松本イズミちゃんが結婚、そして引退宣言!


株式会社 泉精器製作所のバーチャル広報「松本イズミ」が結婚し、寿退社することが正式に発表された。結婚と同時に同社のバーチャル広報の任を退き、SNSから完全に引退するとのことである。

 

SNS運営から完全に撤退!?

株式会社 泉精器製作所のバーチャル広報「松本イズミ」が結婚し、寿退社することが正式に発表された。今後、キャラクターコンテンツとしての『松本イズミ』は同社に残るが、松本姉妹(松本イズミ、松本いずみ両名)のツイッターアカウントは2018年6月29日を以て削除・消滅する。ご当地長野県はもとより、ネット上でも『松本イズミ友の会』が結成されている程の人気キャラクターなので、今回の発表は各所に波紋を呼びそうだ。

ともあれ松本姉妹がツイッター上に存在することが出来るのはあと一週間。松本姉妹へお別れのメッセージを伝えられる時間はあまりにも短い。僕たちは松本イズミちゃん、そして妹の松本いずみちゃんに対してツイッター上でメッセージを送ることしかできないが、彼女たちが消える最後の瞬間まで、感謝のメッセージを松本姉妹に伝えたい。なぜならば、僕らにできることは彼女たちが消滅する前にツイッターのトレンドに『松本イズミ』の名前を刻むことくらいしかできないのだから。

松本イズミプロジェクトより引用

松本イズミとは?

松本イズミは株式会社 泉精器製作所のバーチャル広報担当である。同社は長野県松本市の企業だが、萌えシェーバーを携え「シェーバーといえばイズミ」「コスパで選ぶならIZUMIシェーバー」のキャッチフレーズのもと、都内はもとより各地のイベントに参加する活動を行っていた。彼女は会社の商品を、広く世間に広報するという使命を帯びて全国を飛び回ったのだ。秋葉原でも何度か店頭販売を行ったことがあるのでご存知の方も多いかもしれない。

松本イズミは電気シェーバーの擬人化萌えキャラクターとして2013年に誕生して以来、同社のバーチャル広報として、時にはコスプレ姿をも披露し、WebやTwitterを中心に活動しつづけてきたイメージキャラクターなのである。特に地方のイベントにも精力的に参加し、さまざまなご当地キャラともコラボや交流を積極的に行っていた。彼女は有名キャラ無名キャラどころかどんな人にでも分け隔てなく常に即レス……もとい優しく接するその姿勢は、ご当地萌えキャラ界の「ツイ廃」……いや、「頼れるお姉さん」的存在になっていた。

松本イズミ 5年間の軌跡

ここでは松本イズミちゃんの活動を年表にまとめてみた。急いでまとめたので、間違い等があればご指摘を頂けるとありがたい。しかし、この年表づくりというのはとても悲しい作業である。なぜならば、歴史がつづられる時というのはいつも過ぎ去った過去を後世に伝えるために行われるものだからだ。

松本イズミ活動年表

1939年4月:東京都大森区(現在の東京都大田区)にて創業。

(略)

2010年8月:新生 (株)泉精器製作所が再出発。
2013年4月:泉精器の広報担当、シェーバー擬人化キャラクターとして松本イズミ誕生。
2013年5月:『イズミプロジェクト』スタート。松本イズミ 広報プロフィール動画を作成。
2013年6月:ソフマップ秋葉原アミューズメント館、ソフマップ秋葉原アミューズメント館で泉精器製作所の『萌えシェーバー』を店頭販売。
2013年9月:松本イズミ、ゴルゴ13とタイアップキャンペーン実施。
2013年10月:ライオン堂高宮店(長野県)に松本イズミ自動販売機を設置。松本イズミ 萌えキーボードプレゼント企画実施。
2014年2月:プロサッカーチーム『松本山雅FC』公式スポンサーとしての活動開始。松本山雅ユニフォーム着用verのイラスト公開
2014年7月:秋葉原PLUSが東京営業所を訪問
2014年9月:J1昇格を記念して『松本山雅モデルシェーバー』の発売&購入者限定でプレゼントキャンペーンを実施。
2014年11月:全国の自称萌えキャラ達が集まる『<自称>萌えキャラ学会 第1回サミット』に出席。北海道育成アイドル 北乃カムイや東北ずん子らと一緒に、萌えキャラ運営者による運営ノウハウなどの情報交換会やトークショーを実施。
2014年12月:松本イズミ、小松姫や諏訪姫、そしてニパ子らとともに鬼子カフェを訪問。各地のご当地萌えキャラ運営と親交を深める。
2015年4月:WEBサイトリニューアルオープン。
2015年7月:iOS/Android用アプリ『家電少女』にて、松本イズミ コラボレーションイベントを開催。
2015年12月:第一回、12月3日は『イズミの日』プレゼント企画を開催。
2016年2月:五稜郭タワーにて『ウタリプロダクションX松本イズミ』 イベント開催。星田すずらんさんと共演。
2016年4月:電設工具の擬人化、妹の松本いずみ入社。松本姉妹として活動開始。
2016年5月:松本イズミ、等身大フィギュア(100万円)発売
2016年6月:『Windows100%』にて、松本イズミ3Dモデルデータ(MMD)配布。
2016年7月:『松本イズミ、松本いずみ、2,000フォロー&14万ツイートありがとうございます記念』オリジナルシールプレゼントキャンペーン開催。同月、松本イズミ × ANCHEIN BETTy ROSE、シェーバーの歌公開。
2017年2月:ビックカメラ水戸店とコラボ。『ビッカメ娘×松本イズミ』コラボステッカーを配布。
2017年7月:ドン・キホーテ中洲店(福岡)でイベント開催。アクリルキーホルダープレゼント。
2017年8月:『松本イズミ&松本いずみ』うちわ配布。
2017年12月:ビックロ(ビックカメラ新宿東口店)とコラボ。ビックロたんと松本姉妹のクリスマスパーティーコラボカフェを開催。
2018年6月:松本イズミ結婚、そして……引退。

松本イズミちゃんに最後のメッセージを送ろう!

字数の関係で随分と端折ったのだが、こうして振り返ってみると松本イズミちゃんが活動した5年間というのは努力と挑戦の歴史だったのではないだろうか?地方の萌えキャラ(信州松本の企業キャラ)として生を受け、会社再建のために各地を行商して周ることから活動を始め、限られた予算の中で自身のキャラクターと知名度を確立し、全国の様々な人々に愛され、最後には大手家電量販店のイメージキャラクターと肩を並べるにまでなったのである。

この様なご当地萌えキャラが今までいただろうか?いや、断じて否である。間違いなく松本イズミちゃんは努力の人である。例え『無冠のクイーン』であっても、彼女のがんばりや活動に勇気付けられた人もいるはずである。その松本イズミちゃんとのお別れの時間が迫っている。

しかし彼女たちはこれから自分の幸せのために旅立っていく。お姉ちゃんは結婚、妹は新天地に旅立つのである。特にお姉ちゃんの結婚という幸せの邪魔をすることはできない。ここは是非とも感謝の言葉で彼女を送り出してあげたい。そしてくれぐれも本件に関して、株式会社 泉精器製作所に問い合わせをすることは遠慮願いたい。

松本イズミちゃん結婚おめでとう!松本いずみちゃんもありがとう!長い間、お疲れ様でした!!!

【松本イズミプロフィール】
■略歴:2013年4月、泉精器のシェーバー広報のシェーバー擬人化キャラクターとして誕生。
■出身地:長野県松本市
■職業:シェーバー広報担当
■年齢:19才
■身長:156cm ぐらい
■体重:女の子に体重を聞かないで♪
・B:そこそこ
・W:ん~
・H:微妙
■血液型:O型
■誕生日:4月1日おひつじ座
■出身地:長野県松本市
■職業:広報担当
■あだ名:イズミちゃん、イズミん
■特技:分解(でも、もとに戻せない。。)
■趣味:シェーバーに扮したコスプレ
■好き:いちご 一生懸命、広報活動に励む明るい頑張り屋さん。 熱中し過ぎると周りが見えなくなってしまい、 M係長に怒られてしまう事も…?
■松本イズミプロジェクト:https://www.izumi-products.co.jp/products/izumi/

この記事を書いた人

和泉 宗吾
和泉 宗吾
和泉宗吾@いずみん
千葉県在住の週末都民。フリーライター兼、野生のプロデューサー。美味しいものを求め東奔西走。秋葉原プラスでは企画や催事等のお手伝いをさせていただいております。よろしくお願いいたします。