくQLQLカフェで三幸会が行われている」ということで、生誕祭の後はみんなでクルクル撮影会。といっても今回は敢えて撮る側も撮られる側もセルフ回転(ステップ?地団駄?)・セルフ撮影だ。
※ターンテーブルは回っていません。カレーの市民アルバの店長が絶妙なステップを連続写真にしました。華麗なるステップ(「足をハの字、逆ハの字にする」を繰り返して回る)をご覧ください。

遂には天ぷらまで! 残念ながらお皿は回転させる人が居ないためただの撮影会に。

そんなこんなで三幸の昔話に華を咲かせながら終始盛り上がった今回の三幸会、久しぶりということもあり三幸のお父さんとお母さんの懐かしい雰囲気を堪能できた会となった。天ぷら三幸が懐かしい人は、薄い本の委託販売もQLQLカフェさんで行われているので手に取ってみてはどうだろうか? 表紙は擬人化きなこ(天ぷら三幸さんの飼い猫)が可愛く描かれている。また現在は三幸のお母さんがニッピンの店舗内奥でタバコの販売を行っている。「タバコを買わない人も世間話をしに立ち寄って欲しい」とのことなので、お母さんに会いに行ってみよう。

今後も不定期で開催される予定の三幸会だが、気になった人は下記詳細情報から問い合わせてみて欲しい。最後に余談だが、三幸会終了後に急遽「あらぶる会」が開かれた模様。参加メンバーは平日にもかかわらず最終的に朝の6時頃まであらぶっていたようだ。別途「あらぶる会」のレポートが掲載される日が来るかも?(「かなりあらぶって居た」との事なので、記憶に残したくない為にレポートは難しいと思われる。)

【詳細情報】
■イベント名:三幸会
■開催日時:2017年6月28日(水)20:00〜22:00
■会場:クルクルカフェ(http://qlqlcafe.com/
■会場住所:東京都千代田区外神田3-7-2
■Twitter:@sankokai_akiba
■Facebook:https://www.facebook.com/sankokai.akiba
■備考:今回はQLQLカフェさんのご好意で会場をお借りしています。QLQLカフェさんの通常営業形態とは異なりますのでご注意ください。尚、イベント等でのQLQLカフェさんの使用は可能です。時間帯、料金等はお店にご確認下さい。